今大きな転換の時期を迎えています。アセンション、5次元へあなたは入れるか。それは各自の意識の持ち方しだいです。私たちの宇宙は急速に変化を遂げているようです。

皆さまアクセスありがとう?
2011-07-31 Sun 23:57

この半年ほどアクセス数がかなり多くなっているようでやはり後1年数ヶ月
で時が迫ってるからでしょうね。
それに伴い私のサイト書き込みも増えています。
何かにせっつかれるように、あなたも僕もネット活動をしていますね。

アセンションは急激(数日で通過)な変化をするものではないと思います。
焦らないでください、焦る必要はありません。そのことに気づいただけでも
大きな進歩ですね。

僕はこのため(アセンション=進化)にこの地に居ることを自覚しました。
大きなことはいいませんけれど、この星のために・・・

アセンションに関してのサイトは色々ありますけれど、ここのサイトの特徴は
遊び的要素を取り入れて進めていることに皆さんは既に気づかれていると思います。

 こんな不真面目なアセンションサイトは殆どありませんけれどいい事
書いている部分も多少はあると思います。

  子供の頃、親が科学本を買ってくれて、原子核・中性子・電子など・・原子番号などを
勝手に覚えたりしていまして、その系統の内容が好きですけれどアセンションを迎える
には余り必要が無いようですので、主に意識的な内容を書いています。
 これが非常に重要なポイントなのですね。

私は過去、意識的に心を育てていました。
心は勝手に成長するわけではなく体験の中で成長しますね。
 3.11の地震という現象により多くの方が被害に合われました。
これが何故この時期に発生したか、多くの心に影響をあたえました。
つまり多くの人々の心を成長させたことも事実だと感じました。

言葉で言ってもわからないので、地球は強制的に出てしまった・・・
これで終わりとは思えませんね、・・

皆さんのコメントを掲載してよいのか、掲載しないほうがよいのか不明の
ため今後は、掲載して欲しくない方は伝えてくださいね。ネット上に出さないことは
可能ですので宜しく連絡お待ちしています。

関連記事
スポンサーサイト

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
暗闇」も倍増して見える意識変革の時代
2011-07-31 Sun 10:08

この惑星で起こっている、もっとも大きな変化のひとつはみなさんの意識、そして精神性、
スピリチュアルの探究であり、拡大です。
その変化が起こっていなければ、私たち(バシャールなどの高次の宇宙存在)はこのよう
に交流していないでしょう。

ただ、この惑星で多くのみなさんが意識を光の方向に拡大していると同時に、一方で、多
くの人々が暗闇に向けて意識を拡大しています。それはこういうことです。

みなさんはいま古いサイクルの最後、そして、新しいサイクルの始まりのところにいます。
古いサイクルを完了するときにはいつも、その移行を早めるために、スピードが加速され
ていきます。
ですから、何であれみなさんが自分の中にもっとも強く持っている波動が倍増し、より速く、
より強力に現実化してきているのです。

だからこそ、みなさんの多くが意識を拡大させ、成長していると同時に、地球上のあらゆ
るところで苦しみやネガティブなことが増えているように見えています。
それは、古いサイクルの中に残っていた葛藤が非常に倍増した形で表面に現れてくるの
です。

表面に現れることによって、自分の中にあった光の部分も闇の部分もはっきりと見ること
ができるのです。それによって、自分が未来に何を望むのか、はっきりと意識的に選択す
ることができるのです。

多くの人たちが怖れの中で生き、その怖れによってほかの人たちに怖れを引き起こして
います。
そういったことが少しの間、どんどん強くなっているように見えるでしょう。
しかし、暗闇というのは持続できる波動ではないので、否定的なエネルギーを長いあいだ維持
することはできず、やがて自滅していきます。

《ポジティブなエネルギーを新しいシステムに使う》

そのような時代にありますから、2005年から2015年の間に古いシステムは崩れはじ
め、昔のように機能しなくなっていきます。
ですから、古いシステムを変化させようとすることには、実は何の利益もないのです。

それより、想像性やポジティブなエネルギーを新しいシステムづくりに使う方が有益で
す。
そうすれば、古いシステムが自滅したとき、新しいシステムが自動的に置きかわるのです。
ですから、精神性や意識、情熱や喜びを探究しているみなさんのような人々が、新しいプ
ロジェクトや技術などをつくりだすために自分たちの情熱のアイディアを使うことが非常に
大切なのです。

それによって、古いシステムが機能しなくなったとき、ほかの人々をサポートすることが
できます。
そのとき、壊れていくものに意識を向けないでください。不安に思ったり、心配したりする
必要はありません。よりポジティブな方法でつくりだされる新しい可能性のほうにフォーカ
スしてください。

みなさんが新しいシステムをつくりだすにつれて、地球上のさまざまな文化、さまざまな
国のあいだでいままでよりもっと開かれたコミュニケーションがされるようにもなります。

そして、それによって、地球規模でのサポート・システムをつくり、新しいシステムを確か
なものにしてくれる新しい種類のネットワークが形づくられていきます。

上記の内容は、「BASHAR2006」(著者‘ダリル・アンカ’株式会社ヴォイス発行) 
より引用しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

当ブログの過去の記事の中でも何度か述べてきましたが、波動・エネルギーなどの
スピリチュアルな状況に変化が起きても、3次元的な物質世界における変化は、同時
もしくは後になって起こることがほとんどです。

ですから、現段階の地球上の現状も、エネルギー的には地球全体が総合的に高まり、
さらに加速度を増してエネルギーが与えられていることなどから急激な変化をし続けて
いるわけですが、3次元世界における出来事や、社会の体制や、個々の意識や人間関
係など、現実世界においては徐々にポジティブな方向へと変化が起きているものの、実
際のエネルギーの総合的な高まりに見合った変化が起きていると認識できるような状況
にまでは至っていないと多くの人が感じていることでしょう。

根本的・総合的には様々なポジティブな変化は起きているとはいっても、私たちにとって
は目にする現実的な状況の中には、4次元世界への移行の間近とはいっても、まだ今
の時点では4次元世界に近いポジティブな状況であると、心の底から実感できるような
状況になっていると認識できることは、まだそれほど多くはないことでしょう。

そして、この先、地球上が第3密度から第4密度へと変わる時、つまりアセンションした
時にも同様なことが言えますので、アセンションして波動・エネルギーの状況が4次元
世界へと移行しても、現実世界の状況は変革の途中であったり、個人内でも葛藤して
いる最中のままアセンションする場合もあったりします。

ですから、アセンションして波動・エネルギーの状況が大きく変化した次の瞬間に、す
べてが4次元世界に見合った状況に至っているというような奇跡的でありマジックのよ
うな状況で瞬時に変わるのではなく、社会の体制や人間関係などの現実世界の状況
は、今のようにこの先も徐々にポジティブな状況へと変化し続けていくことが多くあります。
また、個人の領域内においても、自己の責任や自由意思による選択によって変化し続け
ていくのです。

そして、結果的には波動・エネルギー・密度の状況に見合った、4次元の世で必要なポジ
ティブな状況に至るわけですが、それまでの間の葛藤の解決も変革も、その多くが今の
ように地球に関係する魂の自由意思による選択にかかっているのです。

先ほど述べましたように、波動・エネルギーなどのスピリチュアルな状況に変化が起きて
も、3次元的な物質世界における変化は、同時もしくは後になって起こることがほとんど
なのです。そして、4次元世界に移行しても、同様にすべての世の中の状況や個人内の
意識が瞬時に4次元世界に見合った状況に至るのではなく、変化は常に続き、同時もしく
は少し後になって、結果的には完全にその次元の波動・エネルギーの状況に至るのです。

地球上は2012年12月の冬至の頃にはアセンションします。そして、波動・エネルギー・
密度の状況は4次元へと変化します。しかし、上記に記述しましたように、世の中のあら
ゆる状況や個人内の意識や人間関係も、すべてがすぐに4次元の世に見合った完全に
ポジティブな状況へと変化するわけではありませんので、しばらくの間は政治や経済や
教育や人間関係などのさまざまなことにおいて、まだ残っている3次元世界特有のネガ
ティブなことが完全になくなるまで、それなりの葛藤は続き変革していくでしょう。そして、
直線的な時間で数十年年間はさらなるとてもわくわくするようなポジティブな変化が続い
て、数十年先には、世の中の状況も個人の意識も、完全に4次元の世の波動・エネルギ
ーの状況と一致するまでに至るでしょう。

ちなみに、次元が低いほど、波動やエネルギーといったスピリチュアルな状況と現実世
界での状況とが瞬時に一致するよりも、徐々に変化したり後のちになって現実化したり
する場合が多いのですが、次元が高くなるにつれて現実化するスピードは早まっていき
ます。ですから、今の地球上は3次元世界とはいってもエネルギー的には4次元世界に
ほど近い状況まで至っているので、波動・エネルギーの状況に見合ったことが現実化す
る時間はどんどん早まっているのです。

そしてこの先、アセンションして4次元そしてさらなる高次元の世に移り、人の意識も世
中の状況も完全に高次元の状況に至ってからは、スピリチュアルな状況も現実も、その
すべてが一致するのです。思ったことすべては瞬時に現実化するのです。愛と平和と統
一の世となり、宇宙のすべてが1つであることをはっきりと認識することができ、宇宙のす
べての存在を家族のように感じて無償の大きな愛をめぐらせるようになるのです。

別窓 | バシャール | コメント:0 | トラックバック:0
アセンション後の5次元とは
2011-07-31 Sun 09:54

それでは今回地球がアセンションし5次元に存在すると言うことはどういうこと
なのでしょう?
5次元とは、俗にいう神の領域なのです。

思ったことがすぐに実現する世界なのです。ですから思考内容が即実現しま
すから安定した思考でないと事故が起こるということですね。
 

太古の昔、天照大神やイザナギの尊イザナミの尊・スサノオの尊がいたころ
は、文字通り神の国だったのです。

5次元にはネガティブなものは一切存在出来ません。
すべての人々は、宇宙とつながり地球上で因を生きることになります。因を
生きるとは、瞬間を生きることです。
3次元のように結果を生きているのではないのです。三次元では原因が結
果を作りその結果が原因となってまた結果を作っています。
これは時間が存在するために因果応報にタイムラグがあるためです。
しかし5次元では、思い即結果ですから、思ったことはすでに結果として目
の前に現れていることになります。
ある啓示では、「半霊半物質」と言う言い方をしていますが、日本神話に出
てくる羽衣を着た神様を思い浮かべると、イメージ出来るかと思います。

今現在、刻々と時間が短くなっています。
10年前と比べると、一日の長さが三分の二程度まで短くなっているようです。
2012年12月22日にはゼロ時間になるようです。アセンション以降、人は
神ながらにして生きることになります。

果たしてこのような説明で理解できるかどうかは疑問ですが、こういうことな
のです。

現在地球上で、さまざまな事件が起きておりますが、これらはすべて地球
の次元アップについていけない魂が、脱落してゆく姿だと思っていただけれ
ばと思います。地球の波動が高くなっていますから、その波動についてゆ
けなくなると、精神状態が益々ネガティブになって行き、ついには命を絶っ
たり、事件を起こしたりしているのです。
また、加害者になられた方は、事前に命の期限が決まっていた方か、次
元アップにより地球上での修行を卒業された方か、もしくは魂が卒業した
いと望んだ方なのです。

アセンションまであと4年半、これから益々この二元化は進むことになり
ます。善い人は益々善くなり、悪い人は益々悪くなります。明暗がはっき
りと分かれるようになり、ついには悪の存在は地球に存在できなくなるの
です。

今現在死期を迎えている方々は、死後選択することになります。いずれ
にせよ地球上の肉体は魂の借り物ですから、肉体が存続するとかしない
と言う次元の話ではなく、霊的に進化したかどうかが問題なのです。

振るいに掛けるとは、生きるとか死ぬと言うことではなく、魂の進化によっ
て行くところが決まると言うことなのです。
アセンション後、肉体を持ってこの地球に残りたいなら、愛と感謝に生き
ポジティブに生きることです。決してネガティブな波動を出さないことです。
出せばそれが原因となってまた新たなカルマを作ってしまいます。
ですからすべてを神にゆだね、ポジティブに愛と感謝で生きていれば、
自然とアセンションを迎えることが出来るのです。

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
全てバイブレーション
2011-07-31 Sun 07:42

宇宙に存在しているものは、全てバイブレーション・波動です。
この波動は、波長が粗いほうから細かいほうに、肯定的な方向にと、常に変化していきます。
これは存在するものは全て、自然の流れでは肯定的な方向に変化して行くという、宇宙の基
本原理の一つです。

地球自身および、地球上に存在する全ても、また波動です。
これ等の全ては、それぞれが存在を始めてから、それぞれのレベルに合わせて、その波動
の振動数を少しずつ上げて来ています。

宇宙の多くの星では、その星に存在している生き物、その星を構成している全体、それらが
一斉に同じペースで、波動を上げて行きますが、地球では、地球世界を構成している色々な
ものが、それぞれ自分のペースで、テンデバラバラの変わりかたをしています。

この原因の一つは、何億と存在する人間が、変わりたくない、変化を遅らせたい、などの意識
を持っていることも、これに大きな影響を与えています。
その結果として、いままでは、非常にゆっくりとした変わりかたとなっていました。

これが何千年単位という変わり目・節目の時に、それぞれの変化するペースが一致してきて
いまは地球および地球上の全てが、同時に変化を始めています。そのため、地球における波動
の集合振動数が、急激に上昇して来ているのです。

  いままで、3次元の物質として存在していた地球世界が、その波動の振動数を急激に、これ
からもどんどん上げていくと、当然の結果として、ある波動レベルに達すると、物質としては存
在出来なくなり、物質を超えた方向に向かって行くことになります。これが「精神世界」に関心を
持つ人々の間で、いま言われている、アセンション、という現象です。

  地球世界全体が、それぞれの波動の振動数を上げている、という状況において、地球自身
も自然の流れに従って、引き続き波動を上昇させて行きます。

その結果として、物質である人間の肉体も、動物も、草も木も、その時その時の地球の波動レ
ベルに合ったものだけが、地球に存在していくという状態になります。

  この上昇していく地球の波動レベルに、共鳴しシンクロ出来ないものは、結果として、地球
上から去って行くことになります。いままでの歴史の中でも、絶滅したと言われている、古代
の種族や、動物も、植物も、その時々の地球の波動レベルに合わなくなったために、地球上
からは消えていった訳です。

  この急激な地球の変化の時期には、地球全体のエネルギーが、いわば、かき回される様な
状態となっています。従って、いままで、底に隠されていたネガティブなものが、表面にどんど
ん浮上して来て、地球が悪い方向に向かっていると間違えるほど、犯罪、戦争、その他、色々な
「悪」(悪に見えるもの)が、目に付く様になって来ています。

しかしこれ等は、急激な波動の変化が収まって行くまでの、途中経過の出来事に過ぎないのです。

  また、この様な大きな変化の境目に於いては、この変化に取り残される様に見える人達が多く
出て来ます。これ等の人達は、意識的乃至は無意識的に、この変化を受け入れたくない、この変
化を阻止したいとして、ネガティブな想念の塊・集合意識となって、地球の変化を阻害することがあ
ります。
これ等は過去にも、アトランティスの崩壊など何回か起こっています。

  地球上の人間世界は、そこに存在する総人口の、多数の割合を占めた意識の集合が、その時
々の世界を造り上げています。

従って、現在の人口64億の多数が、この変化に抵抗したり、ネガイティブなエネルギーを噴出した
りすると、地球がスムーズに変化出来なかったり、何らかの否定的な出来事が起こったりする恐れ
もあり得ます。

  これを避けるためには、世界の人類64億の中で、意識的であろうと、無意識的であろうと、この
地球の変化を受け入れて行く人や、肯定的なポジティブな意識を持つ人を、出来るだけ沢山増やす
ことです。

この割合が増えれば増えるほど、いわゆるアセンションが穏やかに進行して行くことになります。

  この大きな変化を乗り切れないと、地球が破滅する、という説を唱える人達もいますが、それは
起こり得ません。

人類は、人類自らの否定的な想念が大きな形でぶつかり合って、自らが自滅的な方向性を辿る

ということはあっても、地球自体は多少ギクシャクがあっても、自然の流れに乗って坦々と波動を
上げていきます。
この二つを混同している人達も多い様です。

  

地球がこれから、さらに波動を上げて行った場合、そこに存在する人類の辿る方向は、二つに分
かれると考えられます。

一つは、地球と共に、自分自身も波動を上げて行き、常に地球とシンクロしながら、自らも高い波
動の世界を目指す(即ち、いわゆる4次元化、5次元化)して行く方向。

または、二つ目は、地球と自分自身の波動が、ある限界を超え、シンクロが出来なくなった時点で、
地球を去って(即ち、肉体的には死ぬ)、次に再生する時に、いまの自分の波動に相応しい世界
(例えば、昔の地球の波動に似た星)に転生する方向。

  従って、よく言われている様に、いわゆるアセンシヨンと言われるこの状況から取り残される様
に見えたとしても、一切心配はいりません。

ただ単に自分の好みに合った、元の地球型の世界に転生するだけのことです。
このことは、自分という波動を自分に合った世界にシンクロさせるという、一種の物理的な現象で
あり、また単なる選択の問題でもあります。

  地球上では、この現実に存在している(即ち、地球の波動に完全にシンクロしている)ものが、
この現実を動かす当事者として、一番パワーを持っています。人間に於いては、生きている人間
が、常に地球に於いてのプレイヤーです。地球から波動的にシンクロせず、少し離れて外にいる、
宇宙の存在も、ハイヤーセルフも、いわゆる神々も、アドバイスを貰うことは出来ますが、やはり
サポーター的存在です。

  このアセンションという地球の波動の上昇を、穏やかに、スムーズに進めて行くためには、人
間に於いては、64億の人間の集合的意識の心の持ち方とその行動が、大変重要となっています。

出来るだけ多くの人々が、この変化を素直に受け入れ、どんな状態においても、肯定的なポジティ
ブな意識を持ち続けて行く必要があります。

  いま世界では、癒しを求めている人が、本当に沢山います。インターネットで「ヒーリング」を検
索しますと、癒しのサイトが何百万件も出て来ます。これ等の「癒し」によって、一人でも心が穏や
かになり、一人でも前向きに生きて行くことが出来たら、それが地球全体のエネルギーを軽くして、
アセンションをそれだけスムーズに行なわせることになります。

  これ等の行動は、ヒーラーにとどまらず、国民が生き易い様に活動する政治家でも、人を楽しま
せるアーティストでも、病気を治す医者でも、NGOのボランティアでも、人々が楽しく生きて行くこと
に、心を軽くすることに意識を向けて働いている人は、これに深く係わっていることになります。
これ等は余り表面には現れませんが、世界中で何百万何千万の人々が、意識して乃至は意識せず
に、地球の穏やかなアセンションに大変大きな力を与えているのです。

  これと共に、直接的には人々の癒しに携わらなくても、我々一人一人が常に自分の心を穏やかに
保ち、肯定的なポジティブな意識を持って、前向きに活き活きと、生きることです。これが地球のアセ
ンションを穏やかに移行させる助けとなり、また、自分自身が大きな変動期を、上手に乗り切るため
の最善の方法でもあります。

  

*ご参考*:最初のページ【ある宇宙の側面からの言葉】:

宇宙や地球の変化に同調するためには 自分の呼吸に素直に従ってください その呼吸その
ものが 宇宙の変化のリズムをあらわしています 自然でいてください できるだけ自然な自分
 自然な流れでいてください

このアセンションといわれる波動の変化によって、これから地球上で起こって来る現象は、地
球全体のエネルギーの制限が緩くなる、流動的になる、活発化して行く、枠が取れて行く、意
識によって色々なことが現実化し易くなる、などの方向性です。一言でいうと、エネルギーが『自
由』になって行くのです。

その結果として起こる意識的変化としては、これはこう在るべきだという固定観念が、どんどん
崩れていって、いま迄の常識では出来ないと思っていたことが、出来る環境になって行くことです。

物質的変化の判り易い例としては、ここ20~30年の若い日本人女性の体格の変化です。
現在はいわゆる小顔で、足が長く、身長が170~180cmの人も珍しくありません。
昔の女性に比較して身長が、30~40cm以上も高くなっています。
これは、身長が高くなりたい、スタイルが良くなりたい、という日本女性の強い意識が、この地
球の緩くなった波動状態の中で、20~30年位の短期間に実現させてしまった、と考えられます。

