今大きな転換の時期を迎えています。アセンション、5次元へあなたは入れるか。それは各自の意識の持ち方しだいです。私たちの宇宙は急速に変化を遂げているようです。

DNAは進化しています
2013-10-15 Tue 23:41

地球で起きている最も興奮することの一つは、皆さんのDNAが再編していることです。
宇宙の光が地球に飛来し、体の内部が変化しているのです。
「生きた図書館」の意識と歴史は勢揃いしています。

DNAは進化しています。新しい螺旋・鎖が、光のコードのフィラメントが束になって
います。
散らばったデータは最高の創造主の電磁エネルギーによって体の中で集まっている
のです。
私たちはこの変化が皆さんに起きているのをじっと見て、皆さんが私たちと同じよ
うに進化するのを手伝うためにやって来ています。
このように再編し束になる動きが起こると、意識にもっとデータが入り込める神経
システムが創り上げられます。
眠っていた大脳細胞はもっと動き出し、機能していなかった体の部分がもっと増え
ていきます。

地球の至るところがこの変化、この意識の変化の影響を受けます。「光のガーディ
アン」だった人や現在の状況を変えようと望む人、違う選択肢を編み出す人たちは
この周波数をアンカーしています。
アンカーせずよく理解できなければ、混乱するでしょう。だから、自分をグランデ
ィングする必要があるのです。
混乱は適切に対処すれば再編が起こります。時間は崩壊し、エネルギーは益々高ま
り大きくなっています。
皆さんは先ずこのエネルギーを生かすためにやって来ました。このエネルギーを体
に引き込み取り入れると意識の通り道が出来るでしょう。
そして他の人があなたと同じような経験をせずに済みます。

多くの人が突然予期せずこのエネルギーを感じ始めます。皆さんはデータであり情
報であるこの光を地球に引き込んでいます。

その時に新しい神経経路が作られ言葉にすることなく意識が新たな探求を始めます。

新しい意識の経路は新たな現実、新たな選択肢、新しい生き方やあり方を創り出し
ます。だから、社会の瓦解は避けられないのです。
古い社会は光を抱えることが出来ません。多次元の可能性を持つことはありません。
あなたを縛りつけ、あなたは疲れてしまいます。

周波数の帯域が変わっています。外からのエネルギーによって地球が変わるのでは
ありません。
このエネルギーはあなたに従います。外からのエネルギーで地球が変わることはな
く、地球は内側から変わるのです。
このエネルギーは創造的な宇宙光線をもたらし体に浸透してあなたの体の中で大き
な進化を起こします。
感情を適切に対処することが分かると、自分の周波数をコントロールできるように
なります。すると、あなたはこの宇宙光線を広げることができるようになります。
その時、怖れの感情をこの地球に広げることはなくなります。

翻訳 ライトワーカー・マイク
http://lightworkermike.wordpress.com/2013/10/14/diary-2013_10/

関連記事
スポンサーサイト

別窓 | アセンション | コメント:1 | トラックバック:0
創造の歴史-パート1、2
2013-10-10 Thu 23:15

http://aishanorth.wordpress.com/2013/10/08/a-history-of-creation-part-1/
new-earth.jpg




親愛なる友人の皆さん!
先週から、CC達が「ダブルのヘルプ」と呼ぶ、活路の見付け方とは別のメッ
セージを受け取り始めました。このメッセージは通常のものと異なり、投稿す
るようにと指示を受けた初めのメッセージは第六回目の瞑想集会の「アップデ
ート」でした。

残りのメッセージは瞑想が終わってから投稿するように言われたのです。
その一つめがこれです。

CC達は「創造の歴史」」というタイトルをつけました。何パートまで続くかは
わかりませんし、活路の見付け方がいつまで続くかもわかりません。

ただ、「ダブルのヘルプ」を受け取ることだけがわかっています。難しい話は抜
きにして、というのがCC達の言い回しですね、パート1をどうぞ。

ではこの物語をまずある領域にフォーカスしてお話しましょう。

それは皆さんがハートのそばにしっかり持っている、いわゆる原子の起源です。
あるいは質量の起源と言った方がいいかもしれません。質量があるということはエ
ネルギーそのものであるということ。

