今大きな転換の時期を迎えています。アセンション、5次元へあなたは入れるか。それは各自の意識の持ち方しだいです。私たちの宇宙は急速に変化を遂げているようです。

時が来たので私(地球)が語ります
2012-12-16 Sun 09:17

地球の魂が語る

 いまあなた方の足元で、これまで誰も体験したことのない変化が始まって
います。この変化を語るのに、私以上にふさわしい者はいないでしょう。
なぜなら、この始まりの大波の中心に私がいるからです。

すべて形があるものには意識があります。動植物を始め鉱物にも、それがあり
ます。私は、あなた方の母星で、意識を持つ魂の総体。皆さんの一人ひとりであ
り、また全員でもあります。

この変化は、宇宙の長大なサイクルの一環として、太陽系全体に及ぶもので、
「アセンション」という言葉で代表されます。アセンションは、多次元にわたる広
大な宇宙では、決して珍しい出来事ではありません。
それは、星とそれに宿る生命たちが、1つの次元での学びを終了して、より高い次
元での学びの機会を与えられる、宇宙の贈りものといっていいでしょう。

釈迦やキリストの「昇天(アセンション)」について聞いたことがあると思います。
ここでいうアセンションは、それとは違って、星とその住人全体が関係する「グロ
ーバル・アセンション」です。

アセンションという贈り物は、無条件で与えられるわけではありません。少なく
とも、私を始め関係する個々の魂が、自由意思によってそれを受け取ること、つま
りアセンションへの参画を意図することが最小限の条件です。

もう1つ、一定の期限までに、自らの波動のレベルを要求される水準まで高めてお
くことが必要ですが、これはアセンションへの意図と密接に関係します。
そして全般的な心の在り方とも。

波動は単に、からだを構成する物質の振動数(周波数)です。
理科の実験や音楽などで、周波数の標準として使う音叉をご存知でしょうか。
同じサイズの2つの音叉を空間的に離して、一方を振動させると他方も自然に振動
して同じ音を出します。
これは、同じ周波数(帯域)のものが共鳴する現象です。波動の合うものだけを受け
取るわけです。
音も光も波動ですから、もし一方の波動レベルが高すぎると、他方からは相手と共
鳴することができない、つまり相手の声が「聞こえない」、姿が「見えない」という事
態になります。

私は、アセンションのプロセスにおける決定的なタイミング、つまり極めて高い
振動数のエネルギーが宇宙から太陽系に到来する時期を見据えて、明白な意図を
もって波動レベルを上げる努力をしています。動植物や鉱物界、そしてイルカ・ク
ジラの仲間も、上昇する私の波動に同調する方向に一斉に動いています。

残念なことに人類だけは、今のところ、アセンションを選択し、それを意図してい
る人は多くありません。
この状況では、ある時期が来ると波動レベルの違いによって、アセンションを選択
しない人から「地球が姿を消す」という事態が起こり得ます。


人類は深い眠りから目覚める時です

人類は、足元の大きい変化にもかかわらず、深い眠りに就いています。恐れをベー
スとする活発な活動は見られますが、それは夢想や幻覚の世界に浮遊しているよ
うなもので、事実上は眠っています。
その結果、今がアセンションの時期であることにも気づかないのです。

この状態は、人類の本来の姿ではなく、地球に人類を創造した当初の青写真とは
異なります。
人類は、地球に誕生してから数万年経た後に、相次いだ不幸な出来事によって、意
識レベルの下降と共に肉体の基本振動数が低落してきたのです。そして人類の行
動は、意識の相次ぐ低落によって、ますます不調和で分裂的になってきました。

人類の波動の低落は、地球の支配を意図する宇宙の暗黒勢力に利用されたことも
関係しています。私もまた、それらの勢力に利用され、地球が暗黒勢力の「貯蔵タン
ク」になりました。人類は後からやってきて、それと知らずに堕落へのダンスを演じ
てきたのです。
そして、地球全体のこと、他の種のことを考えずに、もっぱら自己の利益のために
地球を利用してきました。

こうして地球は、全般的に「統合」から「分離」の状態に移ってきたのです。
しかしアセンションによって、この状況は変わります。私は、創造の波動の回復に努
めてきました。
いまや、地球に宿るすべての魂が、私と共にアセンションを目指す「地球的統合」の
段階に入ったのです。

人類にとっては、長い夜の眠りから目覚める機会です。アセンションとは自由のこ
とです。
愛、喜び、豊かさ、そして自由に満ちた5次元世界への上昇です。3次元の思考様式の、
虚飾と制限に満ちた在り方から脱却する、かつて無かったチャンスです。今が、あな
た方の人生での最も重要な局面です。


新しい地球の原理は「統合」です

いま地球は全体として統合に向かっており、それに伴ってエネルギーの流れが変わ
ってきます。
地球のすべての種を含んだ、絡み合うエネルギーの織物ができます。ジグソーパズル
のように、それぞれの断片が固有のエネルギーを持って、全体のエネルギーの流れに
均等に貢献します。これが統合の概念です。

意識の統合には、暗黒面も評価し統合する必要があります。誰でも、内在する暗黒面
が、ひょっこり顔を出すことがあります。
例えば、相棒のミスで思ったように事が運ばなかった場合、最初に飛び出す思いは怒
りです。その後に、怒ったことへの罪悪感、そして何か訳があるのだろうという推測が
続きます。

適当な量のダーク・エネルギーは、有益でさえあります---バランス、安定感、地に足
が着く、自信、全体感などの観点から。タペストリーの、表に対する裏の役割のようなも
のです。
こうして、暗黒面を含む、エネルギーの全スペクトルを統合して、あらゆるエネルギー
の完全なバランスを保つようにしましょう。
体験によって感得していくことが重要です。
これは、アセンションのための「作業」の重要な部分です。

「統合原理」は、地球の全生命の絶対的平等を含みます。そして、全体の幸福を最上位に
置きます。動物やイルカ・クジラは、地球と共に波動が低落したといっても、統合意識は
保ってきました。

「捕食」は現実にありますが、熊と鮭との関係が示すように、種の絶滅につながるような
やり方はしないのです。
双方に、生存のための行為という理解があり、お互いの種に対する敬意があります。
これが人類との決定的な違いです。
人類は、愛情を込めて耕作し、感謝して食べることすら忘れてしまったのです。


しかし人類の中にも、統合ベースの生活をしている民族もいます。保留地などで共同生活
を営む、ネイティブ・アメリカン、アボリジニー、ポリネシア人、アフリカ人などです。

アセンションは、人類文化に新たなパラダイムをもたらします。新しい思考様式、生き方、
そして社会形態です。

「選択」と「意図」によって進路が分かれます

現在の人類社会の集合的な運営様式には、老化、衰弱、病気、障害、死などの集合的な観念
がベースにあります。
この観念を集合的に宇宙に放ち、老化、病気、死などを現実世界へ送り返してもらってい
ます。
これを、人類の「集合的無意識」がやっているのです。信じたことが現実化するのが宇宙の
摂理です。

それに替わるメッセージとして、「アセンションを意図します」と意識的に宇宙へ送るこ
とを勧めます。
この選択によって、意識が統合に向かうだけでなく、高い波動を保持できる肉体に少しず
つ変容していきます。
統合ベースの肉体は、老、病、戦、死、苦、蓄、貧などのシンボルと無縁になるでしょう。

この選択をしない者に、古くから言われてきた「人類の巨大な苦難」が実際に起こるでし
ょう。
どんな星や惑星でも、アセンションに伴って「浄化」を経験します。ここでいう浄化とは、
アセンションを選択しない者、また地球のペースに合わせることを選ばない者は、この
地球での存在をやめるということです。
これがなぜ起こるかというと、地球の波動域が高くなりすぎて、からだが適応できなく
なるためです。

アセンションはすでに、あなた方の母星の全般的な目標となっています。
それは、個人的な思惑を超えた、上位の構造です。したがって、地球の進化への選択を無
視する者は、当然の成り行きとして、この地球での存在をやめるという選択をしたこと
になるのです。

宇宙は公平で、意図した通りの結果がもたらされ、意図しない状況は現実化しません。
したがって自分の現実は、主体性をもって自分で決めていく必要があります。個人の意
思が伴わないかぎり、誰もアセンションをやってあげることはできないのです。

「地球変動」は必ず起こります。しかし---

いま私は、激しく動いています。
地球のバランスを回復するための、浄化活動のさなかにいます。自分自身を刷新し、あ
るべき本来の姿を取り戻すために働いています。
出産を控えて陣痛が始まっているような感じと言えばいいでしょうか。

 皆さんから、すでに始まっている「地球変動」への懸念が伝わってきます。
我が家は安全か、移るべきか留まるべきか---。
それについて、私以上に適切に答えられる者はいないでしょう。私が地球だから---。

いわゆる地球の温暖化は、私の波動上昇が原因です。
私が高次元を目指して波動を上げるにつれて私の「体温」が上昇する、つまり地球が温
暖化するわけです。
これは単に、波動の上昇に伴って地球を構成する物質の分子が、より高い速度で回転す
るようになるためです。

少しずつ氷冠の融解、海洋の拡大、人口密集地の浄化、そして土地のバランスの回復が
進展するでしょう。
地下水位の上昇もあります。加えて、火山活動や地震が増えるでしょう。
こうして私は、地球のエネルギー場の再均衡を図っています。

地球の生命にとって、痛みがあることは事実です---
地震、火山の噴火、土石流、台風、洪水、極端な高温や低温、落雷、竜巻、森林火災など。
それらは今この瞬間にも起こっており、あなたの魂の深い部分で体験しています。
それによってあなたは、すべてのものとのつながりを感得しているのです。
むやみに地球変動を恐れず、地に足を着けて調和を保ち、カルマ(心的エネルギーとし
て滞留している他者への負債)の浄化に努めることが第一です。

あなたの現実は、あなたの思いが創るでしょう。
思念の力は、地球変動に備えて物理的にどうこうするより何千倍も強いので、それが
あなたの落ち着きどころを決めてしまうのです。
自分で気づいていない思念が、思わぬ結果をもたらすこともあります。
したがって、自分の思いを知り、思考を完璧にコントロールする境地を目指すべきで
す。

行動は、あなたの内在のガイダンスに従ってください。私も、あなたから声がかかれ
ば、安全にアセンションを続けられるようにガイドしましょう。
しかし、あなたがどの方向にでも柔軟に変化する境地になっていなければ、ガイダン
スを生かすことはできないでしょう。

地球変動への最善の準備は、皆さんが地球の福利に敏感になることです。それは、皆
さん自身の福利を保証する道でもあります。
私の回復、浄化、再生そしてヒーリングのために、愛を送ってください。その最も効果
的な方法は、相手が誰でも同じですが、敬意をもつことです。

 現在の地球の汚染は、いずれ癒され消滅します。人類歴史の過半の期間にわたって、
裏面で人類をコントロールしてきた宇宙の暗黒勢力は、上昇する地球の波動に耐えら
れず、間もなく地球を去ります。


「先端技術」のほとんどは使えなくなります

人類の本来の姿では、エネルギーは人体で8の字に回転します。これに調和するのは、
磁気の回転的な性質です。電気エネルギーは、直線的で磁場を分断します。電気は、地
球にエネルギーを保持しているチャクラ(エネルギー・センター)の回転性にとって
も有害です。
また電気エネルギーは、支配、所有、乱用、貪欲、隠匿、貧困、犠牲、虐待などをベースと
する電気的思考様式の源になっていて、この地球に不調和を創り出しています。