この様な制限や枠が取れて行って、エネルギーが流動的になって行く時代においては、「私は
私である」という、自立した意識が最も必要とされます。周囲の状況や言動に振り回されない様に
、影響を受けないように、自分自身をしっかり保ち、自分の生き方や自分の未来は、自分で判断し
自分が決める、ということが必要なのです。



●アセンションという地球の変化の時期における生き方●

・自分の意識という波動を、この地球という波動に、さらに、自分という「個」の波動に、自分という
肉体の波動に、常にしっかり焦点を当てて生きる(即ち、グラウンディングさせる)。

・私は私であり、私のことはすべて私が判断し、私が選択し、私が決めるという、時代や、社会や、
世間や、さらには、家族などの周囲や、自分の「上位の存在」からさえも、自立した自由な意識を
持つ。

・自分の意識の中にある既成概念や固定観念を手放して、物事に執着せず、「過去」に囚われず
自分の過去からも自立して、変化することを受け入れて、常にポジティブな意識で前に向かって
生きる。

・自分の今生や過去生の体験で、自分が自分に対して造り出し自分の中に堆積している沢山の
ネガティブな意識が、次々と表面に出て来るため、これらのネガティブな、心、思い、感情などを、
どんどん手放して、自分が自分から自由になる。

*ネガティブな意識を解放する方法:自己の解放①、自己の解放②。

・視野を広くして、常に高い視点から、すべての物事を視て、認識し、 て、判断して、些細なこと
に囚われず右往左往せず、自分自身を信 頼して、宇宙を信頼して、しっかり自分の両足で立っ
て生きる。

・自分に素直になって、自然な呼吸をして自然体で、自分の自然な流 れに乗って、存在してい
ることを感謝して、生きることを楽しむ。

・自分の内面と、自分の肉体と、自分の周囲と、すべての人々と、動 植物と、自然のすべてと、
地球と、宇宙と、これらの自分に関わるすべてと調和して生きていく。

このように、地球のアセンションという変化を受け入れて、私は私あるという自由な自立した意
識をもって、すべてに調和して生きる、このことがこの時代に一番必要とされています。



なお、地球の波動がこれからもさらに上昇を続けていくと、どの様な世界に変わっていくか、
近い将来にも予測されることは、あるハイヤーセルフによると、「物質を超えたエネルギーを、
色や形で捉えることが出来る世界」

「現在だけでなく時を超えて情報を認識し、情報を知り、視覚として捉える人が増える世界」

「時間の概念が、いま迄とは大きく変わる世界」

「肉体の概念が大きく変わり、肉体は目に見えるものだけではないと

 判ってくる世界」

「いま迄は一部の人しか知り得なかった真理を、万人が悟れる世界」

などです。

 

この様な世界が何時実現するか、および、さらに波動が上がって、物質を超えた方向に
何時向かうか、などは、人類64億の集合的意識の

多数がこれをどう望むか、この様な状態をどう受け止めるか、人間一人一人が日々どう
いう思いで生きていくか、などの結果に大きく影響を受けます。従って、時期はこれから
変動して行くことになり、何時とは、いまは判らないというのが答えです。ただ、大きな流
れとして、この方向に確実に進んでいると言えます。

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
ハイヤーセルフからの言葉2
2011-07-31 Sun 07:23

『広い意味で大きな愛を実践していくことです その心地よさ 包まれる暖かさ
を知ってそれを実践し そこに意識を向けていきなさい 人を愛すること 愛と
は一体何かを 体験することです』

 『愛を見て 愛を知ることです とらわれの心を捨てることで いろいろな愛が
沢山入ってきます とらわれていては愛は見えません 愛は限りなくあるのに』

 『もっと自由になりなさい もっと羽ばたきなさい もっと光に進みなさい 光の
ほうに行きなさい 意識を広げなさい 愛を体験するために人と分かち合うこ
とです 行動することで人に光を与えます それが自分の喜びに繋がります』

 『愛をもってすべてをバランスしなさい 本来持っている力を自分で開花させ
ていきなさい 楽しんで自分を幸せにする それを頑張らないで達成することです
自分の素晴らしさを知って 生命の輝きを表現していきなさい 生きることは表現
なんです』

『愛です 愛を知ること 自分自身を愛すること 分かち合うこと 与えること 穏
やかに生きること 本質を見極めること 自分を輝かすこと 人間的に豊かになる
ことです』

『光とともにいること その暖かさをすべてに出していく あらゆる面で豊かになり 
静かで心が穏やかに色々なことを楽しんでいく 幸になり色んな人に幸せを感じて
貰って その人達が自発的に幸せに向かうように 自分のなかにあるエネルギーを
活性化していきます』

『胸の扉をひらき光を出しなさい あなたの本質から光を出しなさい いままで出
てこなかったエネルギー<光・愛・自分の全部>を出しなさい 楽しくて豊かで 
在りのままでいいのです 自分を大切にして いつも笑っていなさい』

『優しさ暖かさ喜びで癒すことです 自分が光であることに気づきなさい 自分を
癒すことと光になることは同じことです まず自分を浄化して それによって周の
人に影響を与えます それは意識することではなく自然に起こります 自分を在
りのまま肯定して 在りのままとして見て下さい』

『とらわれずに自由に 自分の思うままに行動して行きなさい やりたいことをや
って行くことが 今生の目的です 人が自由になることが一番の喜びです 自由
になることで 波動をあげ 光の本質に近づきます人間の感情が喜びというもの
によって 光に近づきます』

『あなたが日々の生活のなかで 淡々と行う動きや言動が あなたの自己表現
となり その生き方が光となります あなたは自分のなかに光を見るでしょう あ
なたは 自分の魂の大きさに気づくべきです その柔らかな光と 色の美しさと輝
きを もっと大事にしなければいけません 日々の生き方のなかに その光が溢
れ出てくるでしょう』

『木の葉が揺れるような愛を 感じていなさい 私がいつもあなたのそばにいる
ように 人を愛することが出来るのだ ということを知りなさい 人に対して優しい
まなざしを持ちなさい 自分の微笑が光となって自分を満たすことを信じなさい
 自分が愛されていることを信じなさい 愛はあなたそのものであることに気づき
なさい 愛こそが あなたの人生に出してくる光であり 常にそのなかに あなた
が在ります』

『私そのものが 愛以外の何ものでもなく あなたはあなた自身の愛そのもの
を生きて下さい 人を愛しそしてまた人から愛され 豊かに幸せに満ちた 命その
ものを生きて下さい 私はどんな時でもあなたを導いています』

『存在自体が愛であることは当然ですが 人として愛し愛されることを 肉体を
もって学ぶことは 意義があることです 今生はこれが大きな目的です 人間の
形や人種などの見ためではなく 人間という存在自体を認めることで 愛を学びます』

 『生きることそのものの意味が判るように 生まれてきました 生きることだけを体験
するためで 何かをすることは決めていません 水の流れるごとく 流れに乗って生
きていくのです 生きることは 嬉しいことや辛いことが有るように思っても そこには
水が流れているだけなのです それを判るために 生きることだけを ただ生きて下さい』

『自分が生き生きとして人と調和し 良いと思うことに進んで行動していけば ライフワ
ークに自然に導かれて行きます 物質的な形より本質的な心が生き生きとしている自
由です 伸び伸びと開放的であり わくわくしている愛に溢れた状態 そのような自分
自身にしていきなさい それが人の霊的進化を助けます』

『自分をキラキラ輝かせ 思うままに好きなことをしていって下さい 日々起こってく
ることに意識を合わせ その場を楽しみなさい 思いがきたらそれに従い愛を波紋の
ように広げなさい 人と係わり命を育み自然と係わり地球そのものの命を育みます
 地球に意識を合わせなさい 地球から命が湧き上がってきます

人間と地球のお互の循環です 命を讃え合い 在るが

ままの自分を愛しなさい』

関連記事

別窓 | ハイヤーセルフ | コメント:0 | トラックバック:0
あなたとハイヤーセルフはいつも一緒
2011-07-31 Sun 07:14

『ハイヤーセルフと 共にいることに 焦点を当てて 下さい あなたとハイ
ヤーセルフを 隔てているもの は何もない ということを 覚えておいて下さい』

 『ハイヤーセルフと一緒になることとは そうやって考えていることが ハイ
ヤーセルフと 一緒に考えていることです 何もしなくていい 私は何時も
ここにいます 何時でも答えることが可能です すべて求めているものは
、あなたの中に有ります』

 『望めば何時でも 私はここにいます 全てのところに 私は何時もいます
・・・傷つく時も 悲しい時も楽しい時も 全ての時に 全ての瞬間に 私は
何時もあなたと一緒にいます』

 
『ハイヤーセルフに繋がるには いまの様にリラックスして 私に意識を向
けなさい なんでも質問して出てきた答えを 疑わないで 素直に受け取
ることです自分を信頼しなさい』

 『もっと内面に目を向けなさい あなたにとって 本当に必要なことは 信
頼です 私とあなた自身との信頼です「信頼されたい 愛されたい 共有し
合いたい」という思いを 誰か相手に 向けるのではなく 私自身に向けて
下さい』

 『外側からの刺激に とらわれないで もっと自分の内面に目を向けて 
自分の内側から 響いてくる声に耳を傾けなさい 自分の内側から 必ず
声が聞こえます 答えを外側ばかりに求めないで 自分の中に答えがあ
ることに 気づきなさい』

『リラックスして 自分を信じれば いつでも繋がります 信じるだけです
 ハイヤーセルフは 離れることはありません 何時も私はそばにいます
 信じられないというフィルターを 手放しなさい』

 『ハイヤーセルフとは いつでも 繋がっていると思うことです あなたは
いつも繋がっています 本当は声は届いています そんな筈はないとか 
一つの妄想だとか 考えたりせず 素直に聞けば 聞こえている筈です 
ただ心を開くだけです』

『歩いている時 仕事をしている時 食事をしている時 全ての時に ハ
イヤーセルフと 繋がっています 大丈夫です 私はサポートしています
 ヒントを与えています 判っているでしょう』

『いまのように 常に瞑想して私と繋がり 英知や力を得なさい 私はいつ
も一緒です それを忘れないこと』

『ハイヤーセルフと 自然に繋がるには 静かな環境を自分で造って 自
分と向き合う気持ちで 自然の形でやりなさい 会話をする様に 質問をし
ていく様にただ感じる様にしなさい 自然に出来るようになります』

 『あなたは いつも私と繋がっていますから 普段はそれを 意識する必
要は有りません 私はあなたです あなたは私であるのですから 何かの
時にも 私を意識さえしていれば わざわざ私に 頼む必要は有りません』

『それが ハイヤーセルフからのものか 自分で考えてしまって いるもの
なのか 境界線を引くのは止めましょう 何か思ったり 考えたりした時に 
あなたにとって それが役に立つもので有れば それでいいのです 
それを詮索するほど 愚かなことは有りません』

『答えたものの中で ハートに響くものだけを 取り入れて下さい その
答えを選ぶかどうかは あなたが 行うべきことです 全てを取り入れる
必要はなく その中から選ぶことです 言葉そのものよりも 本来はエネ
ルギーで 感じて貰うべきものです』

『ハイヤーセルフに繋がった 本来の生き方は・・・いつもプラス思考で
あること・・自分と相手を同じ様に大切に扱うこと・・誠実さと思いやりの
心を持っていること・・いつも落ち着いて愛の心で行動すること
・・幼い時の純粋な心でいること・・自分の身の回り
をいつも光り輝くエネルギーで包んでいること』

『存在しているものは 全て どんな時点どんな次元にあっても その
状態が完全です ハイヤーセルフを認識するとは 今ここ この時にい
る自分 というものを 認識することが 全てになります』

関連記事

別窓 | ハイヤーセルフ | コメント:0 | トラックバック:0
Ascension-Raising Your Vibrational Frequency
2011-07-30 Sat 08:05


関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
おはよう、今は朝
2011-07-27 Wed 01:15

今はAM 1:00 ですね。
僕も日頃は皆さんと同じく、普通に仕事してますよ。
この肉体のため、というよりはこの肉体をベースとして皆さんと接する
ためにこの肉体を持っているのですね。
 家族のため、隣人のため、・・・ごく平凡な日々を表面的には送っている
のですが・・。

 かつてはルドルフ・シュタイナーの神智学、エドガーケーシ、グルジェフなどの本を
読んでいましたが、今は読む気になりませんね。

周りの人は僕のことをごく普通の人としか見てない、大変ベストな環境に
なりました。 これも努力の賜物ですね。
 かつては、大変困っていましたけれど自分でなんとかしました。
余りこの世界に意識をあわせるのも危険ですけれどね。

このつたないブログを読んでいただきありがとうございます。
それでは、またね。

KPOP ファンのphotn より

(KPOP,ジョージ・ウィンストン以上にすばらしい音がありましたら教えて
ください。 ありますか?)



 
 

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
アセンションは
2011-07-24 Sun 19:36

今回のアセンションは26000年に1回しかない、いまだかつて体験できないような
ものです。このチャンスのためにこの地に来ているものが多く居るとのことです。
それが誰かは僕にはわかりませんけれどね。あなたかもしれません。

 この世界の人々を見る限り、まるっきりアセンションには関心が無い人のほうが多い
様に思われます。

そのような人々により今のこの世界が作られていて行き詰っていますね。
彼らは今後も今の地球環境と同じような世界で行き続けます。
仕方ないことです。 残念とは思いますけれど、仕方ないことです。
強制するような事柄ではなく、自らの意思で自発的に行う必要があるからです。

2012年12月22日という日にアセンションが起こるといわれていますけれど、
生涯を通してアセンションと思っていてほしいです。

アセンションは今連続的に起こっています。
いつ、いつ、というかも知れませんね、
アセンションは今あなたの中で既に起こっています。
このサイトにアクセスし、何度も見えないこのサイトを通し
同じ思いの人が集まってきて繋がってきています。
アセンション・ネットワークですね。
思いだけで繋がっているのも物質的でなくていいと思いませんか。

アセンションというと頭脳優秀でなければならないということではありません。
特殊な感じがしますけれど、それを追求しているもの達は、心がきれいで
、優しく、思いやりがある・・
他者を思いやる心の持ち主たちがアセンションのベースとなると思います。
超能力は関係ありません、副産物として存在するだけです。

 悪意ある者のほうが、この世界は多いと思いますので注意が必要ですよ。



 かつて、東京に居たときある精神世界系の集会に参加したことがあります。
特に得るものは無かったですけれど。
当時は迷える羊のようでした。
 この世界に馴染めなくて、どうしようと悶々としていました。

そんな私をジッと見て私のことを見抜いた女性がいました、
「宇宙人がいる、彼女の隣に座っていた男性のアシスタントに小声でヒソヒソ話し、
私を見ながらこの中に宇宙人が来ています、と周りには30人程の出席者がいるのに
・・・何故わかったのか今も不明です。
 他にも私を見抜く人はいました、すごい能力ですね。
僕にはそんな事はできませんよ・・・
ですから、私は何者?と僕に問い合わせても無駄足です。

今僕は何人であろうと良いと思っています。一人の生命として
今ここに居るし今後も居ます。この肉体がある限り・・・
いつまであるかはわかりません。

世間で言われているアセンションの現象が実際に起こるの?ということに関して僕は何も
保証できることはありません、できる人はどこにも居ないことはわかって頂けると思います。

しかし、アセンションを私たちは目指すのです・・
何故なら、あなたがそれを必然的に欲しているから・・・
皆が良い世界となることを・・・

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
5次元の考察
2011-07-24 Sun 18:36

われわれがいる次元は空間に時間を加えて4次元です。空間世界と言い換えた方が
わかりやすいでしょう。
それから上の次元を想像するのはむずかしいでしょう。
 物質の密度が異なる世界で、今の次元からみると、相対的に輝いてみえます。
この次元もまた、いままでと同じ物質世界です。
 アセンション後の5次元という世界を、ここでは理論ではなく、感覚的にどういう世界
なのかをお知らせしたいと思います。
チベットの僧侶なら経験したことがある方も多いと聞きます。


 アセンションのときには、5次元にアセンション後の地球と現在のままの地球に分か
れるでしょう。
アセンションを終えた地球は新しい時間周期に移動します。
人々が新しい周期に移行するには、その前にアセンションを果たしている必要があり
ます。

 新しい地球とはどんなものか説明したいと思います。
 物質は波動です。人間の霊、魂、エーテル体、肉体は光子体に変化します。これも
周波帯で、コード化された情報を保持しています。それでいて多次元存在を保持します。
知覚意識が発達し、あなたはこれまでにない展望から現実をみて解釈するようになります。
 これは霊的アプローチでしか理解するのは不可能です。

1.  物体、生物が放つエネルギーが目にみえます。

2.  想念がその人の姿を変えますので、一見してその人がどんな人間かわか
ってしまいます。

3.  人が想ったことは現象として形を成すことができます。

4.  何といってもすごいのは、粗い粒子に体のバイブレーションをさげれば、
どの 時間-空間 にも自由に行き来できることです。
多数の宇宙に同時に存在することができるので、地球での過去、未来の時間-空
間は、そのひとつに過ぎません。

5.  光によって物事の本質がわかるので虚偽、欺瞞に騙されることはありません。
闇は、情報を拒絶か隠しているところなので、その存在がすぐにわかります。


 かれらも家を持っていて、子供を産みます。しかし貨幣がなく、必要なときに必要なもの
が手に入ります。
したがって労働して給料をもらうということがありません。貨幣そのものが存在しないから
です。
イメージすることで家を建て、模様替えもまわりの景色さえも自由に変えられます。
 自分の姿を好きなものに変化させることができます。たとえばマリリン・モンローや腹に
20本も触手を持つモンスターまで。
それは、5次元の人間は想念で創造することができるからです。
 人々は協力してヒーリング能力をふるい、汚染された水や空気や大地を清浄な状態に
戻します。
 音楽を奏でるときは、空気ではなく音そのものを奏で、絵画は光を使って自由な色、タ
ッチで描くことができます。

 人間は、同時に複数の現実を生き、それを記憶することになります。(いままでもそうだ
ったのですが、1つの現実しか記憶していませんでした) 1つの現実に焦点を合わせるこ
ともできます。
 そして過去世 (= 前世やその前の一生) の自分を概観して、あなたの霊体 (= メン
タル体) が体験したさまざまな様相、輝きをみて、そのときの自分の存在を感じ取るでしょう。
 人々は自分が情熱を傾けること (本来の自分がやりたいこと) をやって 1日の大半を
費やすのですが、それはあくまで奉仕で、超宇宙や他の人に貢献することでその価値がは
かられます。

 それは個々人の世界ではなく、スピリットの世界です。
 そこに、死はありません。

 それでも理屈でしか理解できないという方のために、特別に説明します。
 空間軸を縦 (y軸) に (幅×高さ×奥行きでy軸の数値を暫定的に表すことができます。
たまたま同じ数値になることはごく稀です)、
時間軸を横 (x軸) にして座標をとってください。
 ある空間である時間を特定できます。
 そして、あなたが気になっている奥行き (z軸)、これこそが第5次元の軸です。時間-空
間は何層もかさなって存在しています。
 超時間-超空間なので、これができるのです。
z軸の各々1層ずつが、あなた、彼、彼女の時間-空間なのです。
 今あなたは時間を超えているのです。時間に縛られることは、もはやないのです。一つの
時間というのは、時間に束縛された状態に過ぎません。同時に複数の場所に存在すること
に何の不思議もありません。
5次元では、同時に複数の時間、複数の空間に存在できるのです。
そして、5次元軸では、1人1人が、自分の宇宙を持っているのです。それらはたがいに作用
しながらもかさなることはありません。
 俗にいう「波長が合う」人とは近い層にいて、「反りが合わない」相手は遠い層に移動します。
感情 (想念) が距離として物理的に現象として現れるのです。
 この真実は空間世界においても同じなのですが、エゴが物質世界のマトリックスに封じられ
ているので、気がつくことはありません。

 論理で物事を考えず、感情で感じることが必要かつ大事なことです。ですから、いま読んだ
理論的なことは忘れてかまいません。

日月神示『空の巻』第13帖

「人力屋、酒屋、料理屋、芸妓屋、娼妓屋、なく致すぞ。世つぶさずともざぞ。菓子、まん
じゅうもいらんぞ。タバコも癖ぞ。よき世になったら別の酒、タバコ、菓子、まんじゅうできるぞ。
かってに造ってよいのざぞ、それ商売にはさせんぞ」