これは人類の歴史を通して、ずっと誤解されてきた概念です。運動しているこのエ
ネルギーの小さな粒子は、長らく人間意識に関わることはありませんでした。
なぜなら見えないから、知覚できないからです。

ですから、それらが皆さんのことを全て語るというのに、それに気づくまでずいぶ
ん長い時間がかかりました。
しかし最近、皆さんは生命体を構成するこのエネルギーの建築石材の特性に精通し
てきました。

ですから、もっと詳しくお伝えしましょう。皆さんがヒッグス粒子と呼ぶ、この小
さくて捉えどころのない粒子について、皆さんは研究に研究を尽くしてきましたか
らね。
皆さんはいくつかの手掛かりを見つけたと思っているようですが、まだ理解できて
いないことが多々あります。

それも無理からぬことです。
この粒子の本当の原動力の大部分は目に見えません。人間の目には見えませんし、こ
れまで開発された技術的装置をもってしても見えないのです。
しかし、裸眼でも見えますよ、と言ったらどうでしょう。

というのも、ここ最近の集中的なアップグレードの間に皆さんの脳にいくつかの能力
が組み込まれたためです。

何度かお伝えしましたが、人類はとても狭い箱の中に生きています。そこでは、いわ
ゆる自然の法則は不変であり変更不能である、などと決められています。

さあ、私達から「ようこそ、新しい世界へ」と言いましょう。もう、ここに変更不能
と見なされるものは一つとしてありません。

物質はエネルギーであり、エネルギーは常に適応します。私達が頻繁に訪れているレ
ベルまで皆さんがアクセスし始めれば、全ての物質がいかに影響を受けて適応するか
がおわかりになることでしょう。

不変なものなど一つもなく、永遠に続くものは一つもありません。

というより、全ては常に存在しています。ただ、光速をはるかに超えるスピードで瞬
きながら変わりやすい状態で存在しているのです。

ここでつけ加えますが、光速というのは皆さんが計測したものとは比較にもなりませ
ん。皆さんの計測能力ではそうなるでしょうが、実際の光の粒子の動きが見えていな
いからそうなるのです。

じっと静止しているように見えますが、突然量子飛躍としてしか定義できない動きを
します。
ですから、皆さんは「いま」と「永遠」の間にいることになります。その両者の間を、
全てがあちこちへと動いています。

小さな情報のパッケージが輸送されているかのように、常に互いと話をしながら、常
に変化し、変形し、進化しています。

それはスクリーン上のピッという音のようです。そして消え、また全く異なった組合
せとなって宙に現れます。

私達はここに全くいないのに、皆さんのそばに存在することができるのがどうしてか、
少しわかってきたのではないでしょうか。

私達には皆さんがはっきり見えるのに、どうして皆さんからは私達が見えないのでし
ょう。何度か言いましたが、空間は満ち満ちています。

もし全てが目に見えたら、皆さんは身動きすらできなくなるでしょう。

もしくは、空間の粒子全てが何かで満ちているとしたら、皆さんを構成しているものは
色んなものも構成していることになり、このエネルギーのスープの中で思う方向に進ん
で行くのも困難となりますね。

実際、そうなのです。皆さんに見えているのは「全てであるもの」の薄い層の一つに過
ぎないのですから。
全てであるものは同じその空間をすっかり占めています。

しかし、皆さんが確認できるのは、その空間をすっかり満たしている無数にある層のう
ちのたった一つの層です。
ですから、皆さんが無限の空間と呼ぶもの、たとえばメートルとか~光年といった目盛
を使って表す莫大なる距離も、実際にはとてもとても短距離なのです。


少なくとも、皆さんの長さや幅の測り方ではそうなります。

しかし、私達が使用する計り方をすれば、とてもとても小さなスペースに全て詰め込ま
れ、ぎっしり詰まったとてもコンパクトな「現実」となります。
しかしこの領域内に無限数の層が広がっているのです。

皆さんがこれを理解するのは難しい、それはわかっています。しかし、夜空を見ると全
てが遥か彼方に見えますね。
でもそれらと繋がるために必要なのはただ手を伸ばしてそれに触れること、それだけだ
と言ったらどうでしょう?