電気エネルギーは、5次元を支えるには濃密過ぎるのです。間もなく、電気に依存して
いる現行の技術体系から離脱しなければなりません。そのような技術は機能しなくな
るのです。

地球や人類が持つ、本来のエネルギー流に寄与するのは磁気エネルギーです。
これは、化石燃料に依存しないエネルギー源です。
磁気エネルギー装置は、地球と人類を共にサポートする新しい技術となるでしょう。
しかし、磁気エネルギー装置の開発が認められる前に、個人の意識が変わらなければ
なりません。実際問題として、古いパラダイムを超越した人でないと、新技術のための
思想そのものが現実化してこないのです。

 すでに地球は、新しいエネルギー流に向けて急速に動いています。その結果、地球
が電気エネルギーを受け付けなくなり、電気エネルギーの供給が年を追って困難に
なってくるでしょう。
また、あなた方が魅了されてやまないエレクトロニクスや情報通信機器が不安定にな
り、誤動作を起こしたり突然機能しなくなったりする状況が起こってくるでしょう。

 アセンションの途上にある者は、電気機器から離れることが必須となります。
上昇したあなたの波動が、機器を加害することもあります。
とりあえず、それらに触れる時間をできるだけ減らすようにすることです。地球が電
気エネルギーの波動から脱却して磁気波動主体の星になったとき、地球上の電気エ
ネルギーは、水の中も生命体の中も流れず、どこへも行くことができません。
ただ、それに同調する人間のからだに流れ込んで、内破(内側に破裂)するだけです。

時間は切迫し困難な道行きが待っています

人類は、幻想にとらわれています。それは、自分たちのレベルは上がっており、指導者
がよろしくやってくれているので、個人として特別にするべきことはないという思い
です。

しかし人類の現状は、地球自体や人類以外の生命より波動がたいへん低いのです。
しかも全体として、地球の波動上昇に遅れに遅れています。それに追いつくことは、正
直に言ってたいへん困難な道行きです。
それ以外の言い方は嘘になります。例えて言えば、小学校に入学したばかりなのに、今
から3年の内に、少なくとも義務教育の全過程を終了する必要があるということです。
この場合、もちろん知識のことではありません。

グローバルな不調和もあります。一部の人はアセンションしており、他の人々は地球
の新しい振動に同調しようとせず、どちらかというとそれに逆らって動いています。

更に別の困難もあります。動物の場合、個体としての意識はなく、集合としての意識が
あるだけです。
そしてアセンションのプロセスで、個体の死や誕生によって自然に浄化が進行します
が、それによって意識が、かく乱されることはありません。
人類の場合、こういう形の浄化はできません。

一方、かつて統合意識を保持していた人類は、個体としての営みと集合としての営み
を、魂が同時に体験しました。
これがまさに「完全覚醒」の状態なのですが、現在の人類の場合、魂は個別のからだの営
みを体験するだけです。
したがって、魂の焦点がからだに向かいやすく、からだの状態に意識が、かく乱されや
すいのです。肉体や魂の本質についての誤った認識が、これに輪を掛けています。

個体に宿る魂は、肉体が存在しなくなっても失われるものは何もないことを知ってい
ます。
あなた方の本質は光だから、不死身なのです。真実は、あなた方が信じているものとまっ
たく違います。
個体としてアセンションしなければ、他へ移るだけです。
したがって魂の観点からは、この浄化は祝福すべきことで、決して悲嘆すべきことでは
ありません。

「アセンション」への意図が変化をもたらします

アセンションは、肉体を持ったままするのが基本です。そのために、生物学的変容が伴
います。これによって、惑星や星が次の次元に移っていくにつれ増大する、高波動を保
持できるようになります。そうでなければ、個体は死を迎えるだけです。

生物学的変容のプロセスは、大まかに次のように進みます。アセンションを意図すると、
そのエネルギーが起こす音色が、各細胞の分子を刺激して活性化させます。
それが、休眠遺伝子のDNAを活性化させ、各細胞の動きが加速し、からだ全体が高いレベ
ルで振動するようになります。
この状態で呼吸と共に光を吸収すると、各細胞は老化の原因になる毒や汚染物質を排出
するようになります。

そして、細胞がそれ自体に新しい遺伝コードを与え、細胞構造が「結晶化」していきます。
例えば、それぞれの遺伝コードが異なるのに芋虫が蝶に変態できるのは、羽化に備えて
休眠遺伝子が活性化し、細胞がそれ自体に新しい遺伝コードを与えるためです。
これを、「意識が与える」または「宇宙が与える」と考えても同じことです。

この、アセンションに伴う肉体の生物学的構造変化は、少しずつ起こります。高い波動
を支えることができる結晶化した細胞構造では、個体においてそれぞれの細胞が、他の
すべての細胞と調和的に存在します。

この状態になると、呼吸からエネルギーを取り入れ、酸素を糖に変換することができま
す。体内の廃棄物の完全なリサイクルが行なわれ、他の種への加害、つまり捕食は必要で
なくなります。
病気とは無縁になり、ウイルスの影響も受けません。それ自体で再生する能力を持つの
で、からだ全体の再生(「死」によって別のからだに「転生」すること)は必要でなくなりま
す。肉体の寿命についての観念が、根本的に変わるでしょう。

この過程で、次第に「完全覚醒」の状態が取り戻されていきます。完全覚醒の状態では、
人は現実をまったく違う観点で感知することになり、全人類そして全生命の集合的な
生命流になじむようになります。

ところで、アセンションの意図の表明は、意識的にやる必要があります。タイミングと
しては、入眠直前や目覚めの直後で、白昼夢に浸っているような「変性意識状態」の時が
いいでしょう。
声を出してやれば更に力が加わります。この時、「異界の者」の干渉を感じたら、その場
を離れるよう要求してください。

 私は、毎日毎時間、アセンションを意図しています。統合過程での、グローバルなエネ
ルギーの織り合わせに含まれるのは、アセンションを意図する人だけです。
このため、地球のエネルギー場の階層化が起こります。最下層に、アセンションを選択
しない人が含まれます。
これは、その影響が全体に及ばないようにするためです。

アセンションを意図することは、一種の誓いでもあります。意図すべき内容は、「私は、
今生(こんじょう)で完全なアセンションを、からだにとって最善のペースで、達成する
ことを意図します」です。
そしてこれに、誓い(思考様式の転換)が伴わなければなりません。その意図を繰り返し
表明し、誓いを実行するにつれ、人生の変化が自然に起こってくるでしょう。その変化
を受け入れていくことがポイントです。

これまでの思考様式を変える必要があります

人類の波動の低さは、思考様式に大部分の原因があります。
早い段階でこれを克服し超越することが、進化の遅れを取り戻すための秘訣です。

あなた方は各人生で、あまりにも多く《やるべき・やらざるべき》にとりつかれてき
ました。「神」は懲罰者ではなく、愛そのものであるのに---。これは、宗教や教育の在り
方にも原因があります。

人類の新しい信条体系として身につけるべきものは、「統合原理」だけです。
これまでの思考様式は、すべて捨てる必要があります。その中の大物は「執着」です。



執着があると、クモの巣にかかったハエのように、自由を制限されます。そして魂にも
同様の効果を及ぼします。
そこで、死によってこの世界の拘束から逃れようとする見当違いすら実際にあります。
アセンションは、それに替わる選択肢を提供します。しかしその前提として、すべての
執着を取り去ることが必要です。 

《居住地への執着》
居住場所選択の重要性を軽視してはいけません。偽りの喜びや幻想に捕らわれて、動
きが取れない状態が多く見られます。確かな導きに従い、魂の真の喜びに従うように
してください。「O-リングテスト」が役に立つでしょう。 


《社会的活動への執着》
職業、地位、収入、働く環境、教育や訓練の機会、確保している顧客、自分の活動の社会
や他者への影響力、そして物事はどうあるべきという思い込み---これらに連なる執
着のことです。
これらが、あなた方の心で大きいウエイトを占めているようですが、この地球でやる
べきことの大半は内面的なことです。何もしていないようでも、魂の約束は満たして
います。最も重要なことは、あなた自身の内面的な進化です。


《目標や期待への執着》
目標や期待があれば、自分を高め、もっと働き、もっと生産的になり、もっと満たされた
人生を送ることができるという思い込みがあります。

そして世の親は、子供の魂の本質や目的に関係がない期待を持ちます。学校や社会もそ
うです。しかしそれらは、魂の観点からは、決して生産的ではありません。

どこかで行き詰まるだけです。「魂の自由」の重要性が、すっぽり抜け落ちています。
自分や回りの者に、何をどういう理由で期待しているのか、じっくり検証してみてくだ
さい。そして、その思いを超越しましょう。

 《物的なものへの執着》
からだの外見、モノ、お金などへの執着です。人のからだは、この世界で、評価の重要な
対象にされてきましたが、からだの遺伝構成はもともと自分の魂が選んだものです。
この地球での目的遂行には、それで完璧です。また、モノやお金などの所有物は、上昇
を妨げる風船の紐のようなものです。
ゆるく繋いでおいて、不要になれば直ちに切り放すことが大切です。真に必要なもの
なら必ず手に入るのだから、欠乏はなく常に豊かだという意識を持ちましょう。
そして授受のバランスに注意するようにしてください。

 
《人間関係への執着》
アセンションの目的に添わない人間関係を維持しようとして無理を重ねていないで
しょうか。---統合へのプロセスでは、目的と波動が合致する者とだけ関係を維持す
ることが基本です。
人間関係に変化が起これば、それはカルマの完了です。変化を受け入れるようにして
ください。

妨害や落とし穴に注意してください

あなた方を観察していて、かなり簡単に様々な者に操縦されてしまうことに気づき
ました。

表面で愛を装ってどんな甘言を弄しても、どんな才能を見せても、アセンションを
認めず、あるいは無視する存在はすべて暗黒勢力かその手下だと考えてください。
彼らが、人類の進化をサポートすることはありません。支配の継続にのみ関心があ
るのです。

名声、財産、肉体的な偉業など、男なら何らかの形で支配力を持つべきというマイ
ンド・コントロールに捕らわれないようにしましょう。
こうした追求は、本質において自己奉仕的で、私に貢献することはほとんどありま
せん。何かに貢献してもしなくても、すべての人が、かけがえのない存在です。外面
的な「成功」が認知される必要はありません。

人類の自己奉仕的な目的追求が、有害廃棄物で地球を汚染しました。地球のアセン
ションで、これは癒されることになります。
何よりもアセンションを選択することが、地球への最大の貢献です。アセンションの
為にならない別の何かを、もし選ぶとすれば、その意義をとくと考えてみた方がいい
でしょう。
人生経験の全領域を、アセンションの目的に添うように選んでいくことを勧めます。

このために、グル(導師)を求める必要はありません。
グルの言いなりになって、自分の真実を知る機会を塞いでしまうことになりがちで
す。あなたの内在のガイダンスに目覚めることが重要です。自分が自分のグルや教
師になるわけです。
また、他者やグループに合わせようとせず、自分の主体性を保つことも重要です。