日月神示『下つ巻』第32帖
「金はいらぬのざぞ。金いるのは今しばらくぞ。命は国に捧げても金は自分のものとがん
ばっている臣民、気の毒できるぞ。何もかも天地へ引き上げぞと知らしてあること近づいてきたぞ
。金仇の世、きたぞ」


日月神示『地つ巻』第11帖

「神の国光りて目あけられんことになるのざぞ。臣民の身体からも光が出るのざぞ。その光
によりてその 御役 ( おんやく ) ・位、判るのざから、ミロクの世となりたら何もかもはっきりして、
うれしうれしの世となるのざぞ、手握りて草木も四つ足もみな歌うこととなるのざぞ。御光にみな集
まりてくるのざぞ」

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
アセンションと5次元の考察
2011-07-24 Sun 18:28

アセンション(次元上昇)に必要なこと
今、アセンションに対しての認識の仕方が完全に二極化されている。

ひとつは、しっかり自分の精神世界の事として自分のカルマの浄化を通過し

波動を上げて5次元世界に生きることに専念すること、つまり自分自身の意識の上昇を

アセンションと捉えている人たちである。

もう一つは、アセンションすることを自分自身の精神世界の問題として捉えていくことが

余りにも地道なことであるため、自分自身の変化が少しずつしか、又はまるで

変化が起きていないように感じるため、また今の社会の中で正直に生きることの辛さ

カルマの浄化の凄まじさ、それを浄化としっかり認めることの辛さなどから

アセンションを精神世界の出来事として自分の問題としてではなく

逃げてしまっている人たちである。その人たちは、とにかくエキサイティングなことを求めている。

大きな変化が起きることによって、何かが起きていると思うことによって

それがアセンションする事と結びつくと思っている。

地球が破滅するなどと云うこと、地震や火山の爆発など云う出来事を考えることによって

又、宇宙船が下りてくるなどという出来事、宇宙人に会うという出来事などを

想像することでエキサイトして満足しようとしている。

なぜ、エキサイトすることを求めるのか。アセンションは地道な生き方から達成されるものである。

毎日毎日の生活の中で、今まで自分や他人に嘘をついてきた生き方

愛の欠けていた生き方などを心や生活が破壊されないように少しずつ変えていくこと

とにかく自分の毎日の生活をしっかり見つめ直し生き直すこと

地道な心の変化により達成されるものである。

2012年に向けてエキサイティングな出来事を求めるという我欲が

また、エキサイティングなことを情報として流すことが、愚かな人間の気を引き付けるため

闇の勢力による情報が地球上を大きく覆っている現状の中で、もう一度ひとりひとり内観して欲しい。

人間が本来の感覚を取り戻し、5次元へ移行する大切な出来事であることを肝に銘じて欲しい。

そのためには自分の感覚、感性を信じ、行動へ移すことがアセンションするための

原点であることをもう一度しっかり胸に刻んでおいて欲しい。

今まで権力者により作られた社会により、沢山の刷り込みがなされ、またその

刷り込みの中で何の疑問も持たずに生きている多くの人間の中で、自分の感覚感性を信じて

正直に生きていくことは本当に大変なことである。

時間のかかることであり完全に実行に移すためには人との別れや

今まで生きていた生活とは完全に違った生き方になっていくlことになるでしょう。

時にはしばらくの間、孤独との戦いの時も経なければならないだろう。

アセンションとは地道な自分との戦いであり、大切なことは

自分がアセンションすることなのです。

今の地球上では、人間や四次元や闇の宇宙人など、どこからか襲ってくる低い波動を受けないように

自分の意識を5次元へキープしていかなければならない。

多くの人間がアセンションし5次元の世界をキープする努力を続け

高い波動を出し続けていくことが多くの人間の波動に多大な影響を与えていくことを信じ

光を出し続ける努力をして欲しい。

そうすれば、あなたがたのアセンションは成功するでしょう。

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
西暦2012年 アセンション
2011-07-23 Sat 22:20

牡牛座の満月の間の1998年5月に、
地球は正式にフォトンベルトに入ったことを覚えておいてください。

フォトンベルトは、強力な光の帯からなる12の巨大なボルテックスで構成
されています。

各ボルテックスは、地球でそれ自体特定の作用を発揮します。
そして、私たちの太陽系において、全体のプロセスは調和とバランスのもと
に行われているか、厳重に監視されています。

それはとても安全なプロセスで、恐れることは何もありません。

この時点での後戻りはありません。もしあなた方が地球とともにアセンション
の波に乗り、この変化から現れてくる新しい人間種へと変わりたいのであれ
ば、すぐに自分で決断せねばならないでしょう。

そうするには、いずれにしてもあなた方は不死を得て、五次元レベルの新し
い地球の意識へと次元上昇することを選択せねばなりません。

さもないと、次の生まれ変わりで三次元に留まることで、変化の波に粉砕さ
れてしまうでしょう。その選択は完全にあなた方次第です。

チャンスはすべての人々にあります。

あなた方の多くは、細胞や遺伝子レベルで起きている影響を、自分たちの肉
体と感情体で既に感じとり、気付いています。

あなた方の多くは、頭痛、心痛、動悸、慢性疲労、目まい、吐き気、睡眠パタ
ーンの変化、耳鳴り、かすみ目等々これまで体験したことのなかった新しい
不快な肉体的症状を体験しています。

あなた方はまた自分の感情の状態が変化していることに気付いています。

あなた方の身体は、自ら進化し、浄化しているのです。

これはただ一時的なことです。


あなた方にとって、今はすべての恐れと否定的感情のパターンをなくす時です。


あなた方は不死で再現のない人間の新しい種へと変貌していくでしょう。

そして変貌したあなた方は、神聖な愛、無限の恵み、美、そして永遠の平和
の場である、新しい地球で暮すことになるでしょう。


地球では、三次元と四次元は最終的に消える予定になっています。

もしあなたが、3次元の古いパラダイムの、いわゆる「お馴染みの区域」のイ
リュージョンの中に留まることを選択すれば、自分の身体を不滅にすることは
ないでしょう。

これは、遅かれ早かれ、あなたは自分の肉体から去り、地球と似た別の惑星
で再び生を受けることを意味します。

そこで、恐怖、暴力、抑圧、戦争、操作、限界、中毒、そして、あなた方が今手
放したくないすべての否定性を受け続けることになるでしょう。


「自動操縦装置」で生活する時は終わりました。

人類は何千年にもわたってこのように生きてきました。

そして、それが、数千年間人類を悩ましてきて、無数の苦しみ、悲しみ、貧困、
病気、そして社会的・経済的問題のすべてをあなた方にもたらしてきたのです。


あなた方の救済の時は、今あなた方に関わっています。



あなた方は地球で進化した魂として、「自由になる」ことができます。但し、これ
はあなた方が意識的に選択した場合に限ります。

「自動操縦装置」の意識でいき続けるだけでは、それは起こりません。

あなた方がすぐにキリスト意識を抱き、キリストの心と愛で思考と行動を始め
る場合にだけ、それは起こるでしょう。

あなた方が上からどれだけ助けを受けようとも、まったく誰もあなた方のため
にそれを行うことはできません。

あなた方は、自分たちが向かいたい場所のレベルへ自らの意識を発展させる
ため、願望の火を自分たちの心の中でともさねばならないでしょう。


テロスの同胞たちは私と協力して、あなた方一人づつに愛、友情、サポートを
送っています。私たちは、あなた方が直面している困難に気付いており、あな
た方の多くが進めている素晴らしい進展にも気付いています。あなた方が重
要なことを行っていると覚えておいてください。

あなた方に光と愛を送ります。私はアマダ。


あなた方にはもはや油を売っている時間はありません。

今、あなた方の存在のあらゆる面において愛の概念によって生活し、神に対
する先入観や恐れのすべてを消して、生活のあらゆる面において霊的な法則
を頑張って適用し始めねばなりません。

あなた方は、意識的に受け入れることを避けている真実を、快く受け入れなけ
ればなりません。

あなた方が考え、発言し、行うことすべてにおいて、愛をもって行動できるよう
になることで、今すぐにも、自分自身が神になるのです。

アセンションのプロセスにおいて、愛が唯一あなた方の取れる近道で、最大の
キーなのです。私が話す愛とは、自己愛であり、神の愛であり、そして、地球と
、地球のすべての王国ーーー動物の王国を含めてーーーとの間のあらゆる関
係に向けられた愛なのです。

創造主の生命が吹き込まれているすべてのものを愛し、尊重してください。いか
なる判断も行わず、無条件で愛してください。

あなた方の意見をなくしてください。あなた方の心の中に十分な愛があれば、ア
センションの扉へのすべてのポータルを時間通りに通り抜けることができます。

「自動操縦装置」で人生を過ごし続ける人々には、それは起こらないことを心得
ておいてください。

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
アセンションへの準備
2011-07-23 Sat 20:26

アセンションへの準備
 ”小松英星さんより”
私は瞑想を行っていませんけれど、必要と思われる場合は自ら行ってみてくださいね。
小松さんが言ってるので間違いはありませんよ。

「アセンションへの準備として、最も簡便で、効果的な手法が瞑想です。アセンションへの
絶対条件(a must)といって間違いないでしょう。それに、「実利」も沢山あります。

私がそうでしたが、瞑想の意志があっても、一日の現実の生活のなかで、適当なタイミン
グやキッカケがつかめなくて、ずるずると先延ばしになってしまう方が多いのではないでしょうか。

しかし、あまり大げさに考えなければ、現在の生活のパターンを変えないで、すんなりと
取り入れることができます。どれが正しいやり方ということは、ありません。

下記を参考に、あなた独自のやり方を編み出してください。

瞑想と呼吸法は、表裏の関係にあります。両方を合わせて、行わない手はありません。
毎日確実に実行するには、就寝前に寝床でやることです。
呼吸法は、いわゆる「丹田呼吸法」がよいでしょう。
丹田は、へその下9~15センチメートルのところにあります。
呼吸につれて、その部分が大きく波打つ感じです。
座ってやる場合は、自分にとって、最も楽な姿勢をとります。寝ながらやってもよく、この
場合は、両膝を立てて、膝と膝を合わせて足を開くと楽にできます(冬はこれでは寒いの
で、例えば座布団を二つ折りにして太ももの下にあてがうと、姿勢が定まります)。なお、
通勤や通学の乗り物の中でも、これはできます。

くつろいだ気分で、口を閉じて、息を大きく吸います。
このとき、頭頂から宇宙のエネルギーを取り入れて、それが全身にめぐることを意識し
ます。
そして、呼吸を止めます(「クンバク」といいます)。吸う息とクンバクは、ほぼ同じ長さで
よいでしょう。
その2倍の長さで、息を吐きます。このとき、丹田をぎりぎりまでへこませるようにしてく
ださい。

両手は、軽く開いて手のひらを上にしておくとよいでしょう(手のひらのツボ「労宮」は、
頭頂の「百会」と同様に、エネルギーのポータル[出入り口]です)。これを、毎日最
低15分やるようにします。
雑念が起こってきたら、呼吸に意識を戻すようにします。そのまま眠ってしまっても
かまいません。

特定の目的をもって瞑想する場合は、クンバクのとき、それを意識のなかで唱えます。

常に、現在形の肯定的な表現をして、それが実現した状態をイメージします。これは、
高次元の時間の性格と関係します。

たとえば、「私は健康だ」「私は満たされている」など。もっと具体的であれば、なおよ
いでしょう。
何も感じなくても、間違いなくすばらしい体験をしています。心身への効果は、短時
日で自覚できるでしょう。
一人一人が癒されることが、出発点です。

地球全体への癒しは、「私をエネルギーの経路として、地球とその全生命に、癒しの
エネルギーを流してください」と、宇宙の「神」に頼みます。

いま地球は病んでおり、このような形での参画が、きわめて重要であるようです。

瞑想を継続して、それが深まっていくにつれ、心身の浄化とともに、波動レベルの上
昇と肉体のDNA構成の変換が始まり、アセンションへ一歩前進するでしょう。

[補足]フォトン・ベルト情報

気象庁が発表した、99年3月の「オゾン層観測速報」によると、オゾン全量は、国内
4箇所と、南極昭和基地の全観測地点で、平年を下回っています。

また、那覇では同月の最小を記録、つくば、鹿児島でも2番目に少なかったという
ことです。対策の進展によって、成層圏内のフロンの量は頭打ちになっているので、
この原因はフロン以外にある、と推測するにとどまっています。

オゾンホールの出現など、オゾン層の縮小の原因のひとつがフロンなどオゾン破
壊物質であることは事実ですが、それは一面でしかありません。もっと大きい要因は
、太陽系が「フォトン・ベルト」に進入したことです。「フォトン・ベルト」の情報を隠して、
フロンだけでお茶を濁そうとすると、今回の現象はもちろん、この先起こる現象の
説明は、ますます困難になるでしょう。



この数千年に亘って、人類の社会は、「恐れ」「否定」「非難」「恥(罪悪感)」「不足感」
などをベースとする「コンセンサス(大多数の一致した見解)」によってコントロールさ
れています。

そして、それぞれの要素について、惑星規模の共振構造が構築され、強大なエネル
ギーを持っています
。このような状況においても、上記の創造性はフルに発現することができ、「宇宙」の
サポートも完璧だとすれば、何が起こるでしょうか。

例えば、お金であれモノであれ、あなたが「欠乏」を意識すると、惑星規模の欠乏の
エネルギーと共振して、それにエネルギーを加え、また増幅されたエネルギーを引
き出します。
こうして、あなたの心や感情の「エネルギー体」を、他のすべての人の欠乏状態と共
振させることになります。
これが、不快な結果を引き起こさないわけがありません。
今はすべてが加速しているので、結果が出るのに時間はかかりません。

あなたがそのような状態を望んでいないなら、やり方を変えて、「愛」「喜び」「豊かさ
」など、何でも楽しいもの面白いものに、ダイレクトに焦点を当てるようにするのが賢
明です。
簡単なことのようですが、それをやる前に、これまで何年間も、当然のようにプレーし
てきた「機能障害というゲーム」のなかで、あなたが(両親や教師や友達など既に感
染している人から)取り込んできた「刷り込み(インプリンティング)」の中身を点検し、
それらを、一つ一つ取り除いて「宇宙」へ帰してやる作業は、欠かすことができません。

そのような「刷り込み」が何なのかは、キーワードを挙げれば思い当たるでしょう。
「男というものは---」「女というものは---」「いい成績を---」「いい生活を---」「---
に叱られる」「---のバチが当たる」「---に比べて低い」「---より高い」「とても足りな
い---」「もっとがんばって---」「無理だろう---」「いけない!」「だめよ!」「とても心
配だ---」「---は間違っている」「できっこない---」。ーーーいちいちリストしたらキ
リがありません。
これらを「除去」するには、例えば次のようにやります。

私は、神性を自由に表現できる者です。
今、*****のエネルギーを感知しますが、それは、私の光明への道程では、もはや
役立たなくなったものだと認めます。
御恵みの力によって、私は、それを、至高の善のために光の最高の形に変成される
ように、手放して宇宙へ帰します。
(原文[C]: Tony Stubb)
現実の崩壊と創造

アセンションのプロセスで、「自我」が持っている古い「現実認識」が、徹底的に壊さ
れていきます。
それは必要なことだし、多くの人が実際に始めています。そして、何が起こると思い
ますか。
お分かりのように、「現実」というものは、「創造性」の働きによって人々の「現実認
識」に依存しているわけだから、これまでの「現実」がじわじわと壊れていきます。あ
る臨界点を過ぎると、一気に崩落するかもしれません。
集合意識が創っている、「土台から崩れる」のです。大局的にみれば、(その土台が
)「恐怖心」や「否定」で創られている、現在の文明が崩壊していきます。
しかし、崩壊は創造性の賜物で、それに代わる新しい現実を創ろうとしているのだと
知れば、驚くことはありません。

原理を知り、現実というものの柔軟性を認識し、それを信頼することです。
そして、周りの状況に混乱させられず、状況の「創作」を楽しむようにしたいもので
す。
何の懸念も不安も持たず、どんな権威にもすがらず、「宇宙」に全幅の信頼を寄せ、
あらゆる「未知」に対して心を開いた状態---これが望ましいスタンスです。完全な、
オープンマインド、オープンハートです。
[補足]クリスタル・ヒーリング

クリスタル(水晶)は、主に人口水晶が、電気通信システムの水晶発信器やコンピ
ュータのメモリなどに利用されています
。しかし、その活用が、この程度にとどまっているのは、たいへん不思議なことです
(わずか1万年前までの「アトランティス」の時代には、はるかに広範に利用されて
いたのに!)。現代の地球の科学では、クリスタルは鉱物と同列のものという認識
しかないのです。
クリスタルが持つ「無限の可能性」を、健康維持やヒーリングに使わない手はあり
ません。

これについて、現在日本で入手できる最も優れた解説書は、フランク・アルパーの
『アトランティス』です。精神や心のヒーリングだけでなく、病気の症状に応じて、用
いるクリスタルのタイプや数、そして配列などが解説されています。
この本の本当の価値は、このような手法の解説を超えた、偉大な英知を伝えてい
る部分にあるのですが、クリスタル・ヒーリングに絞っても、買って損はしないでしょ
う。

クリスタルは、自分の願望や意図を「宇宙」に伝えるのに、たいへん優れたツール
(補助具)ですが、反面、ネガティブなエネルギーも入りやすくします。
そこで、使用の前後に、そのようなエネルギーの進入を排除し、ポジティブなもの
だけを呼び込む「祈祷(invocation)」を唱える必要があります。
その一例を、次に示します。3唱すれば十分でしょう。原文(英語)で唱えてもかま
いません。

内なる神の光を呼ぶ。私は澄んだ完璧な経路。私のガイドは光なり。(原文[C]:
Dale Walker)

I invoke the light of the God within. I am a clear and per
fect channel. Light is my guide.