なぜなら、それは遥か彼方ではなく、「ここ」にあるのですから

ただ、それは一つの層の上に重ね合わされているので、皆さんからは無限遠方に見える
のです。
皆さんも宇宙そのものです、ただ皆さんはもうすでに宇宙という空間の中にいて、空間
は測定可能量です。
空間はエネルギーであり、距離ではありません。

ですから皆さんから遠くにあるように「見せかける」ことができます。実際はそうでは
ありませんが。スベースはエネルギー、エネルギーは形態発生領域です
。つまり、空間はエネルギーの規定量であり、もっとも小さく空いたスペースを占めて
います。
エネルギーは「存在する」ためのスペースを必要としません。

ただそのもので「ある」だけです。それが人間の目や脳にとっていかに大きく、または
小さく見えようと、です。
ですから、次に科学者が無限の宇宙について話す時は空間の無限にある可能性のことを
考えてください。
しかも、心地よい自分の家にいながら、皆さんは宇宙のどんな部分にでもアクセスする
ことができることを覚えておいてください

全てはエネルギーなのです、ただそれが作り出す幻想があります。それは質量などとい
うものがある、という幻想です。

質量があるということは、それを入れるスペースが必要となります。
しかしエネルギーはスペースを一切必要とはしません。
ただ、そのもので「いる」だけです。

そのような訳でビッグ・バンの起源です。始まりは、全てが一次元の中にあって、そこ
にピンで刺したくらいの小さな点でした。

というより、無次元だった、と言った方がよいでしょう。そしてそこから、ベールが外
されていきました。
ただ、全ては幻想で、幅・奥行・高さなどなどを有した具体的な何かに見えるけれど、
見せかけに過ぎません。

そしてあらゆる物体がこの想像上の別の物体全ての中に入れられました。創造物の創造
です。やはり、名前そのものが示しているではありませんか?なぜなら全ては「創造さ
れて」います。全てエネルギーから創造されています。

ただ、全ては幻想です。意のままに変えたり変形させたり、動かすこともできます。

では誰がこの全てを創造しているのでしょう、神とは誰のことでしょう?神は創造です、
この全エネルギーの意志であり、唯一(sole)の目的。いえ、魂(soul)の目的と言え
るでしょう。

存在するためにそこにあり、想像できる限りの形で存在するためのエネルギーです。い
ついかなる時も創造しています。

創造そのものだからです。全ての次元において、全ての状態において創造しており、適
応性があり、生きています。

それは皆さんであり、皆さんは創造です。共に全てを成しています。単一の源であり、
神のエッセンスであり、生命を持って実在し、「全て」です。息、音、タッチ、恐れ、
怒り、喜び、愛、憎しみ、その全てであり、それ以上のものです。ただ「ある」ために
存在し、全てと「なる」ことを欲しています。

ですからそれは生き、創造します。これが創造です。
では皆さんは誰でしょう?皆さんもある規定された形の「それ」です。しかし今はその形
が変えられており、まったく新しいあなたを形成しています。

ええ、この言葉は不快でしょう。
しかし、皆さんがこの地球という惑星に住んでいようが、他の何処かに住んでいようがこ
れは全てゲームです。

なぜなら、私達は皆同じゲームをプレイしているプレイヤーなのですから。私達はみな等
しい存在で、全ての中で小さな規定された一部となるためにここにいます

別の味のものを味見しているような、違う色を見るような、違う服を着てみたりサイズの
違う服、自分の持っていない服を試着するようなものです。

可能な限り、あらゆる多様性を創造しています。その全ては「全創造」と名付けられたこ
の限りなく小さい泡の中で繋がっているのです。

大きくはありませんが、無限です。一つの原子の中の一つの粒子ほどのスペースにすら達
しませんが、全てを包含しています。

皆さんが想像できるもの全て、そしてそれ以上のもの全てを包みこんでいます。しかしこ
れは全て幻想で、ホログラムの一種です。ただ生きている、呼吸をするホログラムで、そ
れ自身の楽しみのために全てが一つにまとめられました。