一方、カウンセラー、医者、ヒーラー、霊能者、そして教師などは、一般的に調和的な
波動を生み出す技術を持っています。これらの人々は、アセンションを意図しない
人の治癒に当たるよりは、その技術を自分自身のアセンションのために生かすこと
が望まれます。

結局、アセンションのための安直な手段はないのです。あなたが変わらないことに
は、何も始まりません。

私に同調してください、そして自分の魂にも

あなた方は目的があって今ここにいます。アセンションを成功させるために、地球
と共にアセンションするために、この時期に生まれてきたのです。そして同時に、真
のあなたを発見し取り戻すために。

あなたの魂、集合全体のオーバーソウル、そして地球である私に同調することによ
ってのみ、アセンションは可能となります。
そしてアセンションの選択は、あなた方の想像する以上に、私の支えになります。

私の行為はあなたに影響し、あなたの行為は私に影響します。一人ひとりが私と
密接に関係しています。
統合へのあなたの一歩ごとに、それに対応する私の変化が起こらなければ、アセ
ンションは成就しません。
この「共生的な関係」は、あなた方を取り巻く環境とあなた方自身に、現在起こっ
ていることを規定する決定的な要素です。そして、私に同調する人を私は導くつ
もりです。

できるかぎり外へ出掛けてください。田舎へ、海へ、湖へ、渓流へ---。
そして私の鼓動を感じてください。私のリズムは、大多数の人類と違い、ゆっくり
していて、やさしくはぐくみます。
人間社会の騒音は、私のリズムと違います。コンピューターのブーンという音、クル
マのエンジン音、音楽などの騒音、テレビの絶え間のないおしゃべり---。
あなた方の昼夜を埋め尽くす娯楽は、私のリズムからあなた方を隔てています。

自然の中で、私の王国のすべての生命に耳を傾けてください。そのとき浮かんでく
る考えが、テレパシーです。
それは、自分だけのものではありません。
あなたの個性、地球の魂つまり私、そしてあなたの魂---それらからの呼び掛けが混
ざっています。
個性からのものを捨て、地球と自分の魂に意識を合わせることを意図してください。
あなたは、自分のテレパシー能力にびっくりするでしょう。人体は優秀な受信機なの
です。

あなた方の社会が壁を造っているために、最も望ましい集合での大量アセンション
はほとんど不可能にみえますが、私はまだあきらめていません。
人類の集合アセンションを切望しています。私の誕生プロセスの、壮大な共同作業に
ぜひ参加してください。

スポンサーサイト

別窓 | アセッション | コメント:2 | トラックバック:0
2012 プレアディアン・ガイアの為の瞑想
2012-12-02 Sun 20:03



目を閉じてください 。 ガイアの愛しい光の皆さん。
目を閉じて あなたの意識の中に存在する
光の世界と無限の宇宙へと滑らかに入ります。
さあ 心を開いて下さい 愛しい皆さん。
あなた方の結晶質のプラネット・チューブの活性化により
あなた方の12のチャクラを通って
結晶質の一本のチューブが流れているのが見えます。
そしてそれを感じる様になります。
グレートセントラルサンへと旋回しながら上昇し、
そして グレートマザーアースの核の結晶質まで旋回しながら下ります。
上からも下からも流れ込む 金色の白い光が
あなた方のハートセンターを 活性化するのが 見えるようになります。
あなた方は 愛の根源のエネルギーである この金色の白い光が
あなた方のハートを活性化するのを 上からも下からも感じます。

今すぐ意識と一つになってください。
そうすれば、惑星地球上の他のすべての ワン・ハート•意識に
あなたはすぐに繋がります。
ワン・ハートは 充分な光を保持する人々の中でのみ目覚め、
また ガイアと彼女の人間種族にたいし 神聖な奉仕をしている人々の中でのみ
目覚めることがわかります。
光の評議会のプレアディアンが、今 あなた方を、指導します。
あなた方が選択し、成果を成したこの現実のなかに、
あなた方の本来の現実を あなた方が視覚化できる様に。

愛しい皆さん あなた方の惑星を さあ、思い描いて下さい。
あなた方の前にある、この青緑色のあなた方の惑星 あなた方の両手の中に、
まるで大きなボールを抱ているみたいに。思い描いて下さい。
あなた方の前にある惑星が
そのすべての美と優雅さの中で 回っています。
そして今、私たちがあなたを導き入れるプロセスによって、
彼女が自身の体の中と、銀河へ放出するオーラの中の、
両方のエネルギーを取り除く事が
あなた方に影響する事は無くなります。

今、あなた方の目の前に地球を認識する事は
彼女のクリスタルの核と、彼女のハートの中の偉大なクリスタルの核と
コンタクトすることです。
彼女の光のリズムで鼓動し、脈打つハート、
これを彼女の存在そのもののハートとして感じます。
偉大な核のクリスタルは 常に完璧な状態をたもっています。
それは物理的あるいは思慮的ないかなる考えの冒涜によっても
貶められることはありません。
そして あなた方は今、
惑星の身体を通して金色の白い光のヒーリングの波を放射しますが、
それは核のクリスタルそれ自身から放射されます。
あなた方のワン・ハートは今 開きます。
そして 地球の中心にある 核のクリスタルの中へと あなたの愛を放射します。

ナマステの形に手を組み、
頭を下げて 大きな愛を込めて
核のクリスタルに敬意を表して下さい。
あなた方は この偉大でパワフルな存在を認めます
あなた方の生命形体であるあなた方の身体と
あなた方の周りの3次元の見えるもの全てを含む
惑星の中とその表面の 全生命の源として。
頭を下げて 核のクリスタルに ナマステをしながら
彼女を認め あなたの愛と尊敬を 彼女の中に 注ぎ入れます

あなた方全員がこの瞑想をしている間に
あなた方の光の生命の中の他の全員からの 愛と尊敬が
彼女の中に 自然に流れ込んでいくのを感じます。
彼女が力を得ていくのを感じます そして
あなたと あなたの光の種族のすべてが 共鳴し始めます
次回の次元のラウンドのために 彼女の癒しのヴァイブレーションを 
今より強力に放射してくださいますよう
一緒に 彼女に頼みます

彼女のパワーを今 思い描いて下さい。
結晶質の層を通って ガイアの身体の中の 結晶質のミネラルの王国を通り、
電磁場に浮かぶ愛の トラロックの神(稲妻の神)の力を通り、
私たちの身体の中のすべての力を通って
汚されてしまった土壌の中をも通り抜けます。
今 核のクリスタルから迸るこの金色の白い光で満たされている             
内部地球を思い描いて下さい。
このエネルギッシュなヒーリングの波動を受け取っている
ガイアの中の光の都市を思い描いて下さい。
光の都市の中に住む 存在達と 繋がります。
彼らにもあなたの愛と 敬意を示します。
虹色の波は 今 マザーアースの中のクリスタルから 迸り出始めます
波は 藍色 菫色 青 緑 黄色 オレンジ色 を吸収します
今 クリスタルの層から この瞑想をしているあなた方のいたるところへ 迸り出ます。  
タイムラインを通って タイムゾーンを通って。

あなた方はすべて 団結しました。
核のクリスタルにエネルギーを送るという ワン・ハートの、一つの目的で
危険に晒されて来た 地球内部の あらゆる所に波動を送って
彼女を 激励する為に。

さあ、 今度は
マザーアースの表面から あなたがいる3次元の空気へ 大気へと 迸り出る
エネルギーの場の地球のオーラです。
これらの 金色の白い光の ヒーリングの波動に
今 マザーアースのオーラの中を体験させます
これらの癒しの光の波の動きを感じます。
水のエレメントである ガイアの泉、河、海洋を通じて、
そして 大地のエレメントである、小高い丘や木々 花々や原野
林や森 平地や砂漠 山脈や渓谷 丘や平原を通じて。
あなたの結合したワン・ハートの、
この刺激された愛のヒーリングの波動を感じます。
また偉大な核のクリスタルによって
付着物そのものを取り除きます。
汚染された3次元のエレメントの
すべての姿を取り除きます。
さあ、この静寂を4次元へと遠く移動させます。
地球の全生物の思考形式である
集団意識を保持する
その次元へ移動します。
πCNHの旧世界の思考形式を溶かします。
これまでの戦争の善と悪の両極性の本質である
思考形式を全て溶かします。
希望を失った者達へ 希望を持たらします。
自分を完全に他から切り離されていると感じる者達に
結合意識のをもたらします。
望みから遠く離れてしまった者達に
平和の可能性の希望をもたらします。
愛しい皆さん このプロセスを通して
あなた方は 2次元、3次元、4次元の中の否定的な物と汚染を
すべて取り除きます
あなた方の惑星の最初の次元であり、
あなた方が今移動する先のヴァイブレーションである、
5次元の偉大な核のクリスタルに 再結合します。
あなた方が意図し、 あなた方が思い描く事によって、
そして あなた方の開かれた心と、
今あなたが問題のある次元の中に放射する
このエテリック・ヒーリングによって、

あなたは周りの人々に
目覚めている人々や、
目覚めつつある人々や、
そしてまだ眠れる人々に、
5次元キリスト意識を もっと親しみ易くします。
今 あなた方の惑星の上の全てに 希望があります。
すべての弱点へ再び能力を取り戻す事は
あなた方の惑星の上の全てにとって 今 可能です。
ガイアにおける重要な神の惑星の計画がほとんどわからない人々、
また それに抗した人々も
これらの変化の時においては
全ての人々に希望があります。

支援の拍手があちこちでぱちぱちと聞こえたら
地球上の全ての人々に覚醒が起こるかもしれません。

愛しい皆さん
12:12:12までの蓄えとして
毎日この瞑想をして下さい.
このメディテーション・サウンドトラックとともに あるいはそれが無くても
単純にあなたの祝福する青緑色の惑星を 思い描いて下さい。
できればそれを
まるで、あなたが目の前のボールを抱えることができるみたいに。
偉大な核のクリスタルに、、、
ナマステ。

あなた方のシステムの中の全生命の源であり、
そして あなたのワン・ハート活性化して
あなたのプラネット・チューブを上も下も 開きます。
このクリスタルの母体の中へと
あなたの愛と感謝を注いでください
クリスタルにエネルギーの流れを 受け入れさせて下さい。
こから放射されるエネルギーは
地球の彼女のオーラの中の地球のすべてのネガティヴィティーを
彼女のオーラに、集合無意識の4次元の中に、
転換するために 放出されます。
この方法で
あなた自身と 愛と調和の5次元周波数の間の
アクセスが可能になり
全ての人々がよりアクセスできる様になります。
スター・ビーイング(星の存在)の波動が
あなた方に、送られます。

この重要な2012年中を通しての
あなた方の奉仕に 愛と感謝を込めて

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
地球の物理的なイベントが盛んになっている
2012-12-02 Sun 19:52

宇宙船アタバンティアンからのメッセージ 2012年11月29日
 地球の物理的なイベントが盛んになっている

宇宙船アタバンティアンからのメッセージ、地球の物理的なイベントが
盛んになっている 2012年11月29日
http://www.ashtarcommandcrew.net/profiles/blogs/message-from-spaceship-athabantian-physical-events-of-earth-will
Message from Spaceship Athabantian: “Physical events of Earth will heighten
Channeler:Mark Kimmel
www.cosmicparadigm.com/athabantian