日本神道の祈祷が、しっくりくる人は、「神」をイメージして次を唱えてください。

払い給い、清め給え。守り給い、幸い給え(さきわいたまえ)。

クリスタル・ヒーリングも、一種の創造の行為です。ヒーラー(施術者)、クライアント
(被術者)とも、否定的な気持でやったのでは、成果はおぼつかないでしょう。以下、
上記の本が必ずしも系統的に伝えていない部分について、補足します。

* クリスタルは、最小限「単一頂点クリスタル」が2個必要です。3個あれば、かな
りの症状に対処できます。
* 単一頂点クリスタルの典型的な寸法は、全長70ミリ、低部の直径20ミリ、上部の
直径10ミリ、その上を高さ5ミリの6角錐にカット、側面も6角柱にカットし、底面は平
面または直径70ミリ程度の球の一部としたものです。
これはあくまでも参考で、これに限定するものではありません。
* 入手したクリスタルは、お湯の中でブラシでこするなどして、表面や割れ目の中
の異物を取り除きます(特に「クリスタル・クラスター」などの場合に必要な処置で、
既にカットしてあるものは不要です)。
* 蓄積されているかもしれないネガティブなエネルギーを取り除くため、暖かい塩
水に10分間浸し、乾いてから太陽光に1時間さらします。その後も、時折やるとよ
いでしょう。
* ヒーリングや治療は、自分自身に対してもやることができます。
* クリスタルの先端を体に向けて使う場合、底部を掌のくぼみに当て、先端が指
先に出ないよう5指で包むように持ちます。そして、体から少し離して保持します。
* 両手の掌に乗せて使う場合、右手はクリスタルの底部が掌のくぼみに、先端が
指先に来るようにします。左手はクリスタルの先端が掌のくぼみ、底部が指先です。
* 両手で握って使う場合、右手はクリスタルの先端が親指側に、左手は先端が小
指側に来るように握ります。
* 手術の傷跡や、心臓障害には用いないようにします。
* 頭部への処置は、2、3分を超えないようにします。
* あらかじめ患者に指示しておいて、少しでも不快感や苛立ちを感じたら声を掛
けてもらい、終わりにします(エネルギーの適合性、したがって治療時間に個人差
があるためです)。
* ヒーリングの途中に、「確言(affirmation)」をはさむとよいでしょう。必ず、
「現在形」でやります。例えば、「*****が完全に機能している」「*****はまったく
健康だ」など。これも、3唱で十分でしょう。必ずしも声を出す必要はありません。
* ヒーリング完了後、余分なエネルギーを放出し、エネルギーレベルを正常化す
るため、前記の「祈祷」を唱えてください。
* できれば毎日1回、3ヵ月程度継続することが、目安になります。

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
覚醒への兆候
2011-07-20 Wed 22:58

魂の波動を上げる第一歩は、決心することである
。今までの生き方を改め、宇宙の真理にかなった生き方をしようと決心することで、波動は確実に上昇する。
次に大切なのは、その波動を維持し、さらに波動を高める方法として、宇宙の真理にかなった行動を実践することである。

それは「身・口・意」の三位一体の行動である。「身・口・意」とは、身を清らかにし、その行いを正し、悪い言葉は発せず、悪い想念を抱かないことである。

宇宙の真理にかなった行動とは、自ら気づき、自ら学び、自ら行うしか方法はない。
本などで知識を得て、頭で理解していても、実践が伴わなければせっかく上昇した波動が下がってしまうのである。
また魂の波動を上げるということは、自らの魂が持つカルマやDNAに記録された先祖や血族のカルマを解消していくことに他ならない。

このカルマを解消するプロセスは時間もかかるし、その人の持つカルマの程度によっては、過酷な試練が待っていることもある。

しかし、常に正しく心を持てば克服出来ないものではない。
苦労が多ければ多いほど、それを乗り越えた時に何事にも恐れない平常心と大いなる幸福感が待ち受けているはずだ。

アセンションを意識し波動が上昇すると、様々な兆候が現れて来る。特に注意しなければならないのは最初の肉体的な変化である。
頭痛、発熱、下痢、身体の痛みなど、体調を崩したり、精神的に不安定になることもあるらしい。

安静にしていればやがて回復するが、症状に個人差もあり、一般的な病気との見極めが大切である。

■シャーンブラの兆候 -神性の目覚めの12の兆候-
「シャーンブラ」とは親密さと深い内なるフレンドシップを意味します。

1.身体の疼きや痛み - 特に、首、肩、背中

これは貴方の内なる「キリスト・シード(種子)」の目覚めに伴う、DNAレベルでの激しい変化の結果です。
一過性のものです。


2.特に理由のない深い内側の悲しみ

これは貴方が(この生涯と他の諸過去生での)過去を手放す過程で、悲しみを感じているのです。
それは長年住んだ家を離れて、新しい家に住み移る時の体験のようなものです。
新しい家には引越ししたいけれど、今まで住んでいた古い家での想い出やエネルギー、体験を置き去りにする悲しみがあるのです。
これも一過性のものです。


3.特に理由のない涙

2番目の兆候に似ているものです。涙を流すことは良いことであり、健康的なことです。
それは内側にある、過去からの古いエネルギーを解放することを助けてくれます。これも一過性のものです。


4.仕事や職業の突然の変更

非常に良く見られる共通の兆候です。それは貴方が変化するにつれて、周りも変化していくからです。
今すぐに「完璧な」仕事や職業を見つけることについて心配しないでください。

これも過ぎ去っていくでしょう。貴方は今、移行の過渡期にいるのです。
貴方の情熱にフィットするような仕事に落ち着くまで、いくつか仕事を変えることになってもおかしくありません。


5.家族関係からの分離

貴方は、血のつながった家族と古いカルマによってつながっていました。
貴方がカルマのサイクルから離脱するとき、カルマの基に築き上げられた古い人間関係は解放されます。
それは、まるで貴方が、家族や友人から次第に遠ざかっていくように見えることでしょう。
これもまた一過性のものです。
もし、そうなることが適切であれば、一定期間の後に、家族とまた新たな関係を築くかもしれません。
でも、その関係は、カルマによったつながりではない、新しいエネルギーをベースにしたものになるでしょう。


6.異常な睡眠パターン

午前2時~4時にかけて目が覚める夜が多くなることでしょう。貴方の内側ではたくさんのワークが起きているのです。
それでそれがしばしば、「しばしの休息」のために起きてしまう原因になっているのです。でも心配しないでください
。もし眠ることに戻れないなら、人間的なことをベッドの中で心配するより、起きて何かをしてください。これも一過性のものです。


7.衝撃的な夢

戦争や戦い、追いかけられる夢、怪物などの夢を見ることがあるかもしれません。
貴方は文字通り、内側の古いエネルギーを解放しているからです。
これらの過去のエネルギーは、よく戦争や、逃げるための疾走、お化けなどで象徴されます。これも一過性のものです。


8.肉体的な方向感覚の喪失

時々、非常にグラウンドしていないことを感じるでしょう。
貴方は2本の足を地面につけることができないと感じたり、2つの世界の狭間を歩いているように感じて、「次元、空間のずれ」を感じるでしょう。
それは貴方の意識が新しいエネルギーの中に移行するときに、肉体が時々遅れをとるからです。
内なる新しいエネルギーにグラウンドするのを助けるために、自然の中でもっと時間を過ごしてください。これも一過性のものです。


9.「自己との対話」の増加

自己との対話がより多くなることに気がつくでしょう。
30分も自分に向かって話していたのに突然気づくかもしれません。これはあなた自身の中で新しいコミュニケーションのレベルが創造されているためであり、自己との対話のたった氷山の一角を経験しているにすぎません。
自己との対話は増加し、より流動的で、首尾一貫した、洞察の深いものになっていくでしょう。貴方は、頭がおかしくなっているのではありません。貴方はただ新しいエネルギーの中に移行しているシャーンブラなのです。


10.他の人々と一緒にいる時にでも感じる孤独感

一人ぼっちで、他の人々から隔たっていると感じることがあるかもしれません。
また、グループや群衆から「逃れたい」という欲求にかられるかもしれません。
貴方はシャーンブラとして、神聖で孤独な道のりを歩いているのです。
そして貴方は、その孤独感が不安を引き起こしていても、この時点で他の人々と関わるのは難しいのです。
この孤独感は、貴方のガイド達が去って行ってしまった事実にも関係しています。
ガイド達は、貴方のすべての転生での旅に同行してくれていましたから。でも、ガイド達は、貴方が自分の空間を貴方自身の神性で満たすことができるように身を引く時だったのです。
これも過ぎ去っていくでしょう。この内なる空虚感も、貴方自身のキリスト意識の愛とエネルギーによってやがて満たされていくでしょう。


11.情熱の喪失

全く情熱を失ったかのように感じ、ほとんど、あるいは全く何もする気がしないかもしれません。
それも大丈夫なのです。これもただプロセスの一部ですから。
この間を、「何もしない時間」に充ててください。これについて自分自身と戦わないでください。これも過ぎ去っていくでしょうから。
これは、コンピューターを再起動する行為に似ています。
洗練された新しいソフトウエアを読み込むために、コンピューターを短い時間だけ一度シャットダウンさせるのです。
人間の場合には、この新しいソフトとはキリスト・シード(種子)のエネルギーに当てはまります。


12.帰郷への深い切望

これはどの条件の中でも、恐らく最も困難で、試練に満ちたものです。
貴方は、この惑星を去り、"故郷"へ帰りたいという、深く、圧倒的な願望を体験するかもしれません。
これは「自殺」を願う気持ちではありません。またこれは、怒りやフラストレーションに基づいたものでもありません。
貴方は、それを騒ぎ立てたり、また、自分自身や他の人々に対してドラマを繰り広げたくないと感じます。
貴方の中で"故郷"に帰りたいと望む静かな部分があるのです。

この根本的原因は極めてシンプルです。貴方は貴方のカルマのサイクルを完了したのです。
この生涯での貴方の契約を完了したのです。貴方は、まだこの肉体に留まったままで、新しい生涯を始める準備ができているのです。
貴方はこの変容プロセスの間に、(ヴェールの)反対側にいることがどういうことであるかという内なる記憶を思い出すのです。

貴方は、この地球でもう一度、任務期間に志願する準備はできていますか? 
新しいエネルギーの中への移行にチャレンジする準備はできていますか? 
そうです、本当にたった今、貴方は"故郷"へ帰ることだってできます。
でも、こんなに遠くまでやって来て、数え切れない転生を繰り返した後、映画の最後を見ないで去っていってしまうのは残念なことでしょう。
それに、スピリットは貴方がここに留まり、他の人々が新しいエネルギーの中に移行する助けをすることを必要としています。

彼らには、貴方のような、既に古いエネルギーから新エネルギーへの旅をした人間のガイドが必要になるでしょう。
貴方が今歩いている道のりは、"新しい神なる人間の教師"に貴方がなることを可能にさせる体験を与えてくれているのです。
時には貴方の旅が孤独で暗いものでありえるとしても、貴方は決して一人ではないことを憶えておいてください。

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
緑の太陽
2011-07-18 Mon 23:37

太陽を灼熱の世界と見るのは、太陽を、物質界のみに執着する人類科学の知見と同レベルの天体と定義して、地球次元の視点や物差しで、推定したり観測したりするからです。

人類が進化して太陽の波動レベルに近づけば、太陽を「素晴らしい緑の星」と認識するようになるでしょう。

次をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=lae83L2Fl_I&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=4s6DVpDya9c&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=JUjGaEFW2bI


太陽の周辺に、多数の地球サイズの球体(UFO)が見られます。彼らは、太陽の巨大な重力(引力)に引き込まれることもなく(その高熱で溶融されることもなく)、悠然と滞空(または停泊)しています。


彼らは、ドゥスティグネオ(Doustigneo)と呼ばれる高度に進化した宇宙種族で、いま太陽で起こっている特別な現象を観測し、その変化が地球などの惑星に大きな悪影響を与えることのないようにサポートしています。

宇宙船の巨大さや(ちなみに地球の直径は約12,000km)太陽近傍での活動を含め、彼らの存在様式は人智の及ぶ範囲を遥かに超えています。「多次元宇宙」の奥深さの象徴ともいえるでしょう。

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
次元移行
2011-07-17 Sun 06:18

通常、極移動と次元移行は同時に起こります。そして次元移行が起こるおよそ五、
六時間前には驚くべき視覚現象が生じます。三次元と四次元の境界がいよいよ接
合しはじめ、三次元意識は徐々に遠のき私たちは四次元意識との距離を縮めてい
きます。

三次元のエネルギー網が崩壊するにつれて、合成的な人口物は消滅します。
地球上には進んだ文明の五億年にも及ぶ歴史がありながら、事実上その証左に
全く乏しいのは、そうした理由があるためです。

極移動を生き残るには、物体の場合、ピラミッドやスフインクスのように地球と調
和裡に共鳴している純天然素材から造られていなければなりません。
それでも実質的には、地球上のすべてのものが文字通り吹き飛ばされしまうのです。

合成的な人工物が地上から姿をけしつつある中で、四次元的物体が突如姿を
現すことがあります。
色彩も形状もそれまで我々が見たこともないようなものが風景の中にうかびあ
がるのです。
自覚を持ったまま三次元から四次元へ移行するには、これまでならマカバの
生成がかかせませんでした。
しかし今回はそのてんをいささか異にする可能性があります。

すでに人類は、15億もの人々が確実に自覚して移行できるところまで進化して
いて、マスターたちは私たち全員が次の次元に到達できるものと見積もっています。

人々はなぜそのような知識が自分にそなわっているのかさえ理解できないまま、
気づいたらそれを知っていたり、唐突にマカバのことを思い出したりするでしょう。

かりに私たちが極移動の直前まで磁場をよい状態に保てたとしても、三日半に及
ぶ磁場の完全消滅は、ほぼ確実に起こります。自分でマカバを顕在化できれば、
まずは崩壊した磁場を再生し、次の次元へ移動するための生きた時空間の乗り
物を体の周囲に創り出せるのです。

磁場が崩壊するやいなや、地球はあなたのもとから消失し、「大いなる虚空」に我
が身をみいだすことになります。この「中間生」といわれる状態が三日半のあいだ
続き、その後、四次元世界に生命体として戻ってくることになるのです。

四次元世界には、裸の状態である以外はおそらく今と同じ姿で出現します。
衣類は次元の移行を乗り越えることはできませんが、あなたの体の原子構造は、劇
的な変化を遂げながら次元移行を乗り切ります。

体の原子の大部分はエネルギーに変換され、個々の原子は一つひとつが驚異
的な間隔を置くようになります。すなわち体の大部分がエネルギーである、光の
体(ライトボディ)に変容されるのです。

新しい世界では、自分たちの思考によって毎瞬毎瞬、現実を創造していくことを
忘れないでください。

思考の顕在化は瞬間的に起こります。たとえば「ミカン」のことを思った途端、そ
の場に即座にミカンが現れるのです。あなたは早速それをむいて食べることもで
きます。

平和、美、愛といった思いが非常に大切になるのは、そうした理由からなのです。

かりに四次元で恐怖に基ずく思考を行った場合、即座にそのとおりの現実が創
造され、表出してしまうために、すぐさまあなたは自分を狙う暴徒のような恐ろしい
ものに出くわすことになるでしょう。

対するあなたはすぐさま銃を創り出して発砲し、あいてを殺したとします。すると
その時点で、あなたは因果律が緩慢に横行する三次元世界へと再び舞い戻る
ことになるのです。

四次元では思考の質があらゆる意味で非常に重要になります。
イエス・キリストが思考の純粋性を重ねて説いていたのは、こうした理由からな
のです。
愛と平和と一体性、そして隣人に優しくあることは、結局そのまま我が身に返っ
てくるので、きわめて実際を重んずる姿勢をイエスは諭していたのでしょう。

そうしてことは無論、三次元においても大切です。ところが、ここでは顕在化に時
間的ずれが生じるため因果関係を黙殺したり、見極めることなくやり過ごせてしま
うのです。
三次元は、制限や被害者意識について学ぶ領域であるようにも思えます。

被害者意識の中で最たるものは、自分が己自身の現実を創り出していることに気
づかず、物事がすべて自分に降りかかってくるものと信じて疑わないことです。

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
 私たちはつまるところ、波である (Wave Function, 波動、波動関数)。
2011-07-14 Thu 23:24

波はエネルギーである。
 あなたのおこす波 (意識、認識、思考、アクション) は宇宙のすみずみにまで伝わる。 コアに存在する神にも。

 あなたは波 (エネルギー、波動、バイブレートする実体) であるから、自由自在に宇宙 (エネルギーの世界)では変化 (へんげ) する。
 同様な霊的な命 (実体、エンティティ) が、文殊に見えたり、ミカエルに見えたり、自由自在に変化 (へんげ、化身)するのと同様である。 文殊は若い男の子としてもよく現れる。 ボーイッシュなエネルギー。
 霊の世界や神の世界では、私たちは、従って見た目に惑わされない。
 なぜなら、私たちは互いを、各個体にユニークな波長 (波動、Wave Function, 波動関数、指数、パラメーター、属性、バイブレーション) で識別するからである。 似た波動 (波長、波の形) をもつものは、波長があう。 ケミストリーがあう。 そして集まる。 同様の波動をもつもの同士 (ソウル・グループ)、共通の目的を持ち、その使命を果たそうとする。
 霊性の上昇 (アセンション)とは、すなわち意識がシフトアップする無限のプロセスをいう。
 自己の意識がシフトアップ (次元上昇) するにつれて、より深く、遠く、中心へ向けて宇宙の意識とつながることが可能となる。
 細胞膜を抜けるような感じで、次元を次々抜ける。
 細胞膜は浸透膜で、物質でありエネルギーである。
 心・魂の準備のあるエネルギー (ヒト) は細胞膜を抜けて、次の次元に行ける。
 4次元、5次元 ・・・ 11次元 ・・・ 
 未来の人類の世代は、生まれながらに霊性の高い人々が転生する (例えばインディゴ・チルドレン)。
 ネイティブ・アメリカンは 「未来7世代先のことを考えて、今選択し、行動する」 という原則のもとに生きている。
 未来の人類のために、地球を守ることはとても大切なこと。
 転生を選ぶ魂は、未来に繰り返し地球に戻ってくる。
 その時の地球が今よりも良い環境だと嬉しいでしょう?
 ヒトは無駄遣いのカルマ (癖、傾向、パターン) を改めねばならない。
 地球を略奪するように、石油や木や地球の資源 (地球の子供) を消費する時代を終わらせる。
 地球 (母) が枯渇するまで利用しない (これは人間相手にもいえること。 人や組織を無駄に利用・消費しない)。 
 従来のエネルギーが枯渇してパニックすることを選ぶか、今から賢い選択をして、太陽エネルギーなど、クリーンで循環するエネルギーにシフトしていくか。 すべては人類の集合的叡智、自由意志による選択と行動にかかっている。 神 (統一するフォース) はアドバイスをする。 が、人類に与えられた自由意志の自由と権利を剥奪しない。 実際の選択、決定、アクションはすべて人類に委ねられている。 
 DNAの構造変化: 2重らせんから多重らせんへ (Double-Helixからマルチ Helixへ)
  現在物理的な (あるいは目に見える) DNAは2重らせん構造を持っている。
 自然の世界でもそうであるが、目に見える世界には常に目に見えない世界が存在する。
 たとえばベーディック占星術では5つのエレメントがある。
 地、水、空、火、気
 Earth, Water, Air, Fire (Spirit), Ether
 の5つのエレメントである。
  地や水は目に見えるが、空気や気は目に見えない。
  物理的に2重らせん構造をしているDNAには、相対してパラレルに走る、目に見えないエネルギーのDNAの2重らせん、合計4本走っていると見るのは自然であろう。 霊性が上昇するとともに、DNA構造も変革していくのであろう。 2重らせんが、4重らせんとなり、6重、12重らせん構造になっていくのであろう。 その変革の設計 (デザイン) は、多次元宇宙のコア (中心) に在る、統一する力 (スーパーインテリジェントな存在) が、宇宙の始まりのときに既に設計済みであったということであろう。 
 ヒューマノイド・タイプの宇宙生命種 (ヒトも含む) は基本的にらせん型のDNA構造を持っているのでは、と考える。
 それでは、ヒューマノイド型ではない宇宙生命種の場合、DNA構造はらせん型の設計ではないかもしれない。
 もしそうであれば、全く異なる設計デザインを持つ、種の生命情報 (DNA) が混合するとどうなるか、である。
 融合するか、異常・破壊がおこるか?
 今、一部で論議されている、爬虫類型宇宙生命種 (Reptilian) とヒトとの混血・DNA混合の問題の要点はそこにあるであろう。
 チベットにも、日本にも、シュメールにも、世界中に Fish People (魚人、海人) の伝説がある。
 彼らはヒューマノイドには見えない。
 どちらかというと蛭みたいにぷよぷよしている。
 彼らは人類の先祖に文明と智慧をもたらした。
 人類の先祖と結婚し、DNA混合して、一部のヒトの中に生き続けている。
 Alien Abductionに見られるように、Reptilian種全体が、地球乗っ取りを画策しているとは考えられない。
 一部はそうかもしれないが、一部は、融合を目指しているといえよう。
 短絡的に、ある種が邪悪であると決め付けるのはよくないと思う。
 チベット族が何千年にもわたるヒマラヤ・シャンバラ地区からの隔離を終えて、アメリカなど全世界に散らばっているのも、融合のシナリオの一環といえるのではないだろうか? チベット族は、DNA ライブラリの鍵を握る種でもある。 DNAライブラリアンとして存続する宇宙の使命がある。 
  たぶんチベット族のひとつの先祖族 (緑人、緑種) は地球のCare Taker (ガーディアン)なのだ。 地球をケアするよう役割を与えられた種族。 太古の昔、大戦争があった。 地球が核汚染で住めなくなった。  DNA異常、奇形もおこった。 多くの宇宙種がその時、地球を見捨てた、あるいは安全な宇宙スペースへ避難した。 緑種は地球に残った。 命をかけて。 核汚染によるDNA破壊、奇形、病気、種の破壊など、危険を承知の上で、それでも地球に残った。 地球を愛したからである。 地球にガーディアンとして残ることを選んだ。 そして、地球にはまた花が咲き、命が回復したのである。 私たちの一部は、 最後まで地球に留まった宇宙種なのである。 彼らの存在は忘れ去られた。 でも、一部の人間がまた記憶を回復しつつある・・・・ 
   Reptilian種もヒューマノイド種も融合、統合していく? その時、地球は平和の実現を経験する。 概念ではなく、実際に経験することになる。 神 (統一するフォース)は、平和 (融合、統合) という概念 (ロゴス) を持って宇宙を設計、デザインされたであろう。 ただし、設計、デザインだけでは充分ではない。 実際、家は建てられねばならない。 すなわち実現されねばならない。 実現することで、知識と経験が身につく。 地球は、人間ひとりひとりが内包する、神から与えられた概念 (ロゴス、幸せの追求、融合・平和の追求、自己実現の追及) を実現する場なのである。 実現のプロセスで培った知識と経験は、人間ひとりひとりの心の中に貯蔵される。 すなわちDNA ライブラリに貯蔵・保存される。 DNAライブラリに保存された知識と経験、そこから来る洞察、智慧などは、宇宙のすべての生命体により共有される財産となっていく (共有ライブラリ = 宇宙レベルの集合無意識は皆に共有される)。 宇宙の中心にある統一するフォース (神)、統一する種 (グランド・セントラル・サンの種)、宇宙のすべてのヒューマノイド種、Reptilian種、その他全ての宇宙生命により共有される。
  地球は融合する核炉 (DNAライブラリ、融合鍋) として宇宙の中でユニークな存在となるであろう。
 = 地球の使命 (のひとつ)。