皆さんはその一部です。これは皆さんであり、同じくらい私でもあり、他の誰かでもあり
ます。私はあなた、あなたは私、私達は皆さんであり、皆さんは私達です。共に、「それ」
であり、エッセンス、生きるもの、呼吸する有機体、ただ「一つ」であるものです。光の
一点であり、何度も何度もそれを全てのものへと創り上げています。

皆さんの頭が狂ったかと思うといけませんね、そんなことはありません。

皆さんはただその「一つ」であるものに繋がっています。ですから自分が誰であるか、疑
いの余地なくわかることでしょう。

皆さんは「全て」ですが、一人の人でもあります。皆さんはここにいて、皆さんなのです
が、皆さんではないのです。これは全てゲームです、全てものや存在を動かし始めるとい
うこと。
ものや存在は自らを生じさせ、互いに相互作用させ合い、可能性を百倍に拡大させ、そう
やって自らを創造できるように動かしてゆくのです。

これはすべて可能性の量子場であり、創造物は全てを試そうと追及せねばなりません。
ですから、この全てはゲームの中の巨大な一部でもあります。

皆さんはいま、ゲーム変更のただ中にいます。ありとあらゆる経験を課せられながら、ある
種のプレイヤーから古い設定の中にいながら全く別のプレイヤーへと変成中です。
全てのプレイヤーが同じ変化を経るわけではありません。

変化するものの数をさらに上昇させるためです。冷淡に聞こえるかもしれませんが、もう
ご存知の通りこれは魔法そのものなのです。

ではこの全ての結末はどうなるのでしょう?
そうですね、天のみぞ知る、とだけ言っておきましょう。というより、この惑星が突然、
その振動をかつてない振動に変えてしまう確率は高いのです。
つまり、味わい、風味はすでに変化しています。

ここに集まってきている存在の大多数にとって非常に心地よいものへと変化を遂げていま
す。これが幻想だとしても、プレイヤー一人一人が意識的にその一部をになっていますか
ら、誰かが全体像をわかっていなくても全員、本来としてここに属していることに変わり
ありません。

皆さんはこの先、それがおわかりになると思います。これまでと違った形で舞台裏の仕事
を垣間見ることになります。なぜなら、もう皆さんは「知っている」からです。

皆さんは「現実」のとてもとても薄い層を見通し始め、その向こうにある層を見ます。し
かし、そちらはこちらの層と同じくらい「本物」です。

ただそれも全てこの計画の一部です。これから、この計画によってこれまで分離していた
プレーンは合流し、何かとても新しいものが創造されます。

全ては創造であり「全てとなる」ことを欲しているエネルギーです。これが、それの行っ
ていることです。
それはあなたとなって、木となって、水、氷、火、それらの間にあるもの全てになってい
ます。匂いとなり、音になり、同時に両者になってもいます。ではマインドを休ませてく
ださい。できるだけ自分を自由に解き放ち、ドライブを楽しんでください!


創造の歴史パート2


A history of Creation – part 2
http://aishanorth.wordpress.com/2013/10/09/a-history-of-creation-part-2/
では、ベールの向こう側の神秘の世界について更に深く掘り下げてお話しましょう。

興味をかきたてられて好奇心を少なからずお持ちのようですからね。

前回は、それの全てのエッセンスは創造するということにある、またはその全てを創造す
るという任務を与えられたエネルギーである、大小問わず、有形無形問わず、創造するの
だということをお伝えしました。

このこと自体、理解するのはとても困難なことです。しかしもう一度、今度は他の視点か
ら見てみましょう。

皆さんの中、もっと深いところまで浸透することでしょう。皆さんはその「全て」の一部
であり、本来はそこに内在しています。ただ全ての構造は皆さんにとってもこの小さな惑
星にいる全ての人にとっても謎のままです。

皆さんは、あらゆる意味において単なる小さな塵です。

ただこの小さな塵の粒はとても複雑な構造体で、ありとあらゆる形・レベルにおいて繋が
っており、分離しています。皆さんが人類と捉えているものは私達から見ると分離した一
枚の層であり、大量に及ぶ「複雑な何か」でできています。

