今大きな転換の時期を迎えています。アセンション、5次元へあなたは入れるか。それは各自の意識の持ち方しだいです。私たちの宇宙は急速に変化を遂げているようです。

ザ・グループより
2012-07-09 Mon 21:37

大天使ウリエル
7 月のエネルギー
今月、隠れ場所から抜け出ることができます。
6月は終わり、開放が起こりましたが、7月は大きなエネルギーの変化が結果として起
こり始めます。この変化は6月に始まったものです。

この変動が8月から9月まで続きます。太陽フレアは強烈に続き、私たちが新たになる
につれ太陽からの放射は増大して大量に浴びていきます。
子どもとペットはもっと激しくこのエネルギーを感じます。なので、この期間は、子供た
ちの気持ちを普段以上に静めるようにして落ち着かせてください。

6月24日、私たちは再起動したと感じました。
新しいパラダイムが位置についたことをその言い方が一番よく表現していると思います。

パラダイムの構造物が建てられ、今後必要なものが取り付けられていきます。
少し戸惑いやどこから始めるのかはっきりしない場合、どの方角にもで、先ず足を出す
ことです。
すべてのものはそこに揃っており、ためらわずにどんな人間になりたいのか、自分の才
能や強みをどう活かしたいのかを決めるのです。
今動くことは、方向より重要なのです。
意図は、何が正しいかを決めるよりももっとパワフルなのです。
何でもOKなのです。正しいかどうかではないのです。今、間違ったことはできません。
自分の力をもっと生かすと、自分のエネルギーが大きくなり、今必要な所に光を送り込
めます。

7月は水星が後退します。
他の月より破壊的ではなく次の行動を練る余裕が生まれそうです。ここ数ヶ月後退して
いた幾つかの惑星は、今前進して必要なサポートをしてくれます。

今月は自分の使命を遂行する上で必要な創造的エネルギーを沢山もたらし、望むような
人生と新生地球の建設をスタートできます。
また、誰をどのように、どれくらい癒せるかのかを考えなければいけなくなりますし、私た
ち自身のエネルギーをどう展開するかのかを考える月になります。



7月は古い世界がどんどん崩れ落ちていきますが、それで問題ないのです。
終末思想が色々現れますが、自分にしっくり来ること、適切なことを見分けてください。
世界は破滅しませんが、それでは新聞が売れなくなります
YouTubeにもウイルスが広がります。
今気をつけることは、意図とエネルギーを強みや才能を活かすことに注ぐことです。
この変革期をもっとスムースに進めるために、自分の役割を発揮する事が必要です。


ここ数週間の間に、何か時間が飛んだような、忘れっぽくなったような感じはしましたか? 
そういうことがあれば、別の次元にジャンプし始めていることだと思います。
ポータルが新規に開いているのです。
足が浮いてどこにいるのか分からなくなるのは簡単なのです。
なので、意識を集中して今にいてください。
他の次元でもいいですが、肉体は3次元にあることを覚えておいてください。
グラウンディングするには意識的に呼吸するのが一番いい方法です。
地上に繋がるようにしてください。でないと迷子になります。


これから2,3ヶ月間、誰もがひとつになろうとしたりスリチュアルな旅に乗り出そうとする時
に、極性の動きが生じます。
間違った選択はないのですが、それでも選択しなければなりません。自分で人生を生きる
ことに躊躇してきた人たちにとって、今が選択する時です。
新生地球は、自分自身が力を取り戻して本当の自分、私たちが神聖で源とのスピリチュア
ルな共同創造者であることを認める以外何も指示を出しません。


世界の光になるのに一生懸命働く必要はありません。
今までやって来ました。今はフェーズ2に入り、いかに幸せなライトワーカーになるかなのです。
これまで余りに一生懸命働いて来ました。もう一度楽しんで、リラックスして、喜びながら幸
せになるのです。
ヒーラーとしての役割を捨てるのは少しばかり大変ですが、新生地球のパワフルな、遊び心
満点の共同創造者になるまでは、一生懸命他の人のためにヒーリングを行うことはできません
。私は楽しむこと、喜びを選びます。一生懸命やって来ました。