 : もっと知りたいヒトは、Tara (タラ、地球のははがみ・母神)に波長を合わせて、Taraに直接質問するとよいのではないでしょうか? 文殊やミカエルや神仙マスターでもよいですが。  

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
999の時
2011-07-13 Wed 22:52

その世界では、シンクロニシティーが起こり、思う事が現実となり、今は無くても必要なものは必要な時やってくるので、足りない物は無くなるのです。
低い波動の中で存在し得た人間が三次元だけの存在であるとする虚構の世界が、
高い 波動の中では存在する事が出来ません。
波動が高くなると人間は多次元世界に存在するという真実に気がつくのです。
本来の自分の姿の大きさに驚く事になるのです。
宇宙の全ての多次元の存在と繋がっていて、自分の想いが宇宙のはてまで届いているという事を知ることになるのです。
想いはエネルギーであり、
時も場 所も関係なく瞬時に多次元世界に届くのです。
人間がどれ程素晴らしい存在であるのか、あなたたちが生きて示すのです。
人間の本 来の姿を示すのです。
アセンションすることにより、
人間世界に変化をもたらすのです。
そして、地球を、愛と平和の素晴らしい惑星にするのです。
あなたたち は、そのために今の地球に生を受けたことを忘れないで下さい。

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
スターピープルの特徴+ウォークインの特徴
2011-07-09 Sat 18:41

スターピープル・キッズとは,地球以外で何度も転生を繰り返しており,時あるごとに
地球に来ては、地球を助ける役目をおう魂の事。
大概が地球のみで転生を繰り返している
魂よりレベルは高いとされている。
(しかし・・中には波動の低いスターな種類もいるので全部がそうとはいいきれない。
種類に関しても沢山あるので,ここでは省略する発言をするのが特徴。
過度にセンシティブな子供も多い。
同じ年代の子供達とは話が
合わないため苦労する事が多い。(例えばイジメとか孤立とか)
大人びた発想の例として,幼稚園や小学生の頃から「公正とは何か」を語ったり,
「宇宙のシステムについて」知っていたり,「政治・経済」を熱く大人と同様に語り合え
たりする。

もう一つの大きな特徴は

「自分が他の星で生まれ変わっている記憶」を持っている事。

はっきりとどことは覚えていないまでも,記憶は残っている。

そのためか強い孤独感と「宇宙に帰りたい」という気持ちが強い。

地球の節目・節目でこのような魂が地球にやってくる事が多い。
今,続々とスターキッズが生まれて来ているのも,地球の節目が近いからだと思う。

 
興味のある方はどうぞ。

*超真面目だったり,お茶目だったり。その人を本当に理解するのはほぼ不可能に近い。
*本当の感情を表現しない。(できないんじゃなくって・・しない)
*いい人。やさしい人。(無償で人の役に立ちたいと強く願う)
*自分にも他人にも厳しい。
*結婚のパートナーがいないか,いるとしても年下が多い。(超)晩婚型が多い。(^-^;
*レイキマスター(又は目指している)
*UFOやETに興味が有り,実際に目撃体験や,宇宙からの訪問を受けた経験もある。
*地球人になじめず,基本的に人間の理解に苦しむ。深い孤独感。
*目に特徴あり。
*自分の家族構成が普通じゃない。(例えば・・腹違いの兄弟姉妹が沢山いるとか,
複雑な養子縁組が多いとか・・・など)
*オーラの形が人間のとは微妙に違う。

ウォークインとは・・・

*事故,又は手術とか大病で臨死体験をしている。
*子供の頃の記憶が,まるで他の人のもののようで,自分の記憶としては全く残っていない。
*名前を変える。移住・職業を変えるこれを同時に行った事がある。
*ウォークインの後,嗜好がガラっと変わる。趣味が変わる。
*落ち着くのに2年くらいかかるため,その準備期間や,入れ替わりの記憶が残っている。

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
私は
2011-07-09 Sat 06:26

私はかなり前に悩むことを止めています。

ただ今ここに居るだけ。

生かされている。

あなたのために、・・・

間接的に死ぬなという忠告も頂いています、「生き抜きなさい」と言われているのです。んんん・・・

まだまだ成長の途上にありますけれど皆さんのお役に立てる部分も多少あるようですので・・・

今回のアセッションは特殊であることは皆さん既にご存知と思われます・・

そろそろ本腰をあげさらなる意識レベルを上げるようにしてゆこうと今書きながら思って居ます。
 自分という意識を少なくし、人のため生命を慈しみましょう。それ結果としてあなたの世界に反映されてゆきますよ。

私はあなたの成長を期待します・・

今日は思いつくまま書いて見ます。遊びながらのサイト書き込みなのでそのような目で見ていてください。






 

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
・・・ さまコメントありがとうございます
2011-07-07 Thu 21:06

ワンダラーとスターシードの違いは、5次元の意識か6時限以上の意識かという違いですね。
スターシードの意識レベルの方が6次元以上のようです。
スターシ^ドはかなり自分は宇宙人という意識を持っています。
地球人となって転生の回数が非常に少ない。
そういう私もですけれど・・・

しかし、あまり次元ばかりを意識しないでください。
生命はすべて同じかちなのです。
神もそして、あなたも皆等価です。
なぜならあなたは未熟な神なのです。
皆完璧な神ならこの宇宙は消滅するかもしれませんね。

一般の人から見ても何か違う?
なんか変という感じですかね。 
宇宙の記憶もかすかにあり孤独間がかなりあるものと思います。 
多次元・他の領域の世界よりこのの世界を見るとかなり変です。

私はKPOPで元気をもらいつつ、ジョージ・ウィンストン、Enyaなどの曲を聴いてこの世界から乖離の時をすごしています。

コメントは今後記事として書いて宜しいでしょうか。
みなさんハンドルネームでしょうから問題はないと思いますけれど。
これにつきましてのコメントありましたらよろしくお願いします。
 妙なコメントは無視させて頂きます。

この世界をよくしようと思っている方は多くいます。
というか、思いは皆同じですね。

私はその先へ進みけれど・・・
その先は未定・・・
現在日常が超多忙過ですけれどこのサイトを毎日のようにいじっていますし。
KPOPでエネルギーチャージしていますし、ジョージ・ウィンストンで孤独感に浸っています・・・

私は毎日この身体がある限りここに居ますので毎日ここへ遊びに来てくださいね・・・

 アセンション関連でお金を払う必要はありません。
自分を見つめなおせばよいだけです・・・
アセッションの餌食にはならないよう忠告します。
私は1円も要求しません。 金銭を要求する、そのサイトの担当は低レベルです。
どんどん金銭を要求し続けるでしょうね、余りかかわる必要はありません。
注意してくださいね。

皆さんこの世界に生を受けてきているわけですから、
当然一般の人の中に混ざっているわけでこれはかなり無駄な時間・環境に居ることがわかります。
しかし、耐えましょう。それは私も同じですよ。

そういう時なのです今は。
同じ思いをしている人々が毎日ここにアクセスしています。


もう、すべては言い尽くされています。
従って、過去の記事を再度書き直している時もあります。

アセンションて簡単なことです、隣人をあなた自身のように思うこと。
つまり、心が非常に重要なポイントです。
知識より心に重心を置きましょう。
これ無しでは上昇はありえませんね。

photn





 

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
意識を高める方法
2011-07-07 Thu 20:10

常に高い意識を保つために助けになる方法を幾つか挙げておきます。

・閃きを与えてくれる本を読んでください。
 あなたをスピリットに対してオープンに保ちます。

・美しさや喜び、高いクオリティに焦点を合わせてください。

・出来るだけ頻繁に自然の中を歩いたり、自然を楽しんでください。

・心に響く音楽や、歌声、ハーモニーを聴いてください。
 音楽はあなたの細胞に浸透し、波動のレベルを高めます。

・あなたが手にしている物事に、常に「ありがとう」と伝えてください。
 あなたが「ありがとう」の言葉を口に出すとき、感謝のエネルギーが送られ、あなたの人生に、さらに良い物事を引き寄せます。

・リラックスしてください。
 あなたが人生の大河を突き進んでいるように感じるとき、そうするのが難しいことは良くわかります。
 しかし私たちは、あなたが信頼して、流れに身を任せることを願っています。

・美しいと感じた風景、写真、絵画、植物、自然、に触れてください、または思い出してください。

・気持ちが良くて、清々しかった神社やパワースポットのエネルギーを感じてください、または思い出してください。

・瞑想時に感じた「高揚感」、「至福感」「光のイメージ」を感じてください、または思い出してください。

・天使や高次元からのメッセージや贈り物(偶然見つけた天使・高次元にまつわるもの)に触れてください、または感じてください。

・5次元意識以上の人や動物(クジラ、イルカなど)のエネルギーに触れてください、または感じてください

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
アルシオーネの独り言
2011-07-06 Wed 23:02

「今、地球のシューマン共振周波数(地球の呼吸)が、7.8HZから最近急速に増加してきました。
 (シューマン共振:宇宙からのエネルギー波と地球の磁気が共鳴しあって発生)
瞑想状態の脳波アルファー波と同じ7.8HZから覚醒興奮状態のベータ波の14HZまで上昇してきました。
つまり宇宙からの波動がまどろんだ状態から、新陳代謝が2倍になってきた状態が現在です。
すべての現象が以前の倍の速度で変化する状態です。

今、地球の磁気が、4ガウスから0.4ガウスに減少してきています。
今、太陽活動が急速に活発化しています。放射プラズマ量や太陽磁界が倍以上上昇しています。
今、自然界のみならず、すべての分野で様々な変化が生じています。 ----。
今、地球の存続に関わる重大な問題が差し迫っています。 

しかし今、
   人類の意識が目覚め始めています。
  地球を含む太陽系世界全体が、フォトンベルト領域に移行し、次元が上昇しています。
  ターニングポイントに来ています。
今日、「夜明け」の直前ですから、あらゆるネガティブなものが表面に現れ、大掃除が行われています。
  今迄の浄化作用が最終段階を迎え始めています。過去幾万年からの人類の誤った想念・
行動の膿みの内、浄化しきれなかった分が現れ消え去った後には新しい世界を迎えられると言われています。
過去すべての惑星が体験する“浄化”という“通過儀礼”を乗り越えれば、真の宇宙時代を迎えられるようです。
  世界人類が皆幸福感に満たされ、命生き生き充実した人生を歩み始められるようです。
食料・エネルギー・環境汚染・病気等全ての解決不可能と思われている問題が、宇宙子波動科学等の完成実践等で全て解決されるようです


現在人類が抱えている解決不可能とおもわれる諸問題(政治・経済・社会全ての分野)も解決されるようです。
 地球人類はライトボディー化し、人類愛深き超能力も開花するようです。
天啓を個人個人で受け取り、あらゆる問題は自分自身で解決することが常識になるようです。
神権政治が復活し、名目宗教は無くなり、資本主義社会は崩壊・貨幣経済は昇華し、等価値社会・奉仕する事が生き甲斐喜びであり、仕事

の目的となるようです。

地球の自然界全体も、大調和に満たされ、至福の時代を迎えることでしょう。
さあ、大宇宙と調和してみましょう。

  しかし、次元上昇時における浄化現象を無事に乗り越えるためには、人類が発している想念波動を宇宙レベル迄高める必要があります


暗黒想念・物質偏重・二元対立の想念から光明思想・精神霊性神性尊重・調和の想念へ、新の宇宙意識を持つことが絶対必要条件でしょう


過去からの積み重ねられてきたカルマを、浄め去り、高次元宇宙波動に同調させる必要があると言われています。
 
今から始めれば、苦痛少なく、次元上昇出来、真の21世紀地球人として引き続き生きていけると言われています。
フォトン・ベルトに意識をあわせ、そのエネルギーに同調し波長を合わせましょう。
宇宙からのメッセージを感じ取りましょう。人間と宇宙は一体であるということを思い出し、大自然によって生かされていることを思い出

しましょう。
 潜在意識が高い周波数にシフトしない限り、真理に気づき目覚めることは無いと言われています。
ポイントは“感謝の心・素直な心で、本心・魂の声を聞く”ということだそうです。
 感謝の心・周波数は、自我の波動を昇華されるようです。




もう時間は少ししかありません。覚悟を決めて、至福の世界へ移行出来るよう、少しの努力をしましょう。
各自が今、目を瞑って深呼吸して、奥の奥のまたその奥の本心の魂に、自分の今後の行き方を問い正してみましょう。千載一遇のチャンス

だそうです。新時代の地球に生き続けるか、それとも現在の精神魂レベル以下の他惑星へ移行するか、自由だそうです。選択権は各自に任

されていると言われています。
物質文明のままが良いと思い続けていれば、宇宙の法則により後者の世界へ、精神文明が良いと思い浄化行為を続けていれば前者の世界の

仲間入りになるか、どちらかだそうです。
中間はないようです。
今回のチャンスを逃すと次は約2万6千年後になってしまうようです。


続き  そのⅡ

・ フォトン ⇒
  ・ 電子と陽電子が衝突する時に発生する粒子、光子、光エネルギー。
  ・ 光の粒子。光子。振動数は7.8ヘルツのα波
  ・ 電磁エネルギーの量子。
  ・ スカラー波の波動。時限軸ゼロ点で振幅する縦波の波動。その波動の粒子性の性質から見たものが光子。
  ・ 高次元の精神進化エネルギー粒子。
  ・ 高次元の生命エネルギー粒子。
  ・ 人体のDNAからもフォトンが放出されている。~ オーラ。
  ・ DNAがアセンション左右するマスターコード。
・ フォトンベルト
 ⇒ プレアデスの中心星:アルシオネを取り巻いているドーナッツ状の光の帯です。
  ・ フォトンベルトの中心の発振源は我々の銀河系中心にある二つのブラックホール。(大小二つのブラックホールの存在は過去に大

小二つの銀河が衝突し、一つの銀河系に合体したことを物語っている。私達の銀河系は中心を二つ持つ楕円銀河。) 
  ・ (1,961年発見:銀河系の中心を軸にドーナツ状に分布した電磁波が粒子の姿をしたもの。)
  ・ (1,961年冬至=マヤの暦で、銀河の夜明け:スターゲート オープン)
  ・ (2,012年冬至=マヤの暦の最終日)
  ・ 光子が帯状になっている状態。
  ・ 強力な光の帯からなる12の巨大なボルテックスで構成されている。
  ・ フォトンベルト帯は銀河中心から黄金比の渦を作り、濃淡の光子濃度のシマ模様となっており、その反射分節光が渦となって写っ

ている。
 ⇒⇒ 銀河の中心・宇宙究極の源から放射される、進化エネルギー、生命エネルギーの領域。
 ・ (厚さ約130光年)
 ・ (太陽系は約2万6,000年かけて一周、1万1,000年毎に突入し2,000年かけて通過。)
   (周期=25,827.5年) 
 * タイムウエーブゼロ理論によると、地球誕生から現在までの進化のサイクルパターンの解析の結果、2,012年12月23日(マヤ

の暦では、今の文明が終りの時となっている2012年12月22日) 「22日から23日にかけて」』に、時間が零となり、エネルギ

ー波動が変化して次元上昇が完了するといわれている。

・ フォトンエネルギーの作用全生命体を原子レベルから遺伝子レベルの変容、波動上昇を生じさせ、進化させる。
   高度な精神波動の帯。
⇒浄化エネルギー波動、“宇宙の浄化ゾーン”
  ・ 臨界点に達するまでは、共鳴現象が生じないため、特別な変化は感じられない。

 ・ 太陽系がこの光の帯に入る時代は、水瓶の時代。
 ・ この光に入る時代には、大きな変化が起きます。精妙な光で私達の意識は高く持ち上げられ、新しい時代へと変換されます。私達の

地球が、このフォトンベルトの中に入ったのは、1987年3月16日からの1週間で、以後年々期間が長くなっているとのことです。2000年

に太陽が入り、2013年までに太陽系がすっぽりと入るそうです。
 ・ 2,012年12月23日、マヤの暦の最終日と同じです。
 ・ 1,998年5月に地球は確実にフォトンベルトに入り始めています。
 ・ 以後断続的に進行しており、12の光の渦に順次入ります。
 ・ 地球と人類は3次元から5次元へ次元上昇します。
 ・ 私達は、水瓶座に入ると同時に、2,000余年続く光の時代へと突入しようとしています。
 ・ 聖書にも至福千年というふうに書かれています。
 ・ 1万3千年程前にはムーやアトランティス大陸が姿を消滅しました。
 ・ 2,012年の冬至には完全にフォトン・ベルトの中に入ってしまうと言われています。
・ 2,026年には、確実に新時代を迎えるそうです。
前述した様にベルトの中は高次元の振動周波数になっており、その領域に振動数の低い物質が突入すると、物質の振動周波数が急速に変換

され、未だかつてない大変換が行われる。その大変換を行う事が出来た全ての生命体は、より高次の意識的レベルに覚醒し、宇宙の摂理と

調和して生きるようになると言われています。
いはゆる“アセンション”が起きます。
 ・ 肉体を持って「アセンション」を達成し、「本来の自分」に戻るチャンスは、今しかないようです。
 ・ 「千載一遇のチャンス」です。
 ・ アセンション」は、地球(ガイア)とともに「次元上昇」します。


・ このフォトン・フィ-ルドは本質的には宇宙の多次元光エネルギ-であり、精神的な目覚めと成長を促す、触媒の役目を果たすとい

われています。
 ・ 一つ一つの細胞がフォトンの影響によって光に変換されていきます。
 ・ 2,000年からフォトンの影響が次第に顕著になり始め、2,003年8月太陽系全体が「陽」のエリアに突入、魚座から次第に

水瓶座の影響のほうが増加、人類の行動が男性原理から女性原理へ変化が始まった。

 ・ 「2012年12月23日、地球は「フォトン・ベルト」によってリセットされる」と、多くの科学者を初め、真理に目覚め始めた

人々、アカシックレコードの解読者、宇宙存在からのメッセージのチャネラー達によって伝達されています。

 ・ 地球全体がフォトン・フィ-ルドに突入しますので、全世界どこにいても、避けることは出来ないようです。
 ・ 自然界にある全てのものが、宇宙の多次元光エネルギ-を浴びることになるようです。
 ・ たとえば電子レンジの中に冷凍食品を入れて、スイッチを入れた状況を考えて下さい。時間とともに解凍され、味を損なわず調理出

来る状態に変わります。しかし生卵を加熱モードでスイッチオンしたらどうなるでしょうか。経験のある人はその凄まじさを実感したこと

でしょう。(実験したい場合はウズラの卵を袋に包んで下さい、後始末を覚悟のこと)。  レンジ加熱することで、美味しく食べられる

状態になる物なら、おおいに利用しています。 しかし、不適当な物もあります。  たとえが極端になりましたが、フォトン・フィ-ル

ドに突入した場合の人類も同様です。つまり多次元の高密度のエネルギ-を浴びた場合、その波動周波数に同調出来る器であれば、何の違

和感もなく、もしろ喜びを感じながら肉体波動も次元上昇しますが、同調出来ない器の場合は、ギャップが大きすぎて何らかの苦痛や障害

が伴ってしまいます。特にフォトンエネルギーは高度な精神波動ですから、天変地変や肉体的障害の発生はさほど激しくないと思います。

精神的諸問題による苦痛、情緒不安定等の障害により、自らの行動による他次元への移動等が主流になると考えられます。全世界、全人類

同時進行すると思います。

 地球は2,026年には完全に次の次元への移行が完了し、地球本来の元の宇宙の位置にテレポーションするようです。

魂的にまだ高次元の精神活動が出来ない人類は、自らの意思で自分の霊的レベルに相応しいレベルの惑星に生まれ変わって、学習を続ける

ようです。現在の地球の軌道に同様なレベルの惑星がテレポーションしてきて、そこで再び輪廻転生を繰り返し、次に訪れる13,000

年後のチャンスの、アセンションし易い時期まで住み続けるかもしれません。
 ですから、このチャンスを逃さないためにも、今のうちに同調出来る精神的体勢を準備することが賢明です。