人体構造の複雑さを遥かに超えた複雑さを持つ、何かです。この構造自体、もっと知られ
るべき価値のあるものなのですが、そのことは今はおいておきましょう。私達が詳しくお
伝えしたいのは舞台裏の複雑性です。

いやむしろ、シンプルさと言いましょうか。それはベールの皆さんの側で見えている、も
しくは感じたり耳にしたりしている具体的な結果をしのぐ素晴らしさなのです

すでにお話しましたが、全てはエネルギー、あらゆるトーンとあらゆる形の振動を持つエ
ネルギーです。
それはチラチラ光る光の靄で、確かにそこにあると思ったら次の瞬間には目に見えなくな
ったりします。

全ては同じものですが、一定の動き方をし、一定の方法で知覚されるようプログラミング
されています。思い出してください。観察者がいなければ物体は存在しません。ここでは、
基本ルールです。

熟練の科学者たちにとっては今も基本となっている、有名な「シュレーディンガーの猫」
のようなものです。

あの猫は死んだのでしょうか、生きているのでしょうか?それとも両方?誰にもわかりま
せん。

なぜなら、猫の宿命を究明するためには観察できなければなりません。全てにこれは当て
はまります。
科学者たちもわかり始めています。その通り、彼らは単に表面を引っ掻いているだけですか
ら。彼らは別々の粒子を見ています。

そしてあの有名な、絡み合った粒子のシナリオを発見しました。まさにビッグニュースです
が、毎日が「ニュース」騒動に暮れていますから、このニュースは埋れてしまいました。

これはどういうことでしょうか?全ては絡み合っていているということを意味しています。
分離した粒子だけではありません、一対になった粒子も絡み合っているということです。
創造された万物について言っているのですよ。

皆さんの周囲にあるものは全て、この絡み合った粒子のコンビと同じ動きをします。つまり
、一つの粒子が観察されていると、他の全てが自動的に同じプロセスに入るということです。

つまり、誰かが意識的に何が起こっているかと目を向けるたびにこの創造物は揺らぎ、チラ
チラと光り、変化し、適応しているのです。

これはスイッチを入れているようなもので、「現実」の全設定を展開させているのです。
言い換えると、これは一から再開している量子物理学、というより量子現実なのです。皆さ
んは量子エネルギーのスープの中で生きており、皆さんが目にする全てのものはこのスープ
の一部分です。

全ては同じ起源から発生しています。
全ての成分は発端から全く変わっておらず、建築ブロックのごとく同じ材料から構成されて
います。しかしその状態に意識が介入すると、全く新しい状態を文字通り作りだすのです。


つまり、真に存在するものなど一つもないのです。全ては粒子という形をしたエネルギー、
つまりチラチラ光る光の靄のようなもので、いつでも融合して形となることができる状態に
あります。

生命体や惑星、動きのない物体や命あるものを形作るのです。ただ覚えておいてください、
私達は「動きのない」と言いましたが、それは「活気に満ちた」という意味であり、それ以
上でもそれ以下でもありません。

岩は動きまわりませんが、人間と同じくらい「生きて」います。皆さんは全て同じなのです
から。この意味を本当に飲みこむのは難しいことでしょう、しかし皆さんは要点を理解し始
めています。

私達、惑星、神、天上や水の底の天の領域から皆さんを分離させているのは一体何でしょう?
それはたった一つ。観察者の目、それだけです。というより、皆さんのほんの一部である意
識、と言った方がいいかもしれません。

神は創造するエネルギーですが、意識を持っています。意識なくして創造はあり得ませんか
ら。
純粋たるエネルギーはエネルギーでしかなく、創造されるためには意識が必要なのです。

「創造物」と「創造という行為」は一枚のコインの表裏を成します。ただ正反対でもあり、
この二重性が万物の起源です。

創造物が存在するためには、誰かがそれを見ている、観察している必要があります。それが創
造の全体的な基盤です。

神が持つ二つの顔、とでも言いましょうか。エネルギーと創造性、他の部分から物質を作り
出すマインド、エネルギー。私達がお伝えしたいのは、これです。皆さんは皆さんの意識く
ら作られました。