私は、アタバンティアンに乗船している宇宙の天使、タウトです。
私は壮大な変革を支えている者のうちの一人です。私は今日ここにいてあ
なた方の変化の程度を観察している者の見解を伝えます。
あなた方が振動を上昇させるのに集中しなければならないと申し上げる時
には、あなた方が同一のパラダイムに留まるために振動を上昇させなけれ
ばならないということを意味するのではなく、むしろ、恐れに基づくパラ
ダイムに対する愛と光のパラダイムである新しい現実に存在するために振
動を上げるようにお勧めするのです。

高い周波数で、五次元に留まれるだけの高い意識を持つ人は、世界が変化
していることを知っています。
あなた方はそれを自分の体の中で感じ、他の者の中、イベント、構造に変
化を見ています。

一般には、あなた方は変革の結果としてもたらされることについて楽観し
ています。
恐れに基づいたパラダイムにしがみついている者は、何か違ったことがお
きていることをほとんど信じながらも、これらの変化を認めたくはありま
せん。
これらの者は、将来のイベントについて、何かを予感していますが、一般
的には、毎日をこれまでの日々と同じだと思っています。

あなた方がこれから起きることの程度に対する理解を助けられるように以
下の定義をしました。

○ 外挿法:既知の情報を拡張して評価すること。過去に基づいて将来を
予測すること。
○ 不連続:連続性、局地的なシーケンス、又は結びつきの欠如。一つの
パラダイムから別のパラダイムへの完全な移行。

あなた方が直面しつつあることは、これから先、短い間に古い自己が認識
できない程の大幅な不連続性です。
多くの人間は現在のパラダイムウから外挿して、将来を見ようとします。
変化のエネルギーがあらゆることに衝撃を与えるので、これが広く行われ
るでしょう。
私たちの予想では、将来は現在のものとは全く異なります。これがこれか
ら起ころうとしている不連続です。
外挿法では、この将来の予測は出来ないでしょう。
変革を恐れないようにしてください。なぜなら、この変革は極めてすばら
しいものだからです。
そうです、あなた方は、快適さに必要な感じを持てない、ある苦難に耐え
るでしょう。
新しい地球においては必要な物全てが供給されるのですから、このような
生物にとっての快適さ以上のものを探してください。しかし、あなた方が
必要とするであろうことは、あなた方が今必要としていること、又は外挿
法によって予測される将来に必要とされることとは全く異なるでしょう。

さて、あなた方にもたらされることについてぼんやりとしたビジョンを描
いて見ましょう。心に中に惑星地球やその上の人間だけではなく、創造物
としてのあらゆる形の物を描いてください。それは巨大なイベントで、こ
れまでに起きた如何なるとも似ていません。私たちはここでは、三次元か
らの壮大な変革について語っています。
より高い密度の振動は、物理的な密度と一体化し、三次元の固定的な様相
はもっと固定的になっています。
これがこれまでは未知であった現実を創造することでしょう。
このイベントは非常に壮大なので、宇宙のあらゆる天使たちを巻き込み、
宇宙を創造する者、創造の神、エネルギー調整者をも巻き込みます。それ
はこれらの宇宙を支持する者、存在の全て、ゴッドヘッドをも巻き込みます。
そしてそうです、それはあなた方の星の兄弟、姉妹たちをも巻き込みます。
それは他の星間システムから来ているあなた方の兄弟、姉妹たちの存在、
又は地球の変革を単に示すことから超越しています。

あなた方、地球の人間は、この壮大な変化の中心です。あなた方この変革
の槍先になることに同意した者たちは、宇宙全体からきている私たちの尊
敬の対象です。
遠くの惑星とあらゆる形態の天体から来ているあなた方の数百万の兄弟、
姉妹たちはこの変革を目撃し、この変革の結果をともに経験するために
この小さい空間に集まっています。

宇宙船アタバンティアンから観察している者である私たちの観点からは、
あなた方の世界に起きつつあるイベントについての困惑が見られます。
あなた方には大きい観点からこれらのイベントを見るようにお勧めします。
しばらくの間、これらのイベントに対する見方は、地上からのものではな
く、私たちからのものであることをご承知おきください。

まず始めに、あなた方の惑星を創った者たちが、あなた方の周りに列を成
し、あなた方に親しみを持っています。あなた方の世界の表面、海洋、陸
地、及び大気を飾った者がいます。
植物と動物を形成した者がいます。そして、惑星の上に始めて人間を住ま
わせた者がいます。
地球の最もすばらしい全てのものの始まりは、光、調和、美、及び壮大さ
でした。
あなた方の惑星が光の球体から闇の球体へと恐ろしい変化を遂げたここ数
百万年の間を観察した多くの者が私たちの中にいます。
私たちはあなた方の祖先たちが恐れ、暴力、憎悪、貪欲に飲み込まれるの
を観察してきました。私たちは惑星に光をもたらした初期の文明がただ闇
に負けるのを観察してきました。

私たちは又、あなた方のいくらかの意識が十分に高まり、今では、あなた
方の惑星を、以前の尊厳ある姿に戻せる状態になっているのを観察しています。

これがその瞬間です。
これが闇から光への偉大なシフトです。全てが最も暗いものから光で満たさ
れたものに、恐れの中で暮らしていた者から、光の中で暮らす者に変換され
ます。そして全ての者は過去の記憶を呼び覚ました上で、周囲に存在するも
のに気が付くでしょう。
この壮大な変革の準備のためにこれだけの長い時間をかけたのは、このため
です。
これは発達の一つの軌道から別の軌道への変化の問題ではなく、存在の一つ
の形から別の形への変化の問題です。全ての外挿は道の脇にはずれてしまい
ます。
今回は今まで遅れが生じていましたが、これは、あなた方、地球上の人間が
来るべきことを十分に受けとめる意識状態になかったからです。
以前は、あなた方の準備が十分ではなかったためにほとんど成功しませんで
した。変化を可能にするのは、常に地球に転生した者の義務なのです。
これが非常に多くの者が宇宙から地球に転生してきている理由です。
私たちが上のほうから地球上の変化や何らかの物理的な変化を強制すること
は決して許されませんでした。
この壮大な変革の槍先になる者は、常に地球の存在の意図と行動でした。

遠くの星から来たあなた方の兄弟、姉妹たちは長い間この瞬間を待っていま
した。
スターシップの中では、数百万の数の彼らがあなた方を囲んで集まりました。
彼らは当初は、この惑星を助け、兄弟、姉妹のやり方であなた方の変革を助
けるために、光を送りにやってきました。
しかし彼らは地球と人間の変革の重要性を常に知っていました。
その瞬間であることを予見して、膨大な数の者が、ごく最近やってきました。

全ては配置についています。この壮大な変革は始まりました。非常に間近に、
あなた方は否定できないイベントを経験するでしょう。
あなた方の多くは、既にこれから起きることの前触れを感じているはずです。

あなた方はそれを体で感じています。
あなた方の夢は新しい見方の方法を予言しています。
起きていることを感じるので、あなた方の情動は、乱れています。数ヶ月前
に始まったエネルギーの流入は今や激しくなり、これからも続くでしょう。
あなた方の情動はゆれ、マインドは分からないことを分かろうとしています。
目覚めたあなた方は地球の兄弟、姉妹たちを助けるよう呼ばれるでしょう。

地球の物理的なイベントは激しさを増しています。より厳しい天候。多くの
地震、火山。天候の変化。これらは普通の時とは全く異なります。
これらのイベントの予測は、外挿では不可能です。変革と不連続の時がきま
した。
これらのイベントの先の美しい新地球を見てください。
私たちはここにいて、全ての者があなた方に紹介され、全てが変革するすば
らしい時まで、あなた方を勇気付けます。

そうです、マーク、アビクアが全てについて役割を果たします。五次元のそ
の位置から、その主要な機能を地球の壮大な変革に対して働かせます。
その実現のエネルギーを保持する物は、変化のエネルギーを地球にグラウン
ディングしています。
この宇宙の中の全ての者は、あなた方の変革をこの壮大な変革の鍵になる部
分として支援します。
全ての者は地球の全ての人間に祝福を送っています。私はタウフで、この情報
をあなた方にお伝えできることに誇りを持っています。

http://lightworkers.org/channeling/172169/message-taugth-athabantian

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
光の伝達~脳下垂体の次元調整
2012-11-29 Thu 23:17

ハトホル
愛と光のチャネリング

ハトホル 2011年9月27日 光の伝達~脳下垂体の次元調整

光の伝達~脳下垂体の次元調整2011年9月27日
ハトホルの地球へのメッセージ(チャネリング:トム・ケニオン)
私たちの観点では、アセンションプロセスは二つのまとまったエネルギー
の流れとして見られます。
一つ目は、あなたのカーボディ、精妙なエネルギー体(すなわち、あなた
のエーテリックツイン、もしくはスピリチュアルダブル)を伴います。

そしてカーの振動率を上昇させる方法が、アセンションのためのある方法
なのです。

二つ目の流れは、物質的肉体と光に入る物質の変容を伴います。

光に入る物質の完全な変容はアセンションの非常に進歩した形態で、通常
は非常に発達したイニシエート(秘儀参入者)にのみ見られます。
しかしながら、この変容の種の形態は、アセンションプロセスの多様な段
階に現れることができ、そして現れます。

あなたと分かち合いたい音の瞑想は、内分泌腺系統へ霊的光(次元間の光)
の流入を増やすための手段です。

アセンションプロセスの間、あなたの生物学上の海と肉体の内なる現実を
構成するホルモンは、洗練されていきます。

この音の瞑想は穏やかな効能があり、更にこの上昇の動きを促進する意味
があります。

瞑想 – The Meditation

この調整に役立つ二つの方法をお伝えしたいと思います。
一つ目は、自分の
意識の内なる領域に慣れ親しんでいない初心者のためのものです。
二つ目の
方法は、より進んでいる人のためのものです。
二つの方法とも、極めて有効です。
自分の発達状態を見極め、それに応じて
選んでください。

第一の方法
この手法では単純に脳下垂体の部分、内分泌系の自由に使いこなせる調節装
置へ、焦点を当てた意識を向けます。
私たちが示した以前の次元間の調整の
全てでそうだったように、耳にするだろう音は光の領域の中にある波動の相
似形です。

そして、あなたが脳下垂体の大体の部分に注意を保ち続けている限り、音は
脳下垂体でエネルギーの動きを作り出すでしょう。

この部位は、鼻梁の後ろほぼ1インチ(2.5センチ)に位置しています。*(ペ
ージ最後の説明を見てください)
この部位は、全部に焦点を当てる必要があり
ます。

生きるために必要なわけではありません。
ただこの部位の意識を休ませることで、すべきことを成し遂げられるでしょ
う。
ここで最も重要な単語は、意識を「休ませる」です。

これは集中ではありません。
あなたは単純に脳下垂体の部位に意識を休ませ
、聴いている音がそこに響くことを許すだけです。

精神が散漫になったときは、ただ脳下垂体へ焦点を当てた意識を戻してくだ
さい。

第二の方法
内なる領域により親しんでいる方のために、脳下垂体の部位が静けさと無限
の純粋な水の体に浮いている白い蓮の花であると、想像することを提案しま
す。
この精神でのイメージは非常に受容性のある状態へ脳(精神)を転換し、変容
のワークの特別な形態へ非常に有益な意識の質を生じます。