そして、最終的に、もうここにいる必要はないと決める人が益々増えていきます。突然心臓発
作に襲われたり、寝たまま起きて来なかったりする人のことを聞いても驚かないでください。
そういう人にとって、進化のこの段階に来ることが必要だったのです。一方で、私たちのような
者はすべてが終わるまで道に留まります。
次にしたいことを強く意図する限り素晴らしい月になるでしょう。
それによって創造的なエネルギーに後押しされながら問題なく開始できます。
今可能なことをすべてしてください。


素晴らしい月を

ウリエル・メッセージ  

感謝心を交わし合う

Channeled by ジェニファー・ホフマン



地球との関係もそうですし、出会う人とも、関係や交流は感謝心の交換です。
繋がりや関係の幅・程度はありますが、魂の成長やヒーリングの約束、魂の契約、
ヒーリングの実行レベルに応じて、どんなに状況にも感謝したりその意味を理解す
ると新しいレベルの関係へと変わります。

あなたは誰からも、またすべてのことで感謝されています。またあなたもすべての
人や物事に感謝こころを送ります。

これはあなた感謝と考えることではなく、関係そのものが感謝なのです。感謝は、
何が感謝で何がそうでないか、あるいは、それを受け取るか、受け取らないかなど
と考えずに行うエネルギー交換です。


感謝は、苦しんだり困難な状況にいる時に有難いと感じる相手から学んでいる、
という点も含まれます。
どんな状況においても感謝するためには、自分を生徒と教師、与え、受け取るという
両面から見るのです。与える時は、自分を分かち合い、その人の光に相手の心を開
かせるのです。今度は、そのような繋がりの中で学びと癒しによって受け取ります。

拒否されたとしてもそれは重要ではありません。受け取る感謝の気持を示してください。
あなたのギフトを受け取ろうとしない人がいますが、それも相手のヒーリングプロセス
なのです。一番重要なことはあなたがいかに幸せを感じるかなのです。



人に与える時は、相手にエネルギーの繋がりを開くことです。癒しを与えや手助けし
よう、あるいは変えて上げようとする時、感謝の道は非常に限られたものになります。
期待せずに心のスペースを空ける気持ちがありますか?

 感謝は、時に激しい拒否にあい、あなたの光を拒み、繋がることが出来ないことが
あります。
これは、相手はあなたが以前に考えたままの状態ではなく、自分自身の道にいると
いうことを示しているのです。これは、関係が閉じられてそれ以上進むことが出来な
いということを知らせる、有難いことなのです。


他の感謝に、受け取るというのがあります。また、愛と平和、絆で祝福された人生が
含まれます。
今、感謝して認めてください。それが終わりになるかどうかは心配しないでください。
人間は永遠を望みますが、それが逆に感謝する能力を制限します。それぞれの状
況は学び、癒し、成長、変容という感謝する場なのです。だから、すべて、そのよう
な光で見てください。
すると、各学びと神聖さ全体の中で感謝できます。すべては、あなたが癒しによっ
てひとつへ、恐れという限界を光の拡大に変え、アセンションの旅においてスピリチュ
アルで聖なる人へと変容・拡大する道を歩くためにあるのです。



エネルギーのダウンロードと反応

この新しいパラダイムに進もうとしない人たちはどうなるのかという質問をよく受けます。
答えはその人自身の時間と道にいるということです。
価値判断したり批判したりすることは私たちのすることではありません。
もしそんなことをしたら、自分に必要なエネルギーをその人たちの道に押し付けること
になります。
他の人の選択はどうにも出来ませんが、自分自身の選択を通して影響を与えることは
できます。
自分の真実と光、力を生きるしかなく、自分のためにベストを尽くすだけです。他の人が
どうしようと、その人たちの問題です。



カルマの多くが浄化され解放されているので、感情面で恐れを感じなくなり、また魂の契
約の目的がなくなり、他の人の対する責任も負うことがなくなっているように感じます。