ですから皆さんも、皆さんの意識も、「ONE」のほんの小さな一部に過ぎません。「ONE」は
基礎であり全ての基盤です。

皆さんは創造性という巨大なタペストリーの小さな一点に過ぎず、このタペストリーは存在
するために神が作った万物です。

皆さんは意識ですが、皆さんは目に見えるように作られた意識です。何度も何度も新たに作
られたくて、空中を舞いながら待っている粒子、つまりエネルギーのエーテルから皆さんは
作られたのですから。

これは「タブラ・ラーサ」(ラテン語で消された石板、白紙、無垢さの意)、見られ、観察
され、存在すると思考され、生命力によって創造され、「成る」ことを欲している「もしも」
の海です。その生命力が意識であり、全てを観察する静かなる観察者なのです。

皆さんはこの一部ですが、ほんの小さな一部ですから、皆さんが作るものは大海の一滴でし
かありません。
しかし皆さんは神でもあります。ということは皆さんは全員、パワフルだということ、言い
換えると、世界を変えることができる、ということになりませんか?もちろん、答えは「YES」
ですが、「NO」でもあります。

皆さんは自分自身を再創造できるので「YES」です。
そうして世界を再創造しているのです。
しかし、全ての創造物を再創造することはできません。と言いますか、全てをOFFにして全
く始めからやり直すことはできません。

それは皆さんの力だけでは出来ないからです。これも、分離したユニットから全体を作り
上げるという、共同創造と分離から学ぶ壮大なるレッスンです。存在している生命体が自分
だけなら、好きなことをしても構いません。

混乱しないよう、この自分を「神」と呼ぶことにしましょう。もしあなたが神であるなら、
「ONE」、創造主、たった一人の観察者がいれば全てが始まります。
しかし、これはただの第一段階です。次はこうです:創造にあたって、各粒子が他の全ての
粒子と協力し合って作業できるよう、分離させる。つまり、創造性に可能な限りの多様性を
持たせる必要があるのですが、この多様性は分離からのみ生じます。
分離、 二重性、多重性-これを表す言葉はいくらでもあります。
ただ、基本となる事実はこうです:可能な限りにおいて最大数の多様性を確保するため、ま
ずは分離を確立させる必要がある。
そうすることによって初めて創造のために最適な状態が得られるのです。

皆さんがありとあらゆる可能性を得るためには、可能な限りたくさんの異なる要素-もしく
は断片-が必要です。それが創造主の一番初めの任務でした。かくして分離が始まりました
-いうなればビッグ・バンです。そして全てはそこから始まったのです。

これに加え、さらに興味深いことをお伝えしましょう:皆さん、人間はビッグ・バンは皆さ
んの宇宙の起源である、と言っています。
しかし私達がビッグ・バンについて話す時は、全ての起源だと言っています。つまり、その
全てに先行した「一つめのビッグ・バン」のことです。私達にとってのビッグ・バンは全て
の起源、つまり後に皆さんの宇宙や「現実」へと展開してゆくものを開始した根源のスープ
のことだけではありません。
全ての創造物のことを意味しています。
全ては同じように始まりました。エネルギーの小さな針の先のような一点、光の一点があり、
何かに「成る」ために意識がそれを観察し、パラメーターを設定するとそれが始動しました。
闇の中でそれが見えるように、マッチに火を点けるようなものです。意識によって着火され
るまで、それは目に見えなかったのです。
目に見えるのですが、観察されてはいませんでした。
ですから、目に見えなかったということです。しかし、意識が入って観察を始めた途端、
それは「全て」になりました。
マインドがエネルギーから物質を生じさせたのです。
しかし覚えているでしょうか、物質は想像の産物に過ぎません。「観察される」対象となれ
るよう、まとめられてゆく単なるエネルギーです。
ですから繰り返しますが、マインドを自由に解き放ってください。皆さんのマインドは、見
えるはずのないものを見ようとして皆さんを引き留めています。