全ての色と振動数がその内にあるがゆえに、白い蓮をおすすめします。
開き
かけか満開の花を想像してもよいでしょう。
もしその方がお好きなら、閉じたつぼみを想像してもよいでしょう。

脳下垂体の部位でこの白い蓮の精神的なイメージを持ってください。そして、
一つ目の方法と同じく、気持ちが散ってしまう時は、蓮と脳下垂体へ意識を
戻してください。
一つ目の方法を使うか二つ目を使うかにかかわらず、内分泌系を構成する全
ての腺のすみからすみまでエネルギー的影響の滝を作り出す脳下垂体の中に、
触媒の音が精妙なエネルギーの動きを起こすでしょう。


この調整を経験し続けるなら、あなたは精妙で効能のある影響に、より親し
むようになっていくでしょう。
はじめる前に、日常の心配事から自分を切り離して2~3分過ごすことを提
案します。


この短い瞑想と人生の休息の間で、線を引いてください。

瞑想はおおよそ5分間で、聴き終わった後に、2~3分静寂の中で脳下垂体
の部位を感じて過ごすことをおすすめします。

もしエネルギー的に敏感で気づける状態にあれば、全ての内分泌線の精妙な
効果を感じられるでしょう。

以前お伝えしたとおり、この調整は精妙であるにもかかわらず強力です。

そしてこの奇妙な矛盾は、物質とエネルギーの複雑な関係に原因があります。
より物質の精妙なレベル(亜原子粒子)へ入っていったならば、もっと効果
的なエネルギーがあります。
同様に、意識のより精妙なレベルに入っていけ
ば、エネルギー(意識の力)の増大もまたあります。

調整を構成するパターンは正確で、意識の精妙な領域に複雑な関係を形作り
ます。
この簡潔さにだまされないでください。
この調整は、意識の効果的な変容装
置なのです。
それゆえに、この特別な調整で心地よい場所を経験して見つけることをおす
すめします。
脳下垂体と内分泌系内に光の流れの増加を発生させたとき、効果的でパワフ
ルな浄化をもたらすでしょう。


あなたがた一人一人が、この中に心地よい場所があるのです。
一部の方には、一日一度調整を聴くと、快適に全てを統御できるようになる
でしょう。

別の方は、何度も聴くことで引き寄せるかもしれません。
定期的にこの調整を聴き続けると、エネルギー的巣篭もり、もしくは心地よ
い場所の拡大に気づくかもしれません。

そして何度でも聴けるようになるでしょう。
けれど、指針は心地よい場所で
す。
この調整をエネルギー的な真理のために何度も聴き過ぎたなら、境界線を越
えたことがわかるでしょう。

自分が快適に扱えるよりも多い内なるエネルギーを解放していることに気づ
くでしょう。
単純な事実として、内分泌系を構成する分泌腺が脳下垂体を
経由して、光の波動を受け取っているということです。

分泌腺はエネルギーと意識のパターンの抑制を解放するのです。
ここでの唯一のガイドラインは、あなたへ快適さをもたらす方法で続ける
ことです。
言うなれば、本質的により強者のような人は、川を押すことすらできます。

しかし、内分泌系のエネルギー的変容を大いに促進していることに気づいて
ください。


知覚や思考、感覚が加速しすぎたなら、そのときは減速してください。
調整
を聴く回数を減らし、自分の心地よい場所を見つけてください。
私たちは、人類の意識が上昇しつつある好都合で不安定な時期に、この脳
下垂体の次元調整を発表しています。

共同創造者としての至高の意思を、あなたが取り戻すことを助けるだろうと
いう希望を持って、そうしております。


それは、この特別な調整が未来において、何年も変容のツールとして役立つ
だろうという見込みでもあります。
私たちが授けてきた次元調整の全てのうち、この一つはもっとも秘蔵のもの
です。

作っている間、この調整は形を生み出され、私たちの次元間の現実である5
次元から12次元を通した変容エネルギーを吹き込まれました。
それそのものの本質により、この調整は精妙にもかかわらず効果的な進化の
エネルギーを伝えます。

多くの方が、自分の現実を共同創造している方法の神秘にもっとはっきりと
気づくために、この調整を利用するでしょう。


そして、精妙な現実領域から物質的現実を分けていたヴェールのように、自
分自身の新しいヴィジョンへ目覚めるでしょう。
同様に、宇宙の中の自分の重要な地位についての新たな理解にも。
ハトホル
2011年9月27日


トム(チャネラー)の考察と所見

ステレオヘッドフォンで、この特別な調整を聴くなら最適です。
音声の録音
のステレオサウンドパターンが、精妙なエネルギーの複雑な動きの渦を作り
出しているからです。

これらの渦は、意識の焦点をどこに置いていても循環して回ります。
もしス
テレオヘッドホンなしでこの調整を聴くことを選ぶなら、左と右にスピーカ
ーを分けるとよいでしょう。

そうすれば、ステレオ効果がより得られるからです。
車の運転中や意識を集中しなくてはならない状況でこの調整を聴いてはなり
ません。
一つ目のとハトホルが触れていたより進んだ方法と両方を使って、私はこの
調整でワークしました。


そして彼らが言っていたとおり、両方の方法は極めてよくききます。
これらの方法は、白い蓮の手法に関する細部を除いては個人的解釈によるも
のです。

「静けさと無限の純粋な水の体に浮いている白い蓮の花」を想像するとき、
心地よいと感じる方法で蓮の花と水の体を想像してください。


言い換えると、これは視覚化のエクササイズではないということです。

精神の目で視覚化しがちならば、とても上手に蓮と水の視覚的印象を浮かべ
るかもしれません。

けれど、物事を視覚化しない傾向があるなら、自分がもっとも心地よい知覚
の様相で蓮と水を経験できるでしょう。

私は個人的に、この調整の精妙な効果を証言します。
そして、調整でした個
人的経験を基にして、心地よい場所を見つけるということ、ハトホルの繰り
返された提案に同意します。

この小さな音の欠片は、本当に精妙なエネルギー的浄化を起こすのです。


私の印象では、しばらくの間この調整とワークすると、自分の脳下垂体に精
妙なエネルギーの動く渦を確かに生じます。
そしてここ脳下垂体から、これ
ら精妙なエネルギーは自然と、内分泌系を通して動きます。

調整は普通、落ち着きやはぐくみ、深く回復させてくれる特性があります。

だけど、長く聴きすぎるとしたら、浄化作用を作り出します。この場合、イ
ライラして怒るような感じがします。


これが心地よい場所から境界を越えたということを、もしくはハトホルがエ
ネルギー的巣篭もりとして言っていた状態を、伝えてくれているのです。

この調整を聴いているときはいつでも、私はまるで爽快な質と次元間の光へ
自分自身を開いているかのように感じます。


爽快なエネルギーが時々、自分の内側で物事を起こさせるのに気づいていま
す。
そしてこれが起きる時、それを内面的な家の掃除として考えています。

いくらかの「ほこり」が空気中にあるからと言って、掃除をやめることはあり
ません。
私はただ、ゆっくり進めるだけです。
そして、私は我慢強くあろうと努めま
す。

結局、内なる家にはたくさんの部屋があり、多くが掃除を必要としているか
らです。
私は、この調整が実に変容力のあるものであることを気づいてきたし、そし
て発見し続けています。
意識と物質、つまり自分の意識と肉体を構成する物質の接点を探求すること
は、最も面白いことだとも発見しました。
自己探求と自己発見のための調整
の中には、計り知れないチャンスを感じます。

私見としてこの調整は、私たちの中に存在するいくつかの深みを探検するた
めの優雅で美しい船です。
精神のアルゴー号(訳者注:ギリシャ神話に出てくる船)乗組員である同士、
あなたへ望むのは、深遠なりて価値ある旅を。

*脳下垂体の位置についての説明

ハトホルが脳下垂体に焦点を当てるポイントを示した時、焦点の一般的な領
域は鼻梁の後ろほぼ1インチ(2.5センチ)だと述べました。

脳下垂体の次元調整を行う時に焦点のこのポイントを使うと、とても上手く
いくと報告できます。
しかしながら、脳下垂体の実際の身体的位置は、1イ
ンチ(2.5センチ)よりももっと後ろです。

それぞれ異なります(二つとして全く同じ脳は無いからです)。

しかし一般に、脳下垂体は頭蓋骨の中央、鼻梁の反対で脳の基礎領域の中で
も脳幹の上方にあると考えられています。

成人の頭蓋骨の平均は鼻梁から後頭(頭の後ろ)まで21~22センチの間です。

メートル法をインチ法で換算すると、8.66インチです。
脳下垂体が頭蓋骨の中央に位置するため、その位置は思うに大体、平均で鼻
梁の後ろ約4.33インチ(訳者注:約11センチ)になります。
焦点としてハト
ホルが示唆した点より、鼻梁からちょうど約3インチ(訳者注:約7.6センチ)
ほど後ろになります。

私がこのことをハトホルにたずねると、「ほとんどの人が脳下垂体を見つけ
るのが難しすぎて本当の位置で意識の焦点を保てないだろうし、精神の緊張
をもたらしてしまうだろう」と言いました。

しかし、「ほとんどの人が、鼻梁から1インチかそれくらい後ろへ焦点を当
てるならできるだろう」とハトホルは言いました。

さらに、「脳下垂体のエネルギー部位は、そのものから全方位に4インチ強
(訳者注:約10センチ強)広がっています。

したがって、脳下垂体の焦点(鼻梁の後ろ1インチか2・5センチ)として示
した部位は、実際にハトホルの視点としては脳下垂体の『一般的な部位』な
のです」と言いました。
もし焦点を当てるポイントで実験をしたいと望まれるなら、脳下垂体の調整
を以下両方の手順で聴かれることをおすすめします。
1) ハトホルが示した
部位に意識を向ける(鼻梁の後ろ約1インチか2.5センチ)
そしてその後
2) 
脳下垂体の実際の部位へ意識を向ける
どちらがあなたにとって最適か見極め
てください(精神的な緊張は無しで)。そして、その後はよい方で進めてくだ
さい。

トム・ケニオン

the Pituitary Dimensional Attunement(脳下垂体の次元調整)を視聴もし
くはダウンロードするにはここをクリック
(注意)上記リンクをクリックした
あと、サイト(www.tomkenyon.com)におけるサウンドギフトコーナーの鑑賞
規約に同意していただくことになります。

規約に同意したあと、あなたの望む音声ファイルを聴いたりダウンロードし
たりできます。
エネルギー的浄化の話題に興味があるなら、以下の記事が役立つかもしれま
せん。: スピリチュアルマインドの解毒(原文:Psycho-spiritual Detoxification)
新たなアセンションの概念を発見するのに、以下の記事が役立つかもしれません:
時間軸を飛び越える術(原文:The Art of Jumping Timelines)

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
この宇宙が多次元
2012-11-24 Sat 23:16


地球はそもそも3次元地球より遥かに巨大な多次元領域を構成し:ラパ・ヌイ(イースター島)
2012年11月24日 13時58分12秒 | 全体
がその出入り口だった!