 ・ 地球は過去約1万3千年毎に、フォトンベルトを何回も出入り、その都度少しずつ次元上昇してきてはいるようですが、いずれの時

も失敗に終わったようです。成功していれば高次元世界の地球が完成していたことでしょう。
 ・ 地球人類のアセンションが金星人等他の人類より順調に進歩出来なかった理由の一つは、心に深く刻まれ根付いている依頼心や恐怖

心が強かったためと言われています。


・ 地球のアセンションは、3次元から4、5次元への昇華。更に7つのレベルがある7つの次元を順次登っていくようです。
『・ 1次元は点。鉱物、水基礎イセンシコードを構成する原子。
 ・ 2次元は線の意識。植物、動物。自己意識、エゴは存在せず。
 ・ 3次元は物質世界。自我意識。分離と不調和の世界。
 ・ 4次元は超意識の世界。集合意識の再統合の場。肉体を必要とする上限の場。
 ・ 5次元は想念具現化の世界。
 ・ 6次元はキリスト意識、全体意識。全創造物の光言語所有。創造性のエネルギーを自由自在に表現する。
 ・ 霊的な進化は原子構造内の空間(原子・電子・陽子等の空間)が拡大。
 ・ 高次元になると意識の観点やチャンネルを切替え、テレパシー、ヒーリング、テレポーション等が普通に行える。』
 ・ 想念波動を光明波動にしておくことが、最も重要と思います。
 ・ 否定的な暗黒想念を持っていては、次元上昇できないようです。
 ・ 3次元的想念に固執してると、3次元のままの世界へと転出されるようです。(現地球の後に来る、現在の地球レベルと同様の進化

レベルの惑星に転生する)
 ・ すべての選択は、本人の自由と言えます。

“フォトン・ベルトによるリセット”つまり“大掃除”が始まっているようです。

今回のフォトンベルトによる大掃除(浄化作用)によって、地球のバランスが再び回復されることになると言えます。
 このエネルギ-は浄化作用がありますので、心の中にしまってあるものは何でも、隠しておけなくなってしまうようです。
宇宙の法則に反した、過去からの想念・行為の全てが浮かびあげられ、浄化し始めています。
世界中の政治・経済・社会全ての分野で今、急速に浄化が進行してきました。
浄化の姿・現象として個人的には、あらゆる種類の病気・精神的ストレス障害・ 災難・不幸な状況が、また社会的には、地球環境悪化、

地球温暖化、エネルギーの枯渇、食料不足、社会的各種問題(殺人傷害事件、金銭上のトラブル、事件・事故、人間関係、年金等の社会保

障・経済状態・他)、教育、その他きりがありません。)社会変革、世界的問題(戦争・テロへの恐怖・領土問題・宗教戦争・経済戦争等

)、自然現象(地震・台風・火山噴火、気象異変等も過去からの人類の邪悪な想念行為の浄化現象です)など、全ての分野で頻発していま

す。
これらの浄化現象「マス・アセンション」は、今後2,007年5月以降急速に起こっていくようです。2,007年9月末以降意識のシ

フト・創造的エネルギーが誕生し新たな時代に突入し始めるようです。
フォトンエネルギー波の影響が顕著にり物質の振動数が光の速度を超えるようになると、三次元の時間軸が崩壊し、地球は五次元の世界へ

移行していくようです。 
 下記に、フォトンベルトによる、予想される変化をリストアップしてみました。


《地球》
 ・ 地球自身のガイア意識の目覚めが始まる。
 ・ 地球のシューマン周波数が急速に増加。7.8HZ ⇒ 現在 14 ⇒ 2,013年: 22HZ。
 ・ 地球と人類の周波数(量子論でのレベルを超えた周波数)が上昇。
 ・ 地球磁気減少、急速な変動、崩壊。
 ・ 歳差運動・地軸の変動。2,012年末に歳差運動収束および地球磁場の大変動。
 ・ 三次元世界と4次元世界の接触。
 ・ 地球温暖化現象の加速。
 ・ フォトンベルトの高エネルギー領域に太陽系が完全に入りきると、地磁気の消滅、地殻変動(アトランチス・ムー大陸の浮上)を生

じやすくなる。
 ・ 地磁気、シューマン周波数等の地球のエネルギーは、地球人類の意識エネルギーによって流動的に大きく変化する。
《肉体》
 ・ DNAの螺旋変換が生じ、肉体の4次元化、半物質化。霊的化。
 ・ フォトンエネルギーによってDNAが活性化する。
 ・ DNAが目覚める。休眠中(約12本のDNA)が目覚める(数千本ON)。
     → 松果体・DNAの活性化。
 ・ 肉体の原子構造の劇的な変化。
 ・ 食物摂取量の減少化。
 ・ 睡眠時間の減少化。
 ・ 肉体細胞の原子構造の変化。
 ・ 頭痛・動悸・目まい・吐き気・耳鳴り・睡眠パターンの変化、等新たな症状。
 ・ 今まで見たこともない色彩が見えてくる。
 ・ インフルエンザに似た症状。 頭痛。痙攣。
 ・ 爪、髪の毛の成長早まる。
《精神》
 ・ 感情起伏激化。
 ・ 想念の現実化。
 ・ 思考の現実化。
 ・ 4次元意識への移行
 ・ 意識の次元上昇。意識の量子的跳躍。二元対立からの開放。
 ・ 宇宙の法則が地球の法則に介入。
 ・ 地球上の不調和波動の浄化、大掃除完了。
 ・ 三次元から順次高次元(5次元)へ融合・変容していく。
 ・ 宇宙意識が地球意識を変容。
 ・ 大衆レベルの意識変革の進行。
   ~ 対立意識から調和意識へ、 分離から融合へ、 エゴからエヴァへ、 競争社会から共生社会へ、 秘密から公開へ、 エコノ

ミーからエコロジーへ、 浪費社会から節約社会へ、 デジタルからアナログへ、 ・・・・・ 。
《社会》
 ・ 社会構造の崩壊。
 ・ 貨幣経済の崩壊。
 ・ 奉仕社会の確立。
《新人類》
 ・ “究極の真理”に目覚める人類の増加。
 ・ 波動の変化に乗り切れない人は、自らの自由意志・自由選択により、他世界へ移行。
 ・ オーラ・エネルギー増加。
 ・ チャクラの開花。松果体の再機能回復。
 ・ 新人類(バイオレット・チュルドレン、クリスタル・チュルドレン)の誕生・活躍顕著化。
 ・ 物に心が宿る。
 ・ 神と一との統合が始まる。
 ・ その他
【3次元世界から4次元世界へ変わる時】
 ・ 3次元世界と4次元世界が接触し始めると、4次元世界の事物が出現し始める。
 ・ 三次元意識が薄らぎ始める。
 ・ 四次元世界では、全てのものが自らの想念によって創造される。否定的想念を抱くと、三次元世界へ戻され否定的な状態になる。
 ・ 四次元世界に移行する時は、特に想念意識を平和な状態に保つことが非常に重要。
 ・ 恐怖心や否定的想念が湧いてきたら、即光明思想に切り替えることが何より重要。今から訓練しておくこと。
 * 詳細は、アセンション超越法を参照願います。

 * 以上の現象は、逐次最新の地球人類の想念・行為の状況に応じて、微妙に変更・修正・変化されています。
 * 2,007年9月以降地球の次元上昇が以前よりスピードアップするようです。
 * 地球人類の想念行為次第で今後の進行方向が変化する。
 * 事前の予言やデータ解析による予測と、今後生じるプロセスに変化が推測されます。
 ※ 今回の地球の大アセンションは56億5,600万年ぶりの規模。
 ※ 過去8回のアセンションに失敗、今回は是が非でも成功してほしいと、宇宙の先輩達や神霊方が望まれているようです。
 ※ 現象的には、今後2,012年年末まで世界的規模、全人類的規模での浄化現象(やや規模の大きい天変地変、小規模な戦争、民族

紛争、飢餓、病気等)が周期的に生じるようです。また最大の変化は、意識の変容で宇宙意識についていけない利己主義・唯物主義者等意

識の低い人は必然的に、本人の奥底の意思等により自然な形で淘汰されるようです。


※ 2,013年以降、2,026年年末までは、最後の調整があるようです。その後統合の世界へ入るようです。

 【マヤの暦】
 ・ 消滅してしまったマヤ人(ムー大陸沈没後、生き残ったムー文明人の子孫)が残したマヤの暦。
  ~ マヤ暦では、地球の公転速度、つまり一年の長さは365,2420日と しており、最新の正確な数値との誤差は0.0002日しかなく、こ

の数値は現在私達が使っているグレゴリオ暦よりさらに精密。
 ・ 彼らは2万5,640年を大きな歴史のサイクルとして考え、 それを5つに分け(1サイクルは5128年)、現在は最後の5つ目のサイ

クル。
 ・ 5つ目のサイクルのスタートは紀元前3,113年、終わりが 2,012年12月22日となっている。
 ・ これは、フォトンベルトが地球を覆う日と重なっている。
 ・ ミクロの命数も、2012年で、終わっている。
   ∴ 六徳⇒虚空⇒清浄⇒阿頼耶⇒阿摩羅⇒涅槃寂静
     10のマイナス19乗⇒  20乗⇒   21乗⇒   22乗⇒   23乗⇒   24乗
     平成      19年⇒  20年⇒   21年⇒   22年⇒   23年⇒   24年
            2007年 ⇒ 2008年⇒ 2009年⇒  2010年⇒ 2011年⇒ 2012年


Ⅲ.アセッション 
  綴りは ascension。英語です。
 「上昇」の意味ですが、the Ascension と大文字で書くと「キリストの昇天」を意味することになります
 “次元上昇”と解釈しています。
 “生物学的変容---意識の焦点の変化”を意味します。
 “周波数と意識の焦点の変化”を意味します。
 “自分の肉体細胞を含む全てのエネルギー周波数を上昇させること”を意味します。
“地球(ガイア)とともに「次元上昇」すること”を意味します。
進化プログラムに沿った霊的次元上昇のことです。
 フォトンによる変革は、臨界点に達するまでは共鳴が生じないため、近ずくまでは際立った変化は生じないようです。

※ ガイア・アセンション --- 地球と共に人類も一緒に次元上昇すること。地球の変化に応じて、人々の意識が宇宙意識に変容、覚醒し

ていく。* 地球の宇宙アセンションを無事完了するためには、日本中、世界中、地球規模の目覚めた人類が絶対必要条件と言われていま

す。
* 臨界点に達するための最低人員は、14万4千の霊性・神性に目覚めた人です。
* 地球世界を救うのは、一人の大聖者ではなく、多数の小救世主です。
* キリストの復活・再臨とは、我々一人一人の心の中に聖者であるキリスト意識が蘇り発揮していくことです。
* 地球の業想念波動を浄める愛と光のエネルギー、宇宙に届く地球規模のアセ ンションエネルギー波を創り、浄化エネルギーコアを起動

させ、地球のす べてのレイラインと意識・エネルギーを活性化していくことが必要です。
* 銀河の中心部との共時性(シンクロニシティー)が必要と言われています。


“2極化の進行”

  ・ 物質的人間と精神的人間、大自然を感謝できる人と出来ない人、祈りをする人としない人、 幸福な人と不幸な人、勝ち組と負け

組--- 等、2極化が進むと言われています。
 
  <A> 進化の軌道に乗った、グループ
     ⇒ 精神的・霊的覚醒が進み、真理に目覚め、幸福感に満ち、すべてに感謝しながら恵まれた環境条件の中で生活する人々。

  <B>  進化の軌道に乗らない、グループ。
     ⇒ 物質主義・旧来の思想・価値観に縛られて、そのまま固執し続け、精神的・霊的覚醒を拒んでいるか、真理に無関心で怠惰

な生活をする人々。
       自己中心的、自己破壊的な人々。

  ・ 地球のアセンション完了時、魂の成長度合い等によって、新しく生まれ変わった高次元の地球に留まるグループと、霊的成長度合

いが未熟な為、まだ現在レベルの学習が必要な為、現在の地球と同様な霊的レベルの惑星へ転生するグループに分かれます。
  ・ B:Aの比率は、古文書や予言書、宇宙からのメッセージによれば、約数十対1でしたが、近年改善され、約5対1、更に現在は

3対1程度になると言われています。今後、残された時間で、目覚める人が増えればその分だけ更に改善されると思います。
  ・ 現象的な転出状態は、天変地変による災害や事故、流行病等外部的要因もありますが、内部的要因によるものが主流になると言わ

れています。
  ・ グループ化は決して差別ではなく、宇宙の法則どうりの情況、各自の魂の選択により、最も良い修行の道を選んだ結果になるそう

です。
  ・ Bグループの一部は、次に訪れるアセンション時(2万6千年後)に、霊的進化を成し遂げ、次元上昇した世界の住者になれると

いわれています。

  * 「霊主肉従」:想念が霊性に最低限約6割以上、肉体に約4割以下でなければ、次のステップへは移行出来ないようです。
  * 現在の地球人類の平均的な進化レベルは、宇宙全体からみると、小学生だそうです。今回のアセンションを乗り越えると、中学生

になれるとのことです。


“ 地球の波動の精妙化 ”
   ・ 今後急速に、地球の波動エネルギーが上昇し、地上界全ての物が精妙になってきます。 
   ・ このため、全ての変化が今以上に早く激しくなるでしょう。
   ・ 暗黒想念波動によって、予言されていた状況が現象的に表面の物質界に顕れ地球壊滅の寸前迄、行く直前で、
    光明波動によって、回避されたとのことです。
   ・ 今後、おおいなる人類進化の道を歩み始めるでしょう。

“ 想念波動 ”

  ・ 今後、地球界の波動の精妙化に伴い、想念エネルギーの現実化作用の迅速化が進行します。
  ・ 想ったことがすぐに顕れやすくなるそうです。
  ・ 恨み・妬み・ 否定的な想念は今後、すぐに数倍になって自分自身に帰ってくるようになるそうです。
  ・ 光明的なことを想うように心がけましょう。

“ 物質文明から霊性文明・神性文明の幕開 ”
 ・ 今後、地球界の波動の精妙化に伴い、二元対立、相対的世界文明、から本来の霊性文明の時代へ、更に神性文明の時代へ移行し始め

ることと思います。

“ 他世界からの応援 ”

 ・ 今、地球が大転換を迎えようとしています。
 ・ 地球が無事次元上昇出来るかどうか他の進化した惑星人が非常に関心をよせているとのことです。
 ・ 大イベントが無事成功裏に進行されるよう、愛の光の放射や気づきのメッセージ等で応援してるそうです。
 ・ 核戦争などを起こさないよう、陰ながら援助しているそうです。
 ・ 核戦争は宇宙全体に非常に悪い波動を撒き散らしてしまので、何とか食い止めようと、地球人に気ずかれないようにエネルギーを放

射されているそうです。
 ・ 神界・霊界からも愛のエネルギーを放射されているそうです。
 ・ 特に地球の地底にある光の都市(シャンバラ)の聖者的住民達からの応援が強力なようです。
 ・ 時期が到来すると、イルカ・クジラ目の動物が何かと協力してくれるようです。
 ・ 神界・霊界の聖者賢者や次元上昇達成の使命を持った世界各地にいる目覚めた人々によって、暗雲に包まれていた地球上の幽界の浄

めが達成されてきました。
 ・ 今回こそ、無事次元上昇出来るかどうか微妙な状態が継続していましたが、目覚めた人達の増加によって、地球は無事新時代を迎え

られることになったそうです。
 ・ 但し、新時代の地球波動レベルとのギャップが大き過ぎる人々は、その人にとって、最も相応しい他の学習の場が与えられ、霊的進

化を続けていくといわれています。
 ・ 今後は、いかに苦痛少なく移行出来るか、いかに多くの人を目覚めさせるかがポイントになるようです。


Ⅳ.次元の上昇

太陽系惑星で最も進化の遅れた地球で、約13,000年ぶりの大飛躍のチャンスを迎えた今、是非とも真の宇宙人類まで成長したいも

のです。
   我銀河系の同胞たちと共通のテーマである、「二元性と分裂」から「統合」を、今回我地球人類も学び取る大いなるドラマのクライマッ

クスを迎えようとしています。
 
 ※  地球人類は銀河宇宙の中では、他の惑星人に比べ、霊的に多くの体験を積んでいるそうで、アセンション後の人類は大いなる成長を

習得することになるようです。地球人類ほど多くの天体からの移住人類による雑多な惑星は少ないようです。しかも繁栄と滅亡を限りなく

繰り返し、あらゆる経験を積み重ねてきた魂の持ち主が多く、今回のアセンションを無事乗り越えれば、素晴らしい人生を謳歌できるよう

になると思います。
  ※ 自分の波動エネルギーを上昇させれば、3次元世界のすべての苦難を受けなくなると言われています。

  “惑星ニビル”(謎の惑星X、クラリオン、ヤハウェ)

  NASAの極秘文書
   ・ 惑星ニビル(褐色矮星)の接近による地球のポールシフト・自転停止・大地震・大津波・火山大噴火等の危機が,2,003年にあっ

た。
      ⇒ ニビルの異常接近による直接的な悲劇は回避された。
   ・ 太陽系に与えた影響
     ・ 地球上の火山・地震が倍増。
     ・ 海王星・冥王星 ⇒ ポールシフト発生。
     ・ 木星 ⇒ 磁場倍増。
     ・ 火星 ⇒ 大気密度倍増。
     ・ 金星 ⇒ 磁場変化大。
     ・ 月  ⇒ イオンガス発生。生命放射波動倍増。
     ・ 太陽 ⇒ 磁場倍増。コロナ流が4割増。
     ・ 太陽系全体 ⇒ 太陽系宇宙空間電荷量4倍増。
     ・ 地球の次元上昇の為のリセット。~地球の進化が加速。


 “次元上昇中”(2,000~2,013~2,026年)
  下記の事が言われています。
    ・ 地磁気の減少。 将来ほぼゼロになる。
    ・ 世界的規模の飢餓・病気・対立等。
    ・ 影の軍団、ネオ、アンチキリストの横行、最後のあがき。
    ・ 地球温暖化。
    ・ 波動調整による個人的カルマの浄化現象。
    ・ 精神波動調整による情緒不安定。
    ・ 想念(悪・良共)の現実化の迅速化。
    ・ その他 
 * 「シューマン共振」は現在の14HZから2,012年に22HZ二ヘルツまで上昇。
  《DNAの組み替え発生状況》
    「シューマン共振」の上昇により、DNAの回転速度も上昇。 
      ⇒ 「フォトン・エネルギー」は左回りで、生命体のエネルギーの正常磁場が右回りの為、DNAにこのエネルギーが入ると、螺

旋がほどける現象が起こる。
      ⇒ DNAの螺旋変換発生。~ 身体的変化:高熱、風邪のような症状、だるさ、眠気、イライラ、感情的キレ。
        左回りになっている間に、DNAにはどんどん「フォトン・エネルギー」が入る。
      ⇒ 周波数が上がると右回りになり、「フォトン・エネルギー」を体の中に取り込む。人間の体は、半物質化してしまう。
      ⇒ 睡眠、食事必要性減少。DNAの組み替えが起こる。体の周りのオーラ・エネルギー(生体磁場)がだんだん見えてくるように

なる。


“次元上昇後”(2,013 ~2,026年以降)
  下記の事が言われています。
    ・ シューマン共振周波数の増加 ⇒ 2,013年に22HZ。
    ・ 世界中にある次元の扉のうち日本の扉が開く。
    ・ 脳の中央にある“松下体”「第三の目」の開花。 ⇒ “霊眼”機能復旧。 
    ・ オーラエネルギーの増加 ⇒ 霊体質化
    ・ 5次元化した霊体新人類に変容。⇒ 霊界的活動可能。
    ・ 眠っていた神聖遺伝子の復活。 ⇒  超能力者。 
    ・ 驚異的な霊能力発揮。 ⇒ 他次元世界との交流可能。
    ・ 超能力の顕現。⇒  日常生活で超能力発揮。
    ・ 個人個人で、ハイアーセルフの仲介を通して、いつでも創造主とコミュニケーション出来る。
    ・ 食事の目的意識変革 ⇒  エネルギーは食べ物からでなく、天からの生命エネルギーを各自取込む。
                       食事は、コミュニケーション目的。
    ・ 貨幣経済の崩壊、等価値制度への変容。
    ・ 神権政治・社会の確立。
    ・ 等価値
    ・ 生命磁場をどれだけ共有出来るかで、社会的評価をされる。
    ・ 自然環境の回復。
    ・ 地球人口の適正化。(約1/3)
    ・ 地下シャンバラの住民の地表への再現、地上人類へのアドバイス。
    ・ 宇宙文明誕生。 ⇒ 再度地球に宇宙的文明開化。
    ・ 日本中心世界の誕生。 ⇒ 世界の中心、日本。
    ・ 大調和世界誕生。
    ・ 宇宙連合加盟。
    ・ 宇宙科学文明の開化・地上天国的世界顕現。
    ・ 地球は元あった銀河系の重心近くへテレポーション。代わりに現在の地球と同等以下のレベルの惑星がテレポーションで仲間