いや、すでに見えるものを見たくて皆さんを引き留めている、と言った方がいいですね。
そうやって他を全て見落としています。
しかしそれはもう、神によって観察されているように、皆さんに観察されるためにそこにあ
ります。ですから目を開いてマインドは休憩させてください。そして本来の皆さんである神
の部分に繋がろうとしてください。すると、そうして初めて、全ては皆さんの目の前に存在
することでしょう。

関連記事

別窓 | アセンション | コメント:0 | トラックバック:0
アークトゥルス 最初の降下
2013-10-02 Wed 22:49

new-earth.jpg

スザンヌ・リー 2013-9-24

最初の降下は、多次元マインドが3次元の頭脳に “着地” して繋がることです。
大脳は頭蓋に完全に覆われていますが、多次元のマインドは大脳のすぐ上にあっ
て4次元以上と共振します。
したがって肉体のオーラが3次元の大脳と多次元マインドの橋渡しをする主な連
結装置になります。

一度多次元マインドが大脳に”着地” して繋がると、肉体はライトボディに変
容し始めます。
この変容はさなぎが蝶々に変わるのと似ていますが、ただその場合、新たな性質
が加わる変容ではありません。
体が高い周波数に共鳴し同調するという変換です。


この高い周波数共鳴現象は常に高い周波数の中に存在しましたが、肉体という限
られた視覚では捉えることができませんでした。
多次元マインドのエネルギーパターンが大脳と重なり作用し始める時に、高次元
の知覚が人間の意識に繋がるのです。
しかし、高い意識状態にある時にだけこの知覚的な作用を知ることが出来ます。


不安や恐れでいる時の低い意識では、アドレナリンが体に放出され、危険に対し
て警戒します。
したがって、物質的世界に注意が行きます。反対に、高い意識の時には愛に基づ
いて考え感じるのでエンドルフィンが放出されます。

エンドルフィンが放出されると喜びや愛、幸福感が高まります。この意識状態の
時にはすべてに安心しています。

安心している時は意識は高い次元に拡大し、狭い日常の世界から抜け出て意識的
に高い次元を垣間見ることが出来ます。



スペクトル

この高い意識状態では、通常の人間の “可視” レベルを越えて電磁場の紫外線
帯域の高い光にまで知覚が拡大します。夢で4次元の世界に慣れているので、始め
は4次元を知覚するでしょう。

地球の人間の体は、すべてが “可視” 電磁スペクトルという限られた帯域に共
鳴するホログラムの中で生きています。
センションが進む時の一番大きな課題のひとつは、物質的プレーン(界)が唯一
の現実だという思い込みを手放すことです。
この習慣的な考え方を手放して、あなたは地球で生きる肉体ではなく、それを身に
着けているということを思い出すことが出来ます。

例えば、プレアデス人やシリウス人、アークトゥルス人などの高い周波数の体が生
存するリアリティがたくさんあります。

私たちアークトゥルス人はずいぶん昔に肉体を持つ必要がなくなりました。しかし
、私たちの多くは地球の肉体という形態の中に “降りた” 経験があります。

アトランティス崩壊時、ガイアが完全に5次元に戻るまで地球の肉体でい続けること
になることが分かっており、ガイアの呼びかけに応じるためにやって来ました。

私たちの契約はもう終わりました。
私たちも皆さんも、本来のアークトゥルス人、プレアデス人、シリウス人に戻るこ
とが出来るようになりました。
でも皆さんの意識は何度も地球の肉体に生まれました。ですから、皆さんの意識に
とって、多次元的な光をベースにした形態は3次元的物質とは反対の感覚をもつこ
とを思い出すプロセスを辿る必要があります。
それが、このプロセスを促進する多次元マインドの降下です。

人間の脳の共振範囲は電磁スペクトルの狭い領域であり、意識が高い周波数になら
ないと高次の周波数のデータを読み込むことが出来ません。

多次元マインドの降下と連結は3次元ホログラムを抜け出るあなた個人のポータルに
なり、山の上に高く聳える、光の高次周波数を送受信するコントロールタワー(管
制塔)の役目をします。