皆さんは、この宇宙が多次元で構成されていることを認識されてい
ると思いますが、灯台下暗しで、私たちが住むこの地球は、悠久の
古来から多次元領域になっていたなどと認識されている方は少ない
のではと思います。

この地球と人類の5次元への移行がこの地球の大変化であることは
事実ですが、それは、あくまで三次元の地球、三次元の物質的な表
面地球と地球表面で暮らす私たちが5次元に移行するということで
あり、地球そのものは悠久の古来から既に多次元領域になっており、
その多次元地球に暮らす多くの人々が古来から現在まで存在するよ
です。

そして、その次元のポータル(出入り口)の主要な1つがイースタ
島だとの事です。

この地球が、私たちが認識している三次元の物質地球だけでなく、
遥かに巨大な多次元地球であったとなると、私たちの認識をガラッと
変えなければ、これから起こる次元上昇のことの認識も全然異なった
ものになります。

このことを伝えてくれたのが「メタトロン」さんです。
私は、最近、この「メタトロン」さんが伝えるメッセージを一番信用
するようになりました。
なぜなら、当ブログのベースとしている、足立育朗氏が伝える「真 
地球の歴史 波動の法則Ⅱ」に書かれていることに一番近いことを伝
えているからです。

たとえば、この太陽系の惑星全てに知的生命体が暮らしているとのこと
などや。
「メタトロン」さんが伝えている「そこは、かつて巨人種達、ハトホル
達、そしてシリウスの歩くクジラ目の故郷だった場所です。レムリアの
人々の表層の神殿でした。」と言うことなどです。

地球には、かつて何代もの人類が生存したようですが、そのほとんどが
核戦争などで滅亡したとの事は、足立育朗氏が宇宙の中心から伝えられ
たこととして本に書かれている事です。

その先代の人類と私たち人類との肉体的なつながりはありませんが、巨人
種などは身長が10メートル位あったようです。
そして、歴代の人類の中で、現在の人類が一番小さいようです。
さらに、先代の人類の中には、長きに渡り「銀河文化」として宇宙との
交流があったとの事であり、「銀河文化」であれば五次元以上に達して
いたことになりますが、それらも最終的には滅亡したことなどのことが
「足立育朗氏」の本と同じように伝えられています。

日々、多くの「スピリチュアル情報」が寄せられていますが、それらの
中でも、この「メタトロン」さんが伝える情報は、より具体的であり、
明快であり、所謂、観念論的なことを排した納得できる内容だと思われます。


この点でも、足立氏が科学的な報告書として記した本と通じるところが
あります。
他の「スピリチュアル情報」とは、一線を画した内容だと感じられます
が、私は、この「メタトロン」さんが伝える情報が真実なのではと感じ
ています。

地底人のことは他の多くの「スピリチュアル情報」でも伝えられている
ことですが、この三次元物質地球の内部に住むというイメージが今まで
はしっくり来なかったのですが、それが五次元の内部地球に住むという
ことであれば、そのように発想を変えると納得が出来ます。

そして、この表面地球と私たちが次元上昇し五次元に到達すると、彼ら
地底人と会うことができると言うこともわかります。

しかし、彼ら地底人と言われる地球内部に住む五次元の存在たちは・・・


「レムリアの人間達は、地球の内部世界の生命維持環境の部分の中で暮
しています。
それは、地球の表層よりも遥かに安定しています。
かれらは非常に長い間そこで過ごしてきて、非常に完成に近付いた、ひ
とつの文明になっています。
現在彼らは、他の存在達が皆さんに伝える可能性がある内容にかかわら
ず、表層の人類と交じり合うことをまったくと言って良いほど望んでい
ません。
しかし、表層の世界で最初にレムリアの存在の一部だった比較的進化し
た人間達と今まで接触してきた彼らの指導者達の間では、ひとつの小さ
な偶発性は存在するかもしれません。

これは一般的に、人間の潜在意識の領域か、あるいは夢の状態で生じます。

幾つかの稀な発生率で、外交顧問と呼ぶことができるひとつの特殊化され
た中核部分が、皆さんの世界の政府機関や指導者達の一部と面会したこと
があります。
これは、核戦争の最も高い可能性があった時期であった、皆さんの世界の
第二次世界大戦直後の数年の中で起りました。

レムリアの人々のほんとうにわずかな人々が、危険を冒して物質的な姿で
地表上に向かいました。
何故なら実際に、彼らの適応した身体は非常に長い間、現在の日光(紫外
線の水準)に耐えることはできないからです。

この状態が、2038年の新たな天空の確立の後で変化し始めることになるで
しょう。」


と伝えており、彼らの本心は、私たちが五次元に次元上昇しても、ただち
に交流はしたくないようです。
それも当然です。
彼らは、この二元性三次元社会の悪にまみれた低次元社会の歴史を観察し
てきたのですから・・
ですから、2038年以降に少しずつ交流を進め、本格的には全ての次元
移行が完了した2312年以降になるようです。

このように、非常に興味深く、また、従来の発想とは異なる意識が生まれ
ることにも繋がることを伝えてくれていると思います。
やや長文ですが、一読の価値は充分にあると思います。


メタトロン 2012年11月18日 ラパ・ヌイの144 

ジェームズ・ティベロン経由 / Channeler: James Tyberonn
Easter Island -Rapa Nui 144 Umbilical of the New Earth 
18 November 2012
Archangel Metatron via James Tyberonn


わたしは無条件の愛の方向量の中で、ひとりひとりの皆さんに挨拶を
贈ります。
わたし達は、側近の天使達やラパ・ヌイの場所の霊を呼び寄せるため
に、少し時間を取ります。
わたし達は鮮やかに輝く螺旋状の方向量の中で、ハトホル達、そして
古代のムーの存在達と協力します。
しばらくの間皆さんの目を閉じて、わたし達の集合体の様子を感じて
ください…..

嗚呼、親愛なる人間の天使達、わたし達は皆さんを、個人的にも集団
的にも、愛情を込めて取り囲みます。
皆さんは、皆さんが完全に皆さん本来の精緻なエネルギーの姿を確認
することを阻んでいる、二元性の濾過装置を着用しています。
数多くの皆さんが、次元上昇が象徴する崇高な偉業を自覚さえせず、ほ
んの少数の人々だけが、皆さんがそれを創り出したという事実を理解し
ているだけです。
皆さんはすべて、完全に驚くべき卒業の最先端にいます!

親愛なる皆さん、地球は、巨大で強力で、そして皆さんが推測すること
ができるよりも遥かに広範囲の太陽系の一部になっています。
ひとつの物質的な地球が存在しますが、しかしまたひとつの現実性以上
の領域の中に存在し、数多くの変型が存在します。
地球は数多くの目的に奉仕してきて、これからも同じように奉仕し続け
ることになるでしょう。
地球の上空、表層、そして内部には特殊な数々の場所があり、そこでは
数々の次元が融合し、周波数の出入り口が発生します。
無数の洞窟の開口部があり、それは地球の遥か内部まで到達し、他の数
々の次元や、異なる経験と表現に属する存在達の領域に入り込んでいます。

わたし達は以前皆さんに、他の存在達や種族達が現在皆さんと全体的な地
球を共有していることを伝えてあります。
時間と空間の異なる数々の時代の中で、無数の他の存在達が現れては去っ
ています。
そのほとんどが、皆さんとは非常に異なる地球を認識します。
地球はその始まり以降、地球やその月の上や内部で暮らすことを選択して
きた無数の種族の故郷になっています。
彼らは空間、時間、次元、そして目的によって隔てられながら、お互いに
気付き、また気付かずに過してきました。
地球は他に類を見ないほどその内部で共生的であり、一部の存在達に対す
るキャンプ場であり、人類にとっては実験場になっています。
しかし、惑星上の大地の上または下に入るすべての存在達は、ラパ・ヌイ
を認識しています。
何故ならそれは、アルクトゥルスとの固有の配置を持つ極端に強力なひと
つのスターゲイトになっているからです。
地球の次元領域に入るすべての生命は、まずアルクトゥルスの出入り口を
通過します。
そのためわたし達は、ラパ・ヌイ、イースター島について伝えます。


巨大なポータル / Mega Portal

実際に、それは地球上で最も強力で固有なポータルのひとつであり、そう
したものとして数千年の間認識されてきています。
それは絶対的に、ひとつの強力で慈善的な‘地球の臍帯’です。
地球、その自然力の王国、そして実際に人類を支える、活力に満ちて、安
定的で、育成的なエネルギーです。

そこは、かつて巨人種達、ハトホル達、そしてシリウスの歩くクジラ目
の故郷だった場所です。
レムリアの人々の表層の神殿でした。
ほとんどの皆さんが、皆さんが自覚しているよりも遥かに多くの物事を
認識しています。
わたし達は皆さんに、それは桁外れな割合と重要性を持ったひとつの出
入り口を収容していることを伝えます。
そしてそれは、2013年の始まりの時に、極端に重要なひとつの役割を演
じることになります。
わたし達はそれに応じて、地球の管理者達にラパ・ヌイを経験して、そ
の数々の符号を受け取って固定するように働きかけるように、この交信
者に要請してきました。
明快な呼び掛けです!

さて、数々のポータルは通常、地球上空からの入り口になることを許す
空間の中のワームホール、あるいはスターゲイトになっていると考えら
れています。
イースター島の上に存在するその驚くべきポータルは、二重の8面体のマ
トリクスに属するものです。
それは、2つの8面体の“門”です。
地球の上空と下の入り口を備えたひとつの垂直な8面体であり、時間の中
の他の要所と結び付いているひとつの水平的な8面体のポータルの両方です。


ラパ・ヌイの144 / Rapa Nui 144

ラパ・ヌイ(イースター島)はまた、その言葉の正真正銘の意味として、動
力発生のひとつの要所です。
地球の地軸は、その性質においてスカラー波と呼ばれているものと類似する
エネルギーパターンを受け取り、また生成します。
ラパ・ヌイは球状の地球上の12の場所の内のひとつであり、この信じ難いエ
ネルギーの直接的なひとつの導管です。
ラパ・ヌイは、ギザと同時に他の11の巨大結節点とのひとつの非常に特殊化
された関係を維持します。
そのひとつの渦状のポータルとしての機能の観点から見た場合です。
わたし達は、惑星のグリッド上のその位置を、春分点歳差運動の中で機能し
ている、ひとつの主要な結節点になっているものとして確認します。

適切に経度‘ゼロ’が割り当てられているギザと伴に、イースター島は144度
という重要な進行の中に存在します!
それは、惑星のグリッドと周波数的な数値計算上の鍵の両方において、非常
に意義深いものです。
これは実際に、皆さんの世界の科学者や予言者達に認識されている理由と認
識されていない理由の両方の意味で、それほど遠くない未来において、さら
に重要なものになるでしょう。
ラパ・ヌイはひとつの新しい役割に向けて目覚めているところであり、そし
て新しい天空に対する南半球の中の4つの主要な維持装置のひとつになるでしょう。


安定化された領域 / Balanced Field

イースター島は、三角形を形成する3つの火山の溶岩から形成されました。
その火山は潤色が施され、シャスタ山とかなり似ていて、ラパ・ヌイの144の
ポータルの上下で発生する巨大な次元的な重畳に固定するために役立ちます。
ここで発生させられたエネルギーは信じ難いほど強力ですが、それにもかかわ
らず、親和的に安定しています。
それはほとんど音楽的な安らかさを醸し出し、それぞれの巡礼者や訪問者のこ
ころを開いて、高められた自覚的意識と神聖なる自己との霊的な融合に向かわ
せます。
それは、‘薄い覆い’をもったひとつの驚くべき場所です。
人は、ここでの瞑想の中で、桁外れに明快な明晰さで神性を経験します。