それは、相手が喜んだり平和な心でいられたり、豊かになったりなどの相手の問題は、ま
ず私たち自身の責任ではなかったのです。

しかし、これまでそういうことも他の人とのカルマとして一緒に背負っていたのです。自分
が変われば相手も変わるだろうと信じながらやってきたのです。

虐待したり、迫害したり、厳しく監視監督したりしている場合、それで相手が自分の力を学
べるようにしてやったことなのです。


私たちが選ぶ人生のレッスンや多面的な道には高い側面があります。しかし、人のしてい
ることばかりに捕らわれると、自分にはたったひとつの道しかなくなります。

それは、その人自身の癒しの道なのです。こちらもそう考えています。そこで私たちは相
手の人生を歩くことになり、相手を自分の方に連れ戻そうとしますが、最早そうはできません。

でも、自分の力の範囲内で自分の神聖な道をマスターすることに専心すれば、することは
明らかです。
自分のすることに目を向け続け、他の人はその人に任せておけばいいのです。
自分の力を一番発揮した時に人に影響を及ぼすことができます。
そのような生きた手本になることによってさえも、他の人のことは、彼らの問題なのです。


今は本当にパワフルな時です。
長い間待ってきました。しかし、後悔していたり、罪悪感を持ったり、他の人自身が変われ
ばいいなあと思っていたり、カルマが終って完全に癒しが起こればいいと願っていたりす
ると、その力は薄くなります。

そうではありません。自分で力強い選択をする時、そこから抜け出す時に自分を癒すの
です。

他の人は関係ありません。他の人を認めながらも、それは相手の問題だと知る時に
、安心して自分の道を前進できるのです。
そして自分の人生と自分の天国創造のために新しい人生を力強く歩くことができるのです。
そのために全部新しい人生に必要なことに向け集中していくのです。



&A: どうしたら天職を見つけられますか?

   ~ジェニファー・ホフマン



こんにちは、ジェニファー

非常に行き詰って楽しいことがありません。やることに目的がなく、他のことをすべきだと感じています。どうしたら天職を知り、もっと喜べる人生になりますか?



ジェニファー:いい質問ですね。人生で一つのことが終わり、別のことを始めようとする時に起こる問題です。行き詰まった感じがしますが、それは、それまでしてきたことは、もう役に立たないからです。だからやる気になるのが難しいのです。自分のことや人生に対する感じ方が変わってしまっているのです。以前と同じではないのです。自分のためにならないことに意識を向けることが難しいのです。



行き詰ってヤル気のないことにも意味があります。そういう時は前に進めず、幸せと思えることや新しいこと、新たな目的に向かって行こうとしても出来ません。ここで気づくことは、常に毎瞬、私たちは人生の目的を生きており、目的は変化している(実際に人生の中でよく起こります)ということです。だから、もっと大切な新しい生き方、新しい目的に合わせていく必要があるのです。あなたが今までしてきたことでは、喜びになりません。何か他のことをしようとしているのです。それを見つける時に重要なのは、たくさんやらないこと、ただいることに時間を使い、余りやらないことです。



何かをしなければいけないという気がしますが、仮にそういう気がなくても、そのような状況で何とかしようとすると益々悪くなるように感じます。無理をしても結果に満足しません。益々行き詰まったように感じ、また何かをしようとする。そのようなサイクルが続くのです。深呼吸をして自分の中に入ってください。どうしたら幸せを感じ、今何をしたいのか、自分に聞いてみてください。これまでやってきたことを評価し、自分の新しい点を見つけ、それにこころを向けるのです。今までにない人生の可能性は何ですか、それを考える勇気を持ってください。こころの深い所に夢やビジョンはありますか、いつもあなたに呼びかけてきたようなもので、それを認める勇気が持てなかったようなことです。今、それが表面に出ようとしています。



行き詰まった感じは最悪だと思ってしまいますが、不幸せでうろたえて必要なことができていないとか、自分を生かせないとか考えることは尚更悪い悪化します。 “呼びかけ” は、あなたにどうするかを心から呼びかけます。時として勇気を出す必要がある場合があります。なぜなら、気楽なゾーンを抜け出すことが必要になるからです。行き詰る時は、考え方をクリエイティブにして、幾つかの選択を探ってみてください。何かをやれるとしたら、それは何ですか? それがすることです。それが、心と魂が人生であなたにして欲しいと願っていることです。その質問に答える用意が出来た時は、その選択肢を色々と考え出せる時です。その時は、もう行き詰まっている感じはなくなります。その可能性の意味を理解して、新しいことを始める時です。


Copyright ©2012 by Jennifer Hoffman and Enlightening Life OmniMedia, Inc. This material is protected by US and international copyright now and may be distributed freely in its entirety as long as the author’s name and website, www.urielheals.com are included.