入りする。
    ・ 将来も人類は大宇宙のなかで、宇宙と調和した生き方を身に着けるため、神との一体化を図るために相応しいスタディの場で

ある惑星で、進化し続ける。


Ⅴ. 《 アセンション・次元上昇への準備についての、宇宙連合からのメッセージ 》

  ・ “心の調和“を心掛けるように。
  ・ 地球に生まれる前の自分のプログラムしてきた役割に気づき、意識を変換するように。
  ・ プラス思考を心掛けるように。
  ・ 大自然に感謝するように。
  ・ 遺伝子を目覚めさせるため、瞑想・祈り・深い呼吸を行い、命の宣言をするように。
  ・ ------。
  ※ 詳細は別ページ “宇宙からのメッセージ”を参照願います。   ⇒    
  ※ 高次元の存在者からのメッセージは最近世界的に急増していますが、冷静に受け止めましょう。
  ※ 肉体経験を積んでいない高級神霊からのメッセージは地球人類にとって、現実的に実行し難い内容が多い。素晴らしい真理のメッ

セージではあっても、ほとんど具体的な方法が示されていません。一般庶民にとっては心が浄まる事はあっても、簡単に実行できる内容が

ありません。


   臨界点に達するための最低人員、14万4千人の霊性・神性に目覚めた人を、
  その日が来るまでに誕生させる必要があると言われています。

 ※ 《臨界点》
   ⇒ 臨界(臨界点:クリティカル・マス)とは、気体、液体の境界がなくなる(表面が消滅する)点(温度、圧力)

   《144,000》
   ⇒ 地球に存在する経絡:ツボの数。⇒ 完全に開花した時点が地球の臨界点。 ⇒ 地球の次元上昇。
    ・ 人類の集合意識、共通意識から集合意識に働きかける数霊。
    ・ “百匹目のサル現象”世界中の人類に情報が伝播する。
    ・ 144,000人の“アバタ” 
        ⇒ 太古他惑星から地球に移住した神性を秘めた、目覚めた人。
        ⇒ 間もなく到来するアセンション時に、多数の地球人類を無事乗越られるよう、目覚めを促し、地球波動を浄化する使

命をもった人。
        ⇒ “聖白色同胞団” (ワンダラー) : 太古から、地球救済の使命を担った集団。


《シェルドレイク博士の理論》  
     * (ある島で芋を海水で洗って食べる習慣を身に着けたサルが、一定の数に達した時、遠く離れた場所にいたサル達が同じ行

動をする現象。
      ⇒ 形態共鳴、形而場共鳴化現象 ---  認識された形の場が一度出来上がると、時間・空間を超越して“形態形成場”の伝

播が生じる。
(100匹目のサル)

    ・ (超古代に銀河系宇宙から水の惑星地球に飛来した、ヤハウェを中心としたリラ系種族の移民団の人員数。)
    ・ 宇宙から飛来した天孫降臨民族。
    ・ 地球人類救済のために、使命を持って地球に生まれてきた、大光明霊団(聖白色同胞団)の人々。
    ・ 現代は、地球人類の苦悩の歴史がいよいよ終焉する時代。
    ・ 地球創生の担い手の先人となるこの度の144,000人は、その遺伝子(DNA)に託された記憶を蘇らせる。
    ・ 幾前世からの魂(遺伝子)に刻み込まれているミッション(天命)、本来の“我即神也”の真理を思い出し、個人・人類・地

球の次元を高め上げることが出来る。
    ・ 集団規模のキリストの再臨。 = 14万4千人の神人、による祈りによって、地球の幽界の波動が浄まり、地球の次元が上

昇、地球が破滅せず無事高次元エリアへ移行できる。
    ・ 現代では、数人の聖者賢者・キリストが再臨しても、世界を平和にすることは出来ません。集団規模の目覚めた人が世界を動

かします。

   是非あなたも下記の方法を実践体得し、霊性・神性に目覚めた一員になりましょう


球の次元上昇と共に各個人も一緒に次元上昇して、素晴らしい新時代を生き抜くための方法です。

   ・ プラス思考を心掛けましょう。
  ・ 大自然に感謝しましょう。
  ・ 積極的なことを想いましょう。
  ・ 意識を地球全体・人類全体に向けましょう。
  ・ ゆっくり深い呼吸を心がけましょう。
  ・ 本来の自分は宇宙神と共にいるとイメージしましょう。
  ・ 人は本来神そのもの、神の分身であったということを思い出しましょう。
  ・ 自分の遺伝子を目覚めさせるため、本来の姿である「我即神也」と宣言しましょう。
  ・ ( 差し迫ったアセンションを無事乗り越える為に、「アセンションする」という明確な意図が必要。)
     (アセンションを果し天変地変から人類を救う方法は、「神様に対する感謝の心と祈り」で、地球の調和を回復すること。)
     ( 休眠状態のDNAを目覚めさせる為に、高次元の意識である本心との一体化を宣言することが必要。)
  ・ ------ 。


   《 精神世界の本を読む時の注意点 》

    ・ 精神世界の情報は、「表面的・顕在意識ではなく、心の奥の直感・本心の心に合わせて選択し、吸収してゆく」ことが重要。

    ・ 第一直感を大切に。 迷った場合は、最初に浮かんだ考えを実行すること。後からの考えは、業想念波の影響で、マイナスの

結果になりやすい。

    ・ “知識”より“知恵”を得ることが大切。

    ・ 「青い鳥」のように、ネットサーフィンして手当たり次第に情報を求めて自己満足したり、精神的な安住の地を得る為に右往

左往して「精神世界オタク」になったりしても得た情報によって却って心が混乱し不安が広がるだけで、難行の割りに安心立命を得たり魂

の進歩に繋がりにくい。


・ 情報をよく吟味し、心の奥の直感・本心の心に合わせて、「これは正しく今の自分に必要」と納得できた情報のみを吸収する

ように。

    ・ “とんでも本”的な情報を、無理して信じようとしないこと。

    ・ 情報を充分精査すること。

    ・ 時には、「外からの情報」を無視し、今まで得た情報を自分の中で「そしゃく」し、吸収する必要な時期がある。

    ・ あくまでも情報は、自分自身の魂の進化に役立つものだけにしましょう。

    ・ 真理を見出し、身をもって実践・体得していく事が大切。実践しなければ宝の持ち腐れです。

    ・ 物事の奥の真理を学び、心の目を磨き上げ、真理を体得していくことが大切。

    ・ チャネリングの情報には相互に相違した内容があります。比較的低次元の世界からの情報か、極度に進化した宇宙根源からの

情報であるかによって矛盾した事柄があるかもしれません。より高い純化した世界からの情報を受け取りましょう。

    ・ この世界で飛び交っているチャネリングなどに由来する情報の多くは、情報源の精神性・神性の進化レベルに相応しています

。低いレベルからの情報も多く、誤解や混乱をきたす恐れがあります。 地球を破滅させようとする異世界のネガティブな存在達もおり、

波長を合わせてしまうと、巧妙に操縦されてしまう恐れがあります。

   ・ 魂の進化の為に、あくまでも地球人類自身でアセンションを乗り越えることが大原則で、精神世界からの援助はヒント程度のサ

ポートのみと認識することが大切。

    ・ 人類の波動を高めて、アセンションもさせてくれる、というような「宇宙人待望」はあり得ないことと意識すること。

    ・ 予言は外れる為にある。予言は“警告”、“メッセージ”です。
 
    ・ 真理を自分自身で見出し、自分の運命は自分で開いていくこと、自立する精神が何より大切。
 
    ・ チャネリングの情報・メディアやインターネットの情報を鵜呑みにしないで、心の奥の直感・本心の心に合わせて自分自身の

魂の進化に役立つものだけを取り入れましょう。

    ・ 究極的には、一人ひとりが、宇宙に遍満している“真理”を自分自身で直感的に読み取る事です。いつの日か実現出来るでしょう。

《金星》 
『概要』
 ・ 太陽系で最も進化した人類がいる惑星。
 ・ 神霊の世界が顕現された状態。
 ・ 高次元波動でみれば天国のようです。地球レベルの波動でみれば高圧高温の荒地です。
 ・ 地球救済の根拠地。
 ・ 地球の兄星。最も地球人類の救済に真底注いでいる。
『過去』
 ・ 以前地球と同様な苦難な時代を経験、努力の結晶の結果、理想世界を完成。
 ・ 金星が崩壊寸前状態時に、先輩惑星指導者が、白色円盤で現れ、宇宙の真理と神性、宇宙科学の知恵を伝授、受け入れ、乗り越えられた。
 ・ 悲惨な戦争・破壊・疾病・退廃の限界に達したのち、悪徳政治リーダーが追放され、人道主義者や賢者が指揮をとり、行政管理全体に改革した。
 ・ 私服を肥やした為政者達は追放され、人道主義者達がリードし、虚栄心や権力欲が減り、全分野にわたって道徳が確立された。
 ・ 荒廃した天地を植林で復活させた。
『気候』
 ・ 金星全体の気候は、常春に制御。---動植物も調和しており、有益な種類のみ存在。
 ・ 人工的にコントロールし、快適さを維持している。
『都市』
 ・ 大自然と調和した7大都市で構成。
 ・ 金星の都市・住宅は、緑と花の街。
 ・ 空全体が円天井。適度な光を常時放射。
 ・ 中心部に司令塔。行政部として日用品・食品分配、気候・照明等を制御。
 ・ 司令塔にて、常時円盤・その他機関とコミュニケーションを維持。
 ・ 司令塔にて、全宇宙の波動を受信。過去から現在までの記録の保管庫。
『交通』
 ・ 大中小各種の円盤が目的地、人・荷物、などに応じて利用。
 ・ リニアーカー、動く歩道、エレベータ等多種多様。
 ・ 円盤等各乗り物は斥力が作用、障害物に衝突しない。
『住居』
 ・ 照明は電磁波を光波に変換する装置で、天井や壁が発光する。
『社会機構』
 ・ 社会機構は、各自が役割分担を、一なる中心に向かって感謝と喜びを持って奉仕し、統率されている。
 ・ 中心帰一が根本理念。奉仕の精神で貫かれている。
 ・ 特別な政府はない。金星は一つの国。自分自身が政府。
 ・ 全員が同じ世界の市民。国、祖国という概念がまったくない。
 ・ 円盤基地が金星社会を構成する中心地。上空・地上・地下にも存在。
 ・ 他の惑星人とも自由に交流し、相互に進歩。
『経済』
 ・ 貨幣経済制度無い。
『産業』
 ・ 海から建築材料を始め各種の製品の原料資源を取り出す。
 ・ 宇宙科学的に基本原材料を製造、製品素材原料に合成、製品化する。
 ・ 物品の製造・不用品の消滅も宇宙科学で達成。
 ・ 設計図の中に素材を含め、波動を照射し復元する。
 ・ 農業・工業も宇宙科学を利用。--- 金星人類の進化向上に貢献する科学以外はない。
 ・ 農作物は合理的に管理された農場で効率的、計画的に生産。
 ・ 果樹園も高度に工業管理され、高収穫される。 
   ~ 施肥:必要な養分を含んだ液体肥料タンクから地中に配分。
 ・ 物質の流通機構--- 製品製造 →波動変換保管→波動送信→受信・波動変換再生し製品使用。(約50分の一に変換)
『生活』
 ・ 金星人の生活は調和第一。
 ・ 一切のエゴがない。
 ・ 皆愛のオーラを持っている。
 ・ 摂取している食べ物:宇宙キリスト意識から取り入れた食べ物が主、他に自然食、大気中から取り入れた食べ物。
 ・ 生命は普遍的宇宙の中のキリスト意識として全宇宙に存在していることを理解している。
 ・ 言語は一つの共通語が使用される。
 ・ 多数の言語が存在しますが、短時間に話せるようになる。
 ・ 時間の制約を感じない。
 ・ 安眠べットで目覚めは快適、リフレッシュエネルギーに満たされる。


『食事』
 ・ 五つの基本的な味をミックスし、数千種類味わえる。
『宗教』
 ・ 組織された宗教はない。
『身体』
 ・ 物理的身体のコントロールが可能。
 ・ 相対的に小柄。望んだとおりの体格。
 ・ 皮膚・髪・目の色等は金星の気候条件による。
 ・ ほんの僅かな動物性を持っている。超能力的存在者。
 ・ 無限なる能力を発揮している。
 ・ 直観力とテレパシーでコミニュケーションしている。
 ・ 自分自身が大師、自分の中に神を見出している。
『教育』
 ・ 教育は天性教育 ---各自の天命を発揮できるように指導・教育。
 ・ 政府が子供の教育を適した時期まで行う。
 ・ 一人一人の適正によって最適な場所で行われる。
 ・ 金星人の根本は、神聖なる奉仕と無条件の愛。
 ・ 「自動音響映像システム」使用。
『宇宙機』
 ・ 無尽蔵にある宇宙エネルギーを活用した乗り物。
 ・ 目的に応じ、有人、無人、惑星間飛行用葉巻型母船から大中小型円盤等がある。
 ・ 各種の乗り物の動作原理はすべて同じで、配置と処理法が異なっているだけ。
 ・ 円盤の機械構造の基礎は「整速輪」。「整速輪」の回転速度が変化。
 ・ 透明な材料を使用。
 ・ 超高性能観察装置装備。
 ・ 緊急用の「波動砲」装備。
 ・ 宇宙科学により、各惑星に住む人類の詳しい情報を把握している。
 ・ 万が一邪悪な惑星人に捕獲された場合は、乗員収容後、破壊させ、悪用を阻む。

12.《月》 
 ・ 月は約200億年前誕生した小惑星を、約45億年前に改造した宇宙ステーション。
 ・ 月はアンバランスな惑星を回復させるための、惑星振動数を調整する働きをする、惑星連合によって創られた。
 ・ 月はシリウス系の惑星から太陽系へテレポーションしたもの。
 ・ 太陽系惑星へのサポートは約34億年前。
 ・ 地球へのサポートは約12億年前と約2億年前。
 ・ 惑星連合(リラ星人等)が惑星の物質及びエネルギー周波数調整用に改造。
 ・ 改造の結果 → 地殻数十Kmの中空(直径約3,500Km)、磁場・重心なし。
 ・ 高次元波動でみれば自然豊かな惑星。地球レベルの波動でみれば低圧低温の荒地。
 ・ 太陽系の惑星、他星座の宇宙機の基地多数。
 ・ 太陽系の惑星を順次サポート。
 ・ 現在は地球をサポート。将来は火星をサポート。
 ・ 宇宙機の人工基地は地下(50m)。特殊波動の遮断の為。
 ・ 都市も地下。


13.《太陽》
 ・ 高次元波動でみれば調和に満ちた緑の星。地球レベルの波動でみれば、超高圧高温の火の玉。
 ・ 進化を遂げた宇宙人類の常駐の星。
 ・ 太陽系惑星に特殊波動を放射。→各惑星にある絶縁層によって光線に変化。
 ・ 約100億年前に誕生。
 ・ 新時代の太陽は高次元のシリウス霊太陽に。
 ・ 太陽系の各惑星は進化レベル、波動状態等に応じて、テレポーションしている。
 ・ 2,013年から徐々に熱核反応が減少し始める。まもなく活動を停止する。新たな太陽の誕生。(地球科学では、約50億年の寿命と解析)
 ・ 人類の意識進化の進展によって現太陽は消滅。
 ・ 太陽は精神核の反映。進化の精神の投影。
 ・ 太陽は、霊的存在。

14.《火星》 
 ・ 火星人類が、火星と木星の間を公転していた第5惑星“マローナ” で、超強力な原子核爆弾によって、惑星自体までも木端微塵になり、宇宙の藻屑になる悲劇を事前に察知し、(残骸が現在の“小惑星”)その影響による軌道ズレ・大異変を回避するため、人工衛星を打ち上げる。
 ・ フォボスとダイボスは、バランス調整用の人工衛星。
 ・ 火星の表面にはド-ム状の構造がある。
 ・(低次元な惑星人が火星人を支配し、巨大なピラミッドを建設、宇宙兵器の作動実験等により、火星全体の水分が失われ、オゾン層も破壊、大気も減少。更に太陽系を支配することが出来るような新しい波動パタ-ンを組み立てる為、核爆発を決行、予定外にも一瞬にして惑星上のあらゆる生命体が気化してしまった。その爆発の後でプレアデス人達と調和した惑星人が結集して、惑星と多次元空間としての火星は、浄化と再生のために何世紀にもわたってエネルギ-的な保護膜に被われた。またプレアデス人は火星の表面に、火星の完全な歴史を未来の太陽系の住民に反映させるため、「ラ-(太陽神)の顔」の彫刻を施す。)
 ・ プレアデス星人の植民地。地下に居住。


以上でした、面白かったですか?

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:1 | トラックバック:0
どうしてこの時期に強力なエネルギーが降ろされているのでしょう。
2011-07-06 Wed 22:08

さて、今起こりつつある変化の流れは今までとどこが違うのでしょうか。
           
どうしてこの時期に強力なエネルギーが降ろされているのでしょう。

それは地球自体が五次元生命体へアセンションするために変革の胎動を起こし始めているからです。三次元的な今までの社会制度はまもなく終わりを告げるでしょう。今あなた方が住んでいるこの地球と太陽系全体に、想像を超えた大変革が起きるのです。

この地球の構成要素である原子や分子から始まって、地球上に存在するありとあらゆるものは、より高い
波動へと変容し、まもなく太陽系ごと五次元へ移行します。あなた方に選択の余地はありません。

今と言う時期にあなた方が地球に存在していることは特別な意味があるのだということに気づいて下さい。
あなた方はずっとこの時期を待ち望んでいたライトワーカーたちなのです。

異常気象を始め大きな地殻変動や、天変地異が起きる可能性が高くなると思います
が、しかし、私たちの努力次第で、起こらないようにするか、規模を軽くする事は可能だと思います。

(でも大変な努力が必要)


大勢の人の意識がすぐに向上するでしょうか、今回の大変革は、地球も含む220ぐらいの星が一緒に次元上昇するようですので
地球の思惑だけでなく、色々な調整が必要といわれていますので、地球だけの都合で待ってもらうわけにはい来ません。

個人的な対応


1: 宇宙意識に目覚める
2:人間としての正しい生き方を知り、実行する
3: 新人類になる努力をする
4: 肉体の波動を高める
5: 環境破壊や環境汚染を止める
 
上記の意識改革を、人類全体で実施する、そしてまずは日本人から始める。



                  近づいてくる何か
皆さんは、今ようような現象を情報を通してみていますが、それはもう他人事と楽観する時ではないのです。
すでに身近な事として生活にまで及んでおり、自分自身にさえも起こっているのです。

ただならない空気をうすうす感じている方もいらっしゃるでしょう。それは「大変革」を前に地球そのもなが
「大浄化」を図っているのです。「地球」も意識を持ち、生きているのですから、汚されたら洗い落とそうと
するし、悪い菌がいれば抹消しようとします。これが自然の流れであります。
環境汚染が進めば、阻止するために「地震」「洪水」「風」等で浄化するのは当たり前です。

近頃の自然災害がこれまでにない規模なのは、地球をいじめ過ぎているからなのです。
全ては、人間が引き起こした事です。私利私欲のために「戦争」や「核実験」等を簡単に行うような「低意識」
と「悪想念」に固まった人間は病原菌以外の何者でもないのです。原因のつかめない病気は、そんな人間達のために出現したと理解できます。

このすこしづつ迫り来るもの。まさに「世紀末」という「波動」を体感しているのです。
人間がなにをなすべきなのか。この時代に来て気付くことのできない者は、「淘汰対象」になっても仕方ありりません。常に神仏は、全て人類に平等に「気付きの波動」を送っています。

今こうしている時でも、絶えず送り続けているのです。選ばれたもの「先覚者達」は、このことにいち早く気付いて、己の役目が何かをつきつめ、探求する強い思いで、「神の導き」をより確実なものにしてきたのです。
そこにたどり着くまでの道程は、決して楽な事ではありませんでした。