太平洋の海水に近接していることが、ラパ・ヌイを落ち着きと育成のこころのひ
とつのオアシスにしています。
この島は現在非常に小さいため、その海岸線上の海洋の波の効果が、親和的で心
地良い陰イオン性の電荷のプラズマの領域で、その地域全体を簡単にカプセル状
態にします。

他の方法でこのエネルギーの中に存在することは極端に強力なため不可能ですが、
しかし大地と宇宙のエネルギーの混合のおかげで、皆さんはこの地域を再生の結
節点と呼ぶことができます。

ここで機能する無数の力が極端に上手い具合に均質になり、この島の上で時間を
過す人々にたいして大幅に役立つ、ひとつのエネルギー的な誘導磁場を提供します。

そのエネルギーは文字通り人間のオーラの領域を安定させ、調整することができ、
また数々の慢性疾患を癒し、実際に寿命を延ばすことができます。
これはレムリアの人々によく認識されていたことであり、ラパ・ヌイは癒しの中
心地や霊的な拡大の場所として利用されました。
2013年の3月の昼夜平分時に始まることとして、エネルギー的に符号化された結晶
構造の光がこの地域に流れ込むことになるでしょう。

それは新しいひとつの時代の光であり、啓発された人類の出現を支え、促進しま
す。
それは数多くの人々のひとつの灯台になり、そしてそれは、地球の上と下で聞かれ
ることになるでしょう。
それは新しい天空を確認しながら、ひとつの壮大な再統合のための方法を準備し続
けています。

さて、特に莫大な有用性と複雑性、としてイースター島の力の結節点の極端な生成
のおかげで、それはひとつの桁外れな巨大な渦状のポータルになっています。
それはレムリアの時代に最初から良く理解されていて、そして実際に、地球が二元
性の惑星になる前に、数多くの存在達が地球の次元領域を最初に経験するときに利
用した、その入り口の門でした。
これは、最初の天空の時代のことでした。
ラパ・ヌイは、地球の次元領域への入り口のひとつの主要な要所としてのその機能
において、非常に活発なままです。

イースター島は、最初の天空の時代の中で、ひとつの理想郷の憧れの地として役立
ちました。
惑星のその局面では遥かに大きな陸塊であり、宇宙全体からの訪問を受けた場所で
した。
その地域の中に信じ難い数々のピラミッドが建設され、現在はそのほとんどが海水
の中に没していていますが、その幾つかは、空洞の地球と呼ぶことができるもの中
のその下の巨大都市の中に位置し、機能し続けています。

直線的な時系列でかなり後にあたる、アトランティスの‘黄金時代’の間、シリウ
スA、シリウスB、プレアデス、そしてアルクトゥルスといった数多くの地球外生命
体達が地球上に姿を現して、有機体の中の人間達と伴に歩んだ時、地球はそのよう
に計画されていました。

そうした遺跡の場所は、科学技術的に送受信するピラミッドで飾り立てられた状態
になっていて、そして回路化された数々の石柱がそういった場所や方向量の中に設
置されました。

イースター島、ギザ、チチカカ、パタゴニア、イスラエル、トルコ、アーカンソー
そしてニューグレンジは、こうしたもののひとつでした。

こうしたものの一部は、惑星の表層に存在しました。
他の数多くのものは、表層の下の周波数の亀裂の中に設置されました。

その回路と数々の伝送局が、数々の次元領域のより濃縮された集中的な融合状態と、
その内部のエネルギーの流れの安定化と制御の手段を可能にしました。
それにもかかわらず、その科学技術は高い周波数の思考に応じて活用され、その思考
によって運用されたこを、理解してください。

地球は皆さんが理解するものよりもかなり異なっていることを、わたし達は皆さん
に伝えます。
その状態を理解できるように‘コンピューター’に喩えてみると、ひとつの主要な
地球用プログラムがあり、そのプログラムの内部に数多くの下位プログラム、また
はファイルが存在し、それには異なる変型、異なる時代、そして異なる時空間の可
能性が含まれています。
そのため、この多少説明的な印象で、全体的な地球の内部には、数々の時空間の次
元が存在し、それは周波数によって分離されていることを理解してください。


全体的な地球の次元的な数々の回廊 / Dimensional Corridors of the Omni Earth

熟達者の皆さん、数々の次元は距離によって隔てられている訳ではなく、そして
そうなっているため、他の数々の世界、あるは他の全体的な地球の領域によって
隔てられている訳でもありません。
こうした世界は、事実通り、皆さんの物質的な現実性の限定された数々の法則の
内部で皆さんが考えることができる方法による物質的な旅によって、接近するこ
とはできません。

もしも人類がその現在の時代の中で、その思考を物質的な移動と同じ分だけ精神
的な移動に向けていたとすれば、全く異なる運動の物理特性の組合せが理解され
ているでしょう。
全体的な地球のすべての次元は、同じ時間のない瞬間と同じ(空間のない)空間
の中で発生しますが、しかし同じ周波数の中で発生する訳ではありません。

別の言葉で言うと、数々の次元は、ある意味でひとつのラジオ波が数多くの異な
る放送局の電波を運んでいる場合と同じ方法で、お互いに隣接しています。

地球には、今もいつも、特殊化された数々の次元の門が含まれています。
周波数的な数々の世界に対する入り口になっている、数々のポータルです。
ほとんどの人類にとって、それはひとつの未解決の問題点です。
何故なら、周波数的な移行には、こうした驚くべきポータルの通路の認識や明確
な開放が不可欠になるからです。

一体性の法則に属するアトランティスの人々、レムリアの人々、古代エジプトの
人々、チベットの僧達、そして特定の土着の文化(その前後も)は、これを行う
方法を理解し、特定のシャーマン的な訓練の下で、自分達の現実性やその次元的
な共鳴を変えることができました。


ラパ・ヌイの144、最初の入り口の門 / Rapa Nui- 144-The Original Entry Gate

わたし達が伝えてきたように、イースター島は、レムリアまたはムーと呼ばれて
いる時代の中の人類の経験の初期の複数の段階の間に、最初に地球の次元領域に
入るために数々の魂達が利用したポータルを収納していました。

それはギザに位置するスターゲイトと同じように強力であり、そしてギザに先立
って、特にアルクトゥルスとシリウスの存在達によって、利用されました。

イースター島の多様性の中で、皆さんは、ひとつの通路の上に立ち続けますが、
そこでは時間と周波数が、異なる数々の次元の中の数々の通路や一時的な立体
映像を提示することができます。
ラパ・ヌイの陸塊はまた、‘空洞の地球’と呼ばれているものに対する巨力な
開放の場所になっています。
それは幾つかの主要な入り口の中で最も大規模なものであり、それはレムリア
がもはや存続できない状態の時代に、レムリアの人々によって地球の表層の地
下の領域に入るために利用されました。

ラパ・ヌイは、数多くの符号の担い手達が引き寄せられて再訪する、ひとつの
陸地です。
何故ならその内部には、今後再活性化されるムーの数々の美しい記憶が含まれ
ているからです。
そのため、この陸地に引き寄せられる人々は、それを瞬時に自覚することにな
るでしょう。
ラパ・ヌイの場所のエネルギーは皆さんを歓迎し、そして皆さんの出現によっ
て恩恵をもたらすことになるでしょう。
そして実際に、皆さんは信じ難い活性化を受け取ることによって、恩恵を受け
ることになるでしょう。
ラパ・ヌイは、皆さんを思い出します。
皆さんは内部にひとつの種子を携えていて、それが再活性化し、定着し、そし
て皆さんの未来に現れ始める非常に特殊な再浮上と同調することになるでしょう。

皆さんの直線的な時系列で3世紀以内の間に、ラパ・ヌイはひとつの宇宙の憧
れと地として、再浮上することになるでしょう。
熟達した存在達が多元宇宙中から旅をして訪れるようになり、その大地が依然
として空洞になっていることを享受することになるでしょう。

ラパ・ヌイは、特に内部地球のレムリアと同時に黄金のハトホルと聖なるクジ
ラ目の存在達の再出現のために、もう一度ひとつの巡礼地や理想郷になるでし
ょう。
この局面の中で、海抜はかなり低下することになり、ラパ・ヌイは再びかなり
巨大な陸塊になっているでしょう。
そこはまた、すべての生命体に対する若返りと歓びのひとつの隠れ家になるで
しょう。
そこは訪れるすべての存在達をかくまい、育むことになるでしょう。
熟達した存在達が再び明らかにされた姿で人類の間を歩くのは、その最初の地
域の中になるでしょう。
そのエネルギー領域がその共鳴の内部で持続する次元を超えた表現を極めて明
確に提示することになるため、他に類をみないほど、そのようになるでしょう。
それは地球の内部世界の居住者に対する接点になるでしょう。
何故なら、その表層の領域のちょうど下が、古代レムリアと同時にハトホル達
の、最も大規模な都市のひとつになっているからです。
実際に、その2つはまさにつながっています。


地球の内部世界 / Inner Earth

数多くの皆さんが、事実通り全体的な地球の内側が居住できる場所であると考
えませんが、しかしわたし達は皆さんに、そこは完全に居住地になっているこ
とを保証します。
実際に、皆さんの太陽系のあらゆる惑星と同時に、皆さんの惑星の3つの月は、
表層の下の亀裂の中が、内部の居住地になっています。

地球の内部の数々の次元の中に居住している存在達は、大勢います。
しかしわたし達は、地球上の地球外生命体のどの種族も、現在敵対的ではなく、
干渉もしていないことを付け加えます。
実際に彼らは惑星のために、防護遮蔽体を提供し続けています。
すべてはアシュタルの集団か、またはシリウス・プレアデス連合と関係を持っ
ています。
一部の地球外生命体は地球の始まりから、実際に人類の出現前から、ここに存
在し続けています。
こうした存在達の中で最も有名な生命体には、シリウス、プレアデス、アルク
トゥルス、そして他の特定の友好的な連星の恒星系の存在達が含まれます。

彼らは複数の観察基地、あるいは実験室と呼ぶことができるものを所有します。
一部の存在達は、他の数々の領域との惑星の接点となる数々の側面を維持する
役割を持っています。


地球の内部(空洞)世界のレムリアの人々 / The LeMurians of Inner (Hollow) Earth

しかしその一方で、最も巨大な地球の内部世界の居住者は、レムリアの人間達
です。
最初の頃、地球が表層の陸地ではもはや人間の生命を維持することができなく
なった大惨事の局面に入る前には、数多くの皆さんが彼らに囲まれて存在しま
した。

レムリアは当初、その天空の時期に、地球がひとつの‘二元性の宇宙’になる
前の惑星上で発生したことを、覚えておいてください。
この局面の中で、人類は事実通り物質的な存在ではなく、そして地球はひとつの
理想郷の経験の中にあり、そこで人類は半物質的な姿で現れながら、意のままに
消えることができました。
天空の落下と両極性の領域が優位に立った後、身体はより密度が高くなり、数々
の濾過機能が定位置に現れました。
人生の遍歴が、選択された成長と課題のひとつになったため、人々の振動は両
極性の立場に移行しました。
人々の理想郷の存在は失われ、より大きな使命に置き換えられました。