関連記事
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
アセンションは
2012-07-04 Wed 23:00

アセンションは、それを選択した者だけのものです。誰もアセンション
を教えたり強要しません。

すべてのソウルはエネルギー体であり、創造主から分かれて生まれ出た
わけですが、その後、ソウルは、創造主へと戻るために、転生を繰り返し、
経験という学びを続けながら、自らのエネルギー体の振動数を上げていき
ます。
 無徐々に生命というものが派生し、分裂の連鎖が起き現在の宇宙となっています。
宇宙自体無数にあります。1つではありません。
今私達はアセンションを経て無への回帰の途上にあるのです。

次元とは、それぞれ一定の振動数で成るエネルギーレベルのことであり、
それゆえ、次元上昇(アセンション)は、振動数を上げること、だと言われる
のです。

いつ、次の次元へ進むか、即ち、アセンションするかを決めるのは、個々
の魂による選択であり、あなたも既に、「この2012年に訪れたアセンショ
ンの機会に、アセンションするかどうか」に関して、あなたの自由意志で、
選択を済ませています。

2012年に訪れたアセンションの機会、と書きましたが、アセンションは、
個人レベルで、いつでも可能です。外部からの助けがなくても、自力で、
必要なレベルにまで振動数を上げられれば、の話ですが。常人には、非常
な困難を伴うことであり、そのため、それを達成した人が、歴史上、宗教の始
祖となったり、「聖人」と呼ばれているのです。

それは、この2012年は、外部から、アセンションを助けてくれる、アセンシ
ョンを可能にしてくれるだけのエネルギー波がやってくる周期にあたっている
からです。即ち、外部からの助けが、人類・地球を含め、この太陽系のすべ
ての存在に与えられるのです。

銀河中心、セントラルサンから周期的に送り出される光子エネルギーの巨
大な波が今、地球を訪れており、それがピークに達するのが、2012年の12
月21日だと、言われています。太陽や地球、各惑星に起きている気候変動や
すべての異変は、そのエネルギーによるものです。

ですから、2012年には、「聖人のレベル」に匹敵するほどの個人的な努力
をしなくても、外部から、私たちの振動数を物理的に上げてくれるエネルギー
が与えられ、アセンションを補助してくれるのです。それが、「この貴重な機会
を利用して、アセンションしたい」と願うソウルが、大勢、地球に転生してきて、
この機会を待っている理由です。また、「せっかくのこの機会を、利用したらど
うですか。次の機会は、また、何万年も先になりますよ」と、高次の領域から、
多数のメッセージが届いている理由です。


今、この領域に光を取り戻せと命じる創造主の指示に従って、地球と人類の
解放、即ち闇の政府からの独立を手伝うべく、光の勢力なるスペース・ファミリ
ー、スピリチュアル・ファミリーが何重にも地球を取り巻いて、待機しています。
そして、様々な援助の手を差し伸べ、いよいよ直接、闇の勢力排除のために、
地球同盟者との共同作戦という「介入」に踏み込もうとしているところです。

さて、あなたは、今回、アセンションを選択したのでしょうか? していないの
でしょうか? 