それらは全て「神々の大計画」の一部であり、乗り越えるべき試練なのです。どんなに苦しかろうと、辛かろうと、前に進む気持ちがなければ、人は本当の生きる意味を知ることはできません。
人類は、大きな課題を持って生れてきた存在なのだという事を「先覚者」となった者達は、深く思い知らされたのです。

地球に「魂」を降ろされる時に、与えられる肉体から、修行のための家族や場所に至るまで、全て決められております。そして、必ず神といくつかの「約束」をします。その「約束」と「命役」を成し遂げるための人生を
送ることが「魂」の喜びであり、幸せなのです。

感じた事があると思いますが、「今、自分は一体何をやってるのだろう。こんなことでいいのだろうか。自分は何をしたらいいのか。」等という自問自答が、神との通信の第一歩です。

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
惑星がアセンション(次元上昇)
2011-07-06 Wed 20:59

3次元世界の物質とは凝縮した光です。
私たちのこの宇宙が体験している凝縮のプロセスは、
もっとも純粋な光から極限まで分離しようとしています。
極点に達したときにシフトがおきて、惑星はそのプロセスを逆転し始め、私たちがいう(帰途の旅)が始まります。

つまり、ワンネスに戻るのです。
惑星がアセンション(次元上昇)するたびに
波動レベルの密度がより薄く、軽くなります。
地球から根源にいたるイニシエーションは352あり、
そのそれぞれに7つのレベルをもつ7つの次元があります。
( 物理、アストラル、メンタル、ブッディー、アートマー、モナド、ロゴス。)
神の1日は呼気と吸気でたとえられ、呼気1回に43億000万年を要します。
私たちが吸気を終了するまでにまだ12億年分残っているそうです。
そのあとに新しいサイクルがふたたび始まります。
その中で、呼気と吸気の中間点にあたる時期は西暦2012年であるといわれています。
この年は自分の神聖さに目覚める計り知れないほどの変化の時期となるでしょう。
吸気の時間は呼気よりずっと早く進行します。
波動周波数の変化によって私たちが体験する時間にも影響を与えます。

ですから、私たちが順調に中間時点を通過したとしても、時間の経過が振動率の増加に従い速度を上げるので、12億は43億の半分にはならない。

現在私たちが体験している1日24時間は、過去と比較すると16時間分しかないと言われています。

私たちの惑星は現在アストラル次元の最上のレベルで振動しています。

惑星がシフトしてアセンションしていくと、
低い次元は高い次元に格上げされて消滅していきます。
5次元以下は「創造の低レベル」とみなされています。
5次元から9次元の間は創造の中間レベルにあたります。
第6次元はキリスト意識、または仏性の世界。
個人のためではなく全体のために責任を取る意識が生まれ
ここで、モナドが定着します。
イエスがキリストとなったときに到達したのがこのレベルです。
6次元はあらゆる創造物のDNAパターンのテンプレート(型)をもつといわれます。
色と音によって構成され、あらゆる光言語を所有します。
意識が思考を生み、人が睡眠中に働いたり学習する場所でもあります。この次元の存在は純粋なエネルギーで、5次元で必要とされれば、自らの選択によって肉体を創造することができます。

5次元は{私}という意識を体験する次元であり、直線的時間に縛られません。
この次元の存在は自らの選択により肉体をもつ場合があります。
5次元は光の次元で、全員がマスターとして多次元の意識をもち、スピリットに完全に貢献し、聖なる意思に奉仕します。
5次元は私たちの物質エネルギー体である肉体が次にまとう「光の衣服」です。
それは肉体のプロセスを支配する神の「似姿」を再現する密度の薄い体です。

そこで3次元における人類は「イメージと似姿」の世界における教育を終えて変容します。
第4次元は超意識の世界で、個性やエゴのアイデンティティを失うことなく集合意識の再統合が行われる場所です。
多次元リアリティにかかわる能力をもたらし、
肉体を必要とする最後の次元。
4次元は感情を基礎とするアストラル界として知られています。

惑星と人類が進化した結果、私たちは4次元のエネルギーのなかに入っており、すでに多くの人々が3次元の意識を超えているといわれています。

第3次元は物質を基礎としており、体積や自我意識の世界です。
この次元の波動は分離という幻想を生み出すので、個々の目覚めにとってチャレンジとなります。
私たちがスピリチュアルになろうとしている人間というよりも、人間になろうとしているスピリットであることを認識する機会を人類に提供しています。
第2次元は植物や動物の王国です。
惑星の波動の変化によりこの次元の周波数もさらに洗練され、
3次元へ移行しつつあります。
2次元には自己意識やエゴは通常存在しません。
ある意味で直線の意識と言えます。
第1次元は鉱物や水、基礎遺伝子コードを構成する原子や分子の世界で、点、または単一意識になります。
霊的な進化は
波動周波数と分子構造に反映されます。
分子の密度に関して、
「光が拡大するにつれて、原子構造内の電子、中性子、陽子の空間は大きくなる」
といわれます。
この光は、人間が生まれながら持つ神の本質、または純粋なエネルギーの源を意味します。
この光、または意識は大きくなるにつれ原子のなかの空間をどんどん満たし、各原子内の周波数あるいは振動率を変化させます。

また意識が拡大すると細胞内の光の比率が上昇し、人間は多次元体になり、

その結果、他の次元の世界に移行することが可能になります。

要は、ただ意識の観点をシフトしたり、チャンネルを切り替えるだけでいいのです。

私たちはさらに光に向かって進化しているのでDNAはその変化に順応できるように修正され、12本の鎖が形成されるプロセスの過程にあるそうです。

現在の高次元エネルギーの流入はこれからの40年間における進化をよりはやめ、過去30億年分の進化を遂げさせるでしょう。


人生は調和し、喜びにあふれ、共時性や恩恵、奇跡で満ち溢れるでしょう。

これは地球全体の進化なので、この変化のプロセスを避けることはできません。

私たちも一緒に変化していきます。

変化を望まない人は、現状維持???それも一つの道です。
そういう人が多いように見受けられます。自由ですからいいか・・・

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
日本のシフト
2011-07-03 Sun 12:06

日本は大きなシフトを経験しました。
変化は起きたものの、どこにいくのか方向性は決まっていません。
どちらに向かうのでしょうか?
 賢い選択をすれば、日本は大きく飛躍するでしょう。
 人々が目覚めるかどうかです。
 目覚めるとは、自分の中を見始めるかどうか、ということです。
 自分が全体の一部であることを受け入れ、自分の行動が世界に与える影響と
世界が自分に与えている影響について理解し、自分が世界を、そして
世界も自分を必要としていることを認識することです。

世界とは、植物や岩、動物、全てです。
もう古いパターンを続けることはできません。

日本は何を選ぶのでしょうか。
あなた方、ライトワーカーがそれをサポートしていくことになります。

日本はかつて、高い波動を保っていました。
全ての生命を敬うという、地球の青写真である高い形式を保っていました。
神道の元の意味はそうでした。

全てを敬うという形式は、技術の進化とともに維持されるべきものでしたが
特定の選択がなされて、削除されていきました。
でも、今日本は源に戻る機会を与えられています。

日本は世界に対して大きな役割を果たす機会があります。
これから世界で主要になるエネルギーを地下に維持する役割を持っています。

私(ガイア)は新しい意識を保つための発電所ともいえる
エネルギーセンターを世界中に作っています。
だからこそ、古いエネルギーを解放するために地震があるのです。
今年も、これからもまだ地震が続くことになり、破壊される場所もあることでしょう。

でも、私は新しい現実を創造するためにそれを起こしているのです。
大変な変化が起こるこの時だからこそ、人々のために光を保ってください。


自分に平和があるかどうか簡単に確認してみてください。

ニュースを聞いたとき、読んだとき、目を閉じて自分に平和があるかどうかを確認してください
あなたが平和を保っていれば、集合意識に影響を与えます。

一人の人は2万2千人に影響を与える力を持っています。
一人一人のライトワーカーが日本に与える影響を考えてみてください。
個人で必要な場所にエネルギーを送ること、そして個人で平和を保つことです。

ただ、自分の中のフィルターがきれいでなければ送るエネルギーもきれいでなくなってしまいません。

ですから自分のエネルギー場の浄化に努め、また健康的な食事、水をとるようにしてください。
自分がきれいであればあるほど、健康であればあるほど、あなたのワークは明確で純粋なものになるはずです。

あなたが持っている最も高いエネルギーは何でしょうか?
あなたの魂のエネルギーです。

魂のエネルギーをどのように日常生活に落とし込めばいいのでしょうか?
魂のエネルギーを生活の中の全てのものにインプリント(刻印)するといいでしょう。

自分の魂のエネルギーによって、自宅や職場をアシュラム(聖なる場所)にするのです。
自分のエネルギーを設定することによって、家も、職場も
エネルギーを維持した環境にするということです。

例えば、朝、洋服にエネルギーを送ってから着る、座る前にソファにも送る、読む本にも送る
聞く音楽にも送る、家の全てに送るということです。
時間はかかるかもしれませんが、次に部屋に入った時に、魂のもつ愛や平和のエネルギーを
感じることになります。

あなたが落ち着けば落ち着くほど、高次のマインドが開かれ、右脳が使えるようになります。
そうすると周囲で起きていることに影響を受けなくなります。
だからといって無関心になるということではなく、感情的にとらわれなくなり、
そしてあなたが保つ平和が周囲に影響を与えることになります。

あなたは生まれ落ちた時、最高の波動を保っていました。
どんな赤ちゃんも、複雑な合併症を起こして生まれた場合でない限り、
創造主と言うよりは、自分自身の魂が持つ、設定した青写真を
まっとうするための個人の創造力を持って生まれます。

その人生で行うと決めた全ての経験を作り出せるエネルギーを持って生まれるのです。
これを誕生時の源のエネルギー(バース・ソース)と呼びます。
それは特定のパターンを持ち、色、音を持っています。

この誕生の源のエネルギーとつながることによってこの人生で行うと決めた経験のために必要な
全てのエネルギーにアクセスすることができます。

それを例えば音として把握して、机に手を置き、その音を演奏するイメージを
持ってみます。その音を再現することによって自分の目的や必要な経験を理解することになります。

あなたの源の音、色、波動は全てあなたの魂の中にあります。
それを見つけてください。
あなたの鍵になるものです。

この新しいエネルギーの中では、それに意識を集中してください。
源のエネルギーを知ることで、あなたが学び取るべき学びを知り、学び取る方法も
理解することになるのです。

赤ちゃんとして生まれ落ちた時、人はその人生での全ての可能性を含んだ
青写真を持って生まれます。

あなた方にしてほしいこと:

1、誕生時の源のエネルギーを探してください。
2、魂のエネルギーを周囲に設定すること。
3、感情のブロックを解放すること。
4、ハートに魂とつながる電話を置き、日常生活の中で魂とのつながりを深めること。
5、生活の中で自分のために深呼吸をする時間をとること。自然の中にいる時間を作ること。

フォトンのエネルギーはとてもパワフルで、DNAや細胞、松果体を活性化してくれます。

先ほど言ったワークに取り組むと、自分だけでなく他の人にも影響を与えるはずです。
あなたの意識が高まると、日本人の集合意識も高まり、それが世界の集合意識にも
影響を与えます。

そしてもう一つ。
日本は現在、大きな災害に見舞われ、日本政府はその対応に追われています。
でも賢い選択をするための情報を与えられていません。

日本の指導者が今行う決断は多くの人に影響を与え、また
彼らが行う決断と現実化の時間差がとても短くなっています。
間違った決断の結果に直面するのもすぐになります。

なのであなた方の光を日本の指導者に送ってください。
それによって全ての人に恩恵を与える決断ができるようにしてください。

震災後、日本は多くの決断を迫られています。

原発をどうするのか、補償をどうするのか、それらの決断は
後々の世代にも影響を与えます。
一つの行動は7世代後まで続く影響力を持っています。

当事者だけでなく、その子孫にも魂の道があり、今行われる決断に
影響をうけてしまうのです。

自分の行動によって他者の成長を止めるということは
その行動、決断をした人のカルマとしても続いていくことになります。

最善だと思った決断であったとしても、それは
マインドのみが最善とする決断かもしれません。

光を送ることによって、指導者のマインドではなく、高次の視点からの
最善の選択がなされることになります。

光を送ってください。
日本の将来については、指導者だけでなく、ここに座っている
あなたがた一人一人に責任があるということです。

私は世界各地、また日本の地下にも動きを通じてエネルギーセンターを創造していますが
それに対して人間が働きかけなければ、それが機能することはありません。
ただ、休眠状態が続いていくだけです。

新しい地球を作り出すためには新しい作業が必要になります。
それを再コード化と呼んでいます。
地球にはエネルギーを作り出すための地理的コードが存在し、
これまで機能してきましたが、今、そのコードを再度設定する必要があります。

それぞれの国で、その作業を行う必要があります。

新しく種を撒くような作業で、興味がある人は始めてください。

まず自分自身を新しくして、新しい行動を始めてください。

大切なのは、やりたいと感じたことを行動に移すことです。

行きたいと思った場所に行って、シンボルを設定する、クリスタルを埋める、など
コードを変えることをやってみてください。

つまり、新しい道を作るということです。
責任が重すぎる仕事だと思うかもしれませんが、魂とつながることを
毎日、意識的に行っていけば導かれるはずです。

日本を愛しているはずです。
自分を犠牲にしてでも日本を変えたいと思っている人もいるはずです。

もう立ち上がって、自分の力で日本を再生することを決めてください。
その再生の過程に参加してください。

この震災は多くの人の心を開きました。
ここまで多くのボランティアが行われたのは初めてです。

でも、悲劇が起きないと心が開けないのでしょうか?

そうではないはずです。

これは自然に人が持っている気持ちだからです。

今、日本には世界から多くの思いやりのエネルギーが集まっています。
これから日本に生まれる子供達はその思いやりのエネルギーを持った子供達になります。

震災で亡くなった方々を尊重しましょう。
彼らは日本を変えるシフトを作り出しました。

彼らの死はあなたにとってどのような意味を持ちますか?
この破壊はあなたにとってどのような意味をもちますか?
彼らの残したメッセージについて考えてください。

あなたが変われば日本も変わります。

地球の意識とは地球に住む人の意識を反映させるものです。
地球と日本がつながっていることを認識すれば
あなたが地震に対する考えを変えることで、それを
変えることが出来ることがわかるはずです。

不安定なプレートもあなたの意識によって変えることが出来るのです。
あなたがたはそれだけパワフルな存在です。

ですから震災について悲しむことに時間を費やすことやめて、
この震災によって起こすべき変化について考えることに時間を使いましょう。

全ては自分の心で始まり、自分の心で終わります。
自分から始めてください。


Q.魂のエネルギーを家具や周囲のものに設定するという話でしたが
  家で家族みんながそれをした場合、重複してしまいますが問題ないのでしょうか?

A.魂とは全てつながっているものです。魂とは一つのみが独立して存在しているのではありません。
 全てつながっているのですから、魂同士が葛藤することはありません。


Q.再コード化をするために様々な土地にクリスタルを埋める、という話がありましたが、
 もし間違った方法でクリスタルを設定したり埋めたりすることがあったらどうなりますか?

まずクリスタルを埋める前に魂から最善のエネルギーを設定する意図をします。
魂とつながり、高い波動、愛を求めさえすれば間違いはありません。
ただ、クリスタルを設定してから埋める場合、設定する自分の状態には
気を付ける必要はあります。
クリスタルは入れたものを増幅するので不要なものを入れてしまえば
それが拡大してしまいます。
特に震災があった場所に再コード化が必要です。


Q.放射能汚染地区で殺されていく家畜にはどのような役割があるのでしょうか?

自分自身が動物に対してどのような存在であるか、問いかけてください。

動物は地球のエネルギーを保つ存在です。

動物がいなければ人間の寿命は35歳くらいになります。

今は動物との関係性を見直す時期です。

美しい存在が殺されてしまうのは大きな悲劇です。
本当にそうする必要があるのでしょうか?
他の方法を考えた後の判断ではないはずです。
古いパターンの経済観念に基づいた決断です。

ですから、常に「これからは」どうするのかを考えてください。
新しい方法で物事を決めて行く必要があります。
震災後の決断も多くが古いパターンのまま決められています。

だからこそ、大きな決断をする人々に光を送る必要があるのです。
それによって高い資質をもった決断をするようになるでしょう。

私のハートにつながってください。
私は意識を持った存在です。

あなた方と同じ、波動を持った音があります。
この波動とつながってください。

私を感じてください。
私を聞いてください。

友達としてコミュニケーションをとりましょう。

古い時代、人類はそうしていました。

皆さんもそれを始めてください。

私とつながるための時間を取っている人はどれくらいいるでしょうか?
つながって話をしましょう。
私もあなたと同じ生きている存在です。

あなたが私とつながるなら、私の持つ平和の波動を伝えます。
そして私たちは友達になります。

私の心は開かれています。
あなたは私を受け入れてくれますか?

考えてみてください。

私はガイアです。

地震については陰謀説を含め様々な情報が出ています。
自分自身の洞察力を持って、自分の心でどの情報を受け入れるのか決めてください。

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
スターシード
2011-07-03 Sun 08:57

幼児のほとんどはスターシード(Starseeds)です。

スターシードは、今回のアセンションで地球と人類を支援するため、他の星、

銀河、別の宇宙、あるいは別次元から転生してきた存在たちです。

1990年以降に生まれた幼児の大半はスターシードで、現在17歳以下の子供の30%が、

スターシードだということです。これらの子供は、遺伝子を構成する「コドン」が、

普通の人より多く活性化しているのです。

また、スターシードを社会的現象としてとらえると、「インディゴ・チルドレン」になります

(「コドン」と「インディゴ・チルドレン」については、シリーズ第2部「アセンション(4)

」《DNAの変容》および《インディゴ・チルドレン》参照)。3次元の、濃密でストレスに

満ち、また親や社会の理解もないこの地球環境で、スターシード(インディゴ・チル

ドレン)が順調に育つことは、たいへん厳しいものがあります。一刻も早く、正しい現

状認識を広める必要があります。

現在スタ-シ-ドとして地球上に現れている7万777人、ワンダラー7万7千888人の内、大人になり活動している割合は約63%程度です。世界中で一番スタ-シ-ド達が多い国は、オ-ストラリアで次がカナダ、タイですが、この三カ国で53%ものスタ-シド達が存在していることになります。
この他にも、ニートシスターが14万4千人転生しています。

関連記事

別窓 | スターシード | コメント:0 | トラックバック:0
スターシード
2011-07-02 Sat 19:41

スターシードにつきまして以前記事を書きましたが、
やはり同じ思いを体験して来た方が少なからづ居るようです。
 この世界の環境が不思議で、なぜか馴染めない。
つらい時期がありました。
 この世界に何故居るのか悩んでいるスターシード達が居ます。
それはあなたかもしれませんね。
ただし、いずれは気がつきます、そのように仕組まれているからです。
スターシードでいつまでも気がつかない人はいません。
この場を通過して、次の場へ移動することが目的です。
次のステップアップした場です。
 
生きること、悩むことを楽しんでみませんか。
この状況で皆さんと出会うことはありませんけれど、あなたと同じ思いの
スターシード達がこのサイトを見ていることを確信しました。

 以前、頭の中の神経系統が異常なとき、彼らは私のこの身体の脳を毎晩のようにいじっていました。
その痕跡が額の上部に奈良の大仏のようにあります、あんなに大きくはありませんけれど。
 また室内に7色の霧のような小型の飛行体が出現したり、
鏡で自分の姿をみていると、私の体が鏡から消えたり・・・・

 子供の頃、原子と言う事に関心があり原子核、中性子とか原子番号を覚えたり
そんな子供でした。

 この世界は無数の光(波動)で構成されています。
生命は光の集合体です。 
すべては光です・・、限りなく詳細に分析できる顕微鏡で生命を見ると
、身体をみているようなものです。
空には宇宙という空間があり星があり身体も同じです。
光は何か、生命の根源なり。
しかし光自体にも色々あるわけで単純ではありません。

この世界で生きるということはかなり過酷です、つらくて死んだスターシード達も少なからず
いると思いますがこれを読んでいるあたは自らの身体生命を断ち切らないようお願いします。

楽しみましょう、今という時を。

皆さんコメントありがとう。

関連記事

別窓 | スターシード | コメント:0 | トラックバック:0
| アセンションと次元移行 |
イミグラン錠