レムリアの社会とエネルギーは、黄金のハトホルと黄金のイルカに属する育成
と無条件の愛の側面を受け入れました。
彼らの変型もまたかなりの部分を妖精の王国に同調し、彼らはすべての自然の
深い愛を表現しました。

地球の環境がもはや人間の生命を維持することができなくなった時(過去に何
度か起りました)、約65%のレムリアの人々が地球の空洞の中に入ることを選
択しました。
他の人々はアトランティスに転生することを選択し、別の人々は人類に奉仕を
するために、聖なるクジラ目(イルカ)の領域に向かいました。
わたし達は以前皆さんに、イルカ達や鯨達は、現在の地球の3分の2を網羅する
海洋の数々の力の結節点やエネルギーを調節し、歓びに溢れながらそれを引き
上げ、そしてそれを定着させていることを伝えておきました。
彼らは、愛に溢れる水の守護者達です。


生理的な進化 / Physiological Evolution

空洞の地球への順応は、数多くの世代を必要としましたが、レムリアの共同体
はそれに応じて、地球の内部世界の環境とお互いの両方で順応しました。
そのため、精神、霊、そして身体はその結び付きを承認し、神聖なる意志を通
して、まさにその移行が起りました。
人間の身体は順応し、急速にその生理に進化してその内部と外部の環境の必要
性に合致するようになることを、わたし達は皆さんに伝えます。
幾つかの短い世代の範囲内で、以前は有毒だった環境が極めて快適な環境にな
ることが可能であり、そしてそれが、穏やかなレムリアの人々の経験でした。

実施に、この驚くべき生理的な適応力は遠い昔の事例ですが、しかしそれは、
再び皆さんの考えられる未来の中の事例になるでしょう。
地球上の数々の出来事はこれから数世紀の間は進歩し続けるため、地球の地下、
地球の表層、同時に月や遥か遠くの木星や土星にある実験的な数々の共同社会
が確立されるようになり、そしてそれぞれの事例の中で、人間種の身体は順応
し、そして順応しながら新しい親和性を持った故郷を作り上げることになるで
しょう。

そして話を続けると、地球の内部世界のレムリアの人々は今、表層で暮してい
る人類の身体よりもかなり密度が低い体の中に存在します。
彼らは、自分達の環境を調節する精神的な能力を持ち、多少カメレオンのよう
な、周波数的に変容させることができる姿をしながら、自分達の環境に対して
弾力性があり適応性がある身体の中で暮しています。
彼らの視界も今まで進化してきて、光の可視的な波長分布と呼ばれるものの上
下に広がるかなり広範囲に及ぶ視界の視認性で、自分達の環境の正確な画像を
把握することができます。
彼らは、イルカの音波探知器と類似した能力を発達させてきました。
彼らの姿のためにひとつの骸骨のような骨組みがありますが、しかしそれは、
本来はさらに伸縮性の高い融通が利くものです。
彼らの肌は淡い灰青色ですが、これは彼らが飲む水の豊かなミネラル含有量の
せいです。
彼らは、その身体に活力を与える栄養素を、ほとんど直接彼らが飲む強化され
たミネラル飲料水から抽出しています。
彼らはスピルリナに類似した水性の藻のひとつの形態を養殖しています。
彼らの身体は、ほとんど固形の老廃物を生み出しません。
彼らの身体はより長寿を維持することができます。
彼らの寿命は、地球の表層の人間の3倍から4倍になります。


地球の内部世界の生命維持環境 / Life Sustenance in Inner Earth

レムリアの人間達は、地球の内部世界の生命維持環境の部分の中で暮してい
ます。
それは、地球の表層よりも遥かに安定しています。
かれらは非常に長い間そこで過ごしてきて、非常に完成に近付いた、ひとつ
の文明になっています。
現在彼らは、他の存在達が皆さんに伝える可能性がある内容にかかわらず、
表層の人類と交じり合うことをまったくと言って良いほど望んでいません。

しかし、表層の世界で最初にレムリアの存在の一部だった比較的進化した
人間達と今まで接触してきた彼らの指導者達の間では、ひとつの小さな偶
発性は存在するかもしれません。
これは一般的に、人間の潜在意識の領域か、あるいは夢の状態で生じます。
幾つかの稀な発生率で、外交顧問と呼ぶことができるひとつの特殊化され
た中核部分が、皆さんの世界の政府機関や指導者達の一部と面会したこと
があります。
これは、核戦争の最も高い可能性があった時期であった、皆さんの世界の
第二次世界大戦直後の数年の中で起りました。


レムリアの人々のほんとうにわずかな人々が、危険を冒して物質的な姿で
地表上に向かいました。
何故なら実際に、彼らの適応した身体は非常に長い間、現在の日光(紫外
線の水準)に耐えることはできないからです。
この状態が、2038年の新たな天空の確立の後で変化し始めることになるで
しょう。

シャスタ山で表面化しているここしばらくの間のレムリアの人々の報告の
多くは、多少誇張されたものか、あるいは夢の情景からの数々の思い出で
す。(しかし実際に、夢の視野の潜在意識の領域の内部では、相互作用が
存在します。)

レムリアの人々は、単純に現在惑星の表層世界に物質的な身体で現れるこ
とはありません。
何故なら、彼らの物質的な身体は、数々のウィルス、特定の細菌性の感染、
そして日光への過度の露出に対して極めて脆弱になっているからです。
彼らの物質的な視覚は、地表上で現れるものよりも異なる光の形態に適応
しています。
レムリアの人々はまた、表層の世界の民衆達の数々の敵意や問題点をかな
り自覚していて、人類が今後3世紀かけて進歩するまで、彼らの現在いる
場所で終始することにかなり満足しています。

レムリアの人々は、最初の天空の落下の後の惑星の二元性の領域への移
行に対して、多少困惑していました。
彼らはいつも暴力と侵略に嫌悪感を抱いてきましたが、それはひとつの
社会と文化がそれに対抗しながら困難を経験してきたためであり、ある
いは、それに対抗する防御方法や、何時それを行うかということさえ学
んできたからです。
ほとんどのレムリアの人々が内部の次元領域に移動したのは、これがそ
の理由です。
皆さんの太陽系のすべての惑星は、その内部領域で暮している社会を持
ち、そして原則として、内部に居住している数々の社会は、より霊的に
進化していることを、わたし達は皆さんに伝えることになるでしょう。

強さはひとつの愛の属性であり、そして強さのない愛は不完全であると
いう事実はそのままです。
それにもかかわらず、レムリアは意志の強さを達成するひとつの方法を
見つけ出しましたが、しかし数々の暴力の問題を成功裏に解決しながら、
立ちはだかる二元性の問題を解消することは、今までしてきませんでした。
それは、皆さんの過去の幾つかの文明に対するひとつの問題になったま
まです。
それはひとつの困難な立体パズルですが、しかし、二元性を習得するた
めには必要なものです。
それが解消される時、それは創造主精神における拡大的な成長と桁外れ
の飛躍をもたらしますが、しかしまた、それはひとつの複雑な仕事です。

人類の表層の構成員の一部は、内部地球のレムリアの人々とより共鳴し
ていることを、わたし達は付け加えたいと思います。
何故なら、彼らは地球の内部世界と同時に地表上の中の両方で転生して
きたからですが、しかしこうした人々は少数です。
こうした特殊な魂達は、両方の領域にひとつの独自の称賛に値する貢献
を提供しています。
そして約15世代かけた人類の集団的な次元上昇の後でレムリアが浮上し
始める時、彼らはひとつの重要な役割を演じることになるでしょう。
この浮上は、イースター島、パタゴニア、アーカンソー、チチカカ(テ
ィアワナコ)、サンフランシスコ山(アリゾナ州)、トルコ、グアテマ
ラ、ユカタン、そしてシャスタ山から主要な出口の要所の一部の場所の
中で、起ることになるでしょう。


結びとして / Closing

2013年以降、皆さんの前に多くの物事が横たわっています。
何故なら、時間の機能と大地の機能がその隠された数々の階層を明らか
にするからです。
時空間の数々の回廊が今開き始めていて、皆さんに現在、過去、そして
未来を創造する恩恵を提示しています。

数多くの皆さんが、皆さんは皆さんの最後の地上の人生経験の中にいる、
と感じています。
わたし達は皆さんに伝えますが、2038年を超えて2312年に向けて、数多
くの皆さんが戻ってくることを選択するでしょう。
学びのためではなく、祝祭のために、そして歓びに溢れた再統合のため
に。
何故ならこの局面の中に、啓発に向けた人類の集団移行が起るからです。
ご存知のように、2012年は地球の次元上昇であり、結晶質のグリッドと
マトリクスの拡大であり、しかも2012年の拡大が、集団における人類の
啓発と次元上昇を許します。
皆さんは、それは遥かに遠い時間だと感じるかもしれませんが、しかし
それはさらい高い視点からは、一瞬の時間に過ぎません。

この局面がさらに近付くに連れて、皆さんは、指導霊たち、教師達、そ
して数々の周波数の内部やほとんど皆さんがまだ訪れていない内部の空
間に居住いしている訪問者達の恩恵を、経験することになるでしょう。
この稀有な回廊、ラパ・ヌイを通して、それが、新しく、興奮を誘う、
素晴らしい方法で明らかにされる皆さんの地球を映し出す、数々の世界
を許します。
それが、地球がこれほど徹底的に魅力的な理由です。

地球が属する恒星系は、壮麗な卒業に向けて、そしてひとつの精緻な結
晶構造の共鳴の段階に向けて、急速に脈動を続けています。
地球の次元上昇は、大宇宙全体に影響を与え始めている、その進化上の
飛躍に刺激を与え続けています。
それは時間の巨大な計画の内部のひとつの稀有な出来事であり、その中
で、二元性の経験がさらに高く移動し、そしてすべての周波数、すべて
のエネルギー、大宇宙の内部のすべての生命が、引き上げられます。

わたし達が既に皆さんに伝えたように、2013年は真の始まりであり、
終わりではありません。
その壮大さのすべての中に存在する新しい地球が、事実通り今展開し
始めています。
これは、地球がその存在を作り直し続けると同時に、皆さんが存在して
いる世界の作り直しという特別な素晴らしい時代です。
わたし達は皆さんを称賛し、そして皆さんに愛の祝福を降り注ぎます。
皆さんは事実通り壮麗な存在です… 決してそれを忘れないでください。
わたしはメタトロン、そしてわたしは皆さんとこの真実を共有します。
皆さんは最愛なる人々です!
…そしてその通りに…そしてそのように…
…And so it is…And it is so…

If you wish to receive future Earth-Keeper Newseltters, click the button below.

© 2012 James Tyberonn All Rights Reserved www.Earth-Keeper.com

This Metatron message may be published online as long as you you do not charge for it, do not alter , abridge or edit it any way, credit the website, author and include this entire copyright notice . It may be posted on Utube or printed in magazines only with expressed permission. from Earth-Keeper Admin. For authorization contact Anne at Tyberonn@hotmail.com

http://lightworkers.org/channeling/171405/archangel-metatron-easter-island-rapa-nui-144-umbilical-new-earth

by 森のくま (2012-11-23 17:48)

http://blog.livedoor.jp/sisia3413/archives/20457663.html
http://blog.livedoor.jp/sisia3413/archives/20457685.html


転載終了

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
| アセンションと次元移行 | NEXT
イミグラン錠