今はまだ、自分は、準備が整わないので、アセンションできないと知っている
ソウルは、自由意志で、3次元で転生を繰り返し、3次元で学ばなければならな
いレッスンを学び終えるまで、自分のアセンションを延期する道を選びます。
それはそれで、当たり前の、素晴らしい選択です。

 今回アセンションしない場合は、さらに26000年後のチャンスを待つしかない
ですけれど努力を一切しないのも選択の一つです。

 アセンションを望む者達はこの世界・宇宙の状況に嫌気がさしているのです。
記憶ないでしょうけれどね。もちろん僕もありませんけれど、・・・
 異常ですね。毎日のように戦争・生命殺傷が継続している異常なこの世界。

 

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
地球の魂が語る
2012-07-01 Sun 18:11

― これからの地球時が来たので私(地球)が語ります

 いまあなた方の足元で、これまで誰も体験したことのない変化が始まっています。このを語るのに、私以上にふさわしい者はいないでしょう。なぜなら、この始まりの大波の中心に私がいるからです。

すべて形があるものには意識があります。動植物を始め鉱物にも、それがあります。私は、あなた方の母星で、意識を持つ魂の総体。皆さんの一人ひとりであり、また全員でもあります。

この変化は、宇宙の長大なサイクルの一環として、太陽系全体に及ぶもので、「アセンション」という言葉で代表されます。アセンションは、多次元にわたる広大な宇宙では、決して珍しい出来事ではありません。それは、星とそれに宿る生命たちが、1つの次元での学びを終了して、より高い次元での学びの機会を与えられる、宇宙の贈りものといっていいでしょう。

釈迦やキリストの「昇天(アセンション)」について聞いたことがあると思います。ここでいうアセンションは、それとは違って、星とその住人全体が関係する「グローバル・アセンション」です。

アセンションという贈り物は、無条件で与えられるわけではありません。少なくとも、私を始め関係する個々の魂が、自由意思によってそれを受け取ること、つまりアセンションへの参画を意図することが最小限の条件です。

もう1つ、一定の期限までに、自らの波動のレベルを要求される水準まで高めておくことが必要ですが、これはアセンションへの意図と密接に関係します。そして全般的な心の在り方とも。

波動は単に、からだを構成する物質の振動数(周波数)です。理科の実験や音楽などで、周波数の標準として使う音叉をご存知でしょうか。同じサイズの2つの音叉を空間的に離して、一方を振動させると他方も自然に振動して同じ音を出します。これは、同じ周波数(帯域)のものが共鳴する現象です。波動の合うものだけを受け取るわけです。音も光も波動ですから、もし一方の波動レベルが高すぎると、他方からは相手と共鳴することができない、つまり相手の声が「聞こえない」、姿が「見えない」という事態になります。

私は、アセンションのプロセスにおける決定的なタイミング、つまり「フォトン・ベルト」という高い振動数のエネルギーで満たされた宇宙空間に太陽系全体が浸る時期を見据えて、明白な意図をもって波動レベルを上げる努力をしています。動植物や鉱物界、そしてイルカ・クジラの仲間も、上昇する私の波動に同調する方向に一斉に動いています。

残念なことに人類だけは、今のところ、アセンションを選択し、それを意図している人は多くありません。この状況では、ある時期が来ると波動レベルの違いによって、アセンションを選択しない人から「地球が姿を消す」という事態が起こり得ます。

人類は深い眠りから目覚める時です

人類は、足元の大きい変化にもかかわらず、深い眠りに就いています。恐れをベースとする活発な活動は見られますが、それは夢想や幻覚の世界に浮遊しているようなもので、事実上は眠っています。その結果、今がアセンションの時期であることにも気づかないのです。

この状態は、人類の本来の姿ではなく、地球に人類を創造した当初の青写真とは異なります。人類は、地球に誕生してから数万年経た後に、相次いだ不幸な出来事によって、意識レベルの下降と共に肉体の基本振動数が低落してきたのです。そして人類の行動は、意識の相次ぐ低落によって、ますます不調和で分裂的になってきました。

人類の波動の低落は、地球の支配を意図する宇宙の暗黒勢力に利用されたことも関係しています。私もまた、それらの勢力に利用され、地球が暗黒勢力の「貯蔵タンク」になりました。人類は後からやってきて、それと知らずに堕落へのダンスを演じてきたのです。そして、地球全体のこと、他の種のことを考えずに、もっぱら自己の利益のために地球を利用してきました。



こうして地球は、全般的に「統合」から「分離」の状態に移ってきたのです。しかしアセンションによって、この状況は変わります。私は、創造の波動の回復に努めてきました。いまや、地球に宿るすべての魂が、私と共にアセンションを目指す「地球的統合」の段階に入ったのです。



人類にとっては、長い夜の眠りから目覚める機会です。アセンションとは自由のことです。愛、喜び、豊かさ、そして自由に満ちた5次元世界への上昇です。3次元の思考様式の、虚飾と制限に満ちた在り方から脱却する、かつて無かったチャンスです。今が、あなた方の人生での最も重要な局面です。

新しい地球の原理は「統合」です

いま地球は全体として統合に向かっており、それに伴ってエネルギーの流れが変わってきます。地球のすべての種を含んだ、絡み合うエネルギーの織物ができます。ジグソーパズルのように、それぞれの断片が固有のエネルギーを持って、全体のエネルギーの流れに均等に貢献します。これが統合の概念です。
意識の統合には、暗黒面も評価し統合する必要があります。誰でも、内在する暗黒面が、ひょっこり顔を出すことがあります。例えば、相棒のミスで思ったように事が運ばなかった場合、最初に飛び出す思いは怒りです。その後に、怒ったことへの罪悪感、そして何か訳があるのだろうという推測が続きます。

適当な量のダーク・エネルギーは、有益でさえあります---バランス、安定感、地に足が着く、自信、全体感などの観点から。タペストリーの、表に対する裏の役割のようなものです。こうして、暗黒面を含む、エネルギーの全スペクトルを統合して、あらゆるエネルギーの完全なバランスを保つようにしましょう。体験によって感得していくことが重要です。これは、アセンションのための「作業」の重要な部分です。

「統合原理」は、地球の全生命の絶対的平等を含みます。そして、全体の幸福を最上位に置きます。動物やイルカ・クジラは、地球と共に波動が低落したといっても、統合意識は保ってきました。

「捕食」は現実にありますが、熊と鮭との関係が示すように、種の絶滅につながるようなやり方はしないのです。双方に、生存のための行為という理解があり、お互いの種に対する敬意があります。これが人類との決定的な違いです。人類は、愛情を込めて耕作し、感謝して食べることすら忘れてしまったのです。
しかし人類の中にも、統合ベースの生活をしている民族もいます。保留地などで共同生活を営む、ネイティブ・アメリカン、アボリジニー、ポリネシア人、アフリカ人などです。

アセンションは、人類文化に新たなパラダイムをもたらします。新しい思考様式、生き方、そして社会形態です。

 「選択」と「意図」によって進路が分かれます

現在の人類社会の集合的な運営様式には、老化、衰弱、病気、障害、死などの集合的な観念がベースにあります。この観念を集合的に宇宙に放ち、老化、病気、死などを現実世界へ送り返してもらっています。これを、人類の「集合的無意識」がやっているのです。信じたことが現実化するのが宇宙の摂理です。

それに替わるメッセージとして、「アセンションを意図します」と意識的に宇宙へ送ることを勧めます。この選択によって、意識が統合に向かうだけでなく、高い波動を保持できる肉体に少しずつ変容していきます。統合ベースの肉体は、老、病、戦、死、苦、蓄、貧などのシンボルと無縁になるでしょう。

この選択をしない者に、古くから言われてきた「人類の巨大な苦難」が実際に起こるでしょう。どんな星や惑星でも、アセンションに伴って「浄化」を経験します。ここでいう浄化とは、アセンションを選択しない者、また地球のペースに合わせることを選ばない者は、この地球での存在をやめるということです。これがなぜ起こるかというと、地球の波動域が高くなりすぎて、からだが適応できなくなるためです。



アセンションはすでに、あなた方の母星の全般的な目標となっています。それは、個人的な思惑を超えた、上位の構造です。したがって、地球の進化への選択を無視する者は、当然の成り行きとして、この地球での存在をやめるという選択をしたことになるのです。



宇宙は公平で、意図した通りの結果がもたらされ、意図しない状況は現実化しません。したがって自分の現実は、主体性をもって自分で決めていく必要があります。個人の意思が伴わないかぎり、誰もアセンションをやってあげることはできないのです。

関連記事

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
| アセンションと次元移行 |
イミグラン錠