ホログラムの中で生きるというのは、皆さんが光の世界に生きることであり、ここ
では、今お話した電磁スペクトルの中の “可視” の周波数に共振する仕組みにな
っています。
多次元マインドとの連結が進むと、高次元の数多くのリアリティにいる高次の自己
を思い出していきます。
肉体がホログラフィックであるように、あなたもまた光で出来ています。だから、
ライトボディを新たに創り上げたり起動させる必要がありません。

あなたは今、低い周波数に共振するライトボディです。大脳はその低い周波数で知
覚できる光の周波数を映し出します。
しかし多次元マインドとの結びつきが広がると、高次元との意識的、無意識的なや
り取りの中で高次のリアリティから情報がやって来ます。

高次の情報は、元々備わった高次元を捉える知覚力を向上させ、紫外線スペクトル
の帯域にまで意識が上がるように絶えず気づかせようとしています。
肉体は3次元しか捉えることはできません。

しかし意識が多次元マインドに拡大する時は、1つないしそれ以上の数の高次の自己
に意識的に繋がることができます。

この連結を通して、高次の自己は5次元のガイアを容易に認知してその内容を肉体の
あなたに送ることが出来ます。
高次の自己はまたあなたの意識に情報をダウンロードできます。しかし、肉体の脳
は、その周波数のデータの受信・保存、理解などは出来ません。

だから、そうやって意識的に情報を受信して理解するには、意識が多次元マインド
にまで拡大することが必要です。

意識が高い状態になると、あなたが生きている今の5次元のリアリティを感知するこ
とが出来ます。
でも、先ず「本当の」世界は物質世界で高次元の世界は「単なる想像」によるものだ
という信念を捨てなければなりません。
この認知の再構築は、あなたの3次元コンピューターから低い周波数や恐怖に基づく
データを消去する時にだけ起こります。

あなたが持っているコンピューター容量が満杯の時に新しいデータを追加しようと
すると不具合が生じます。
人間の脳(コンピュータ)もそれと同じです。恐怖や不安、怒りや悲しみなど古い
メモリーでメモリーバンクが一杯である場合、必要なスペースを空けて大脳が多次
元マインドに接続できるようにしなければなりません。

この古い恐怖ベースの感情はあなたの意識を “ドラッグし(引っ張って)” て高
い意識状態を維持する妨げになります。
意識的に多次元マインドを生かして高次のリアリティに接していろいろとやり取り
することが出来なくなります。
この恐怖の経験や記憶がエネルギーという形であるのは幸いです。だから記憶もエ
ネルギーパターンも手放すことができます。

例えば、大脳に接続して、不安な時や怖い体験を思い出してください。その体験(
エネルギー)の原因や状況の感情的な部分から離れるようにしてください。
ただ、その時の色や重たい、怖い場面だけをじっと見て、観察するだけにしてくだ
さい。
その時の映像が暗い色で、重くてどんよりしており、動きが全くない感じがします
がどうですか?

体で恐怖のエネルギーを感じてください。そのエネルギーによってあなたの意識は
弱くなり、3次元の幻想に捕まっているのが分かりますか? 
闇の残党が人間の低い意識に恐怖のシナリオを植えつけ続けている理由が分かりま
すか?

でも、皆さんは恐怖に対抗できます。それは「無条件の愛」です。無条件の愛は最
高の光の周波数に共鳴します。どうか、「無条件の愛」のエネルギーの世界に注意
を向けてください。するとそこに無数の高次の光が溢れるのが感じられますが、ど
うですか?



天使の出現

多次元の愛のエネルギーが高次の世界に向かって旋回しながらヴォルテックスにな
り、それが多次元の自己に繋がる生きたポータルになります。
その様子をじっと見てください。

では、怖れや不安、悲しみなどをその素晴らしい無限のヴォルテックスの中に入れ
てください。
この恐怖のエネルギーが脳やハート、体の意識、無意識、潜在意識からなくなるよ
うにしてください。
この時、恐れという重く暗いエネルギーが「無条件の愛」の光に変わって旋回し、
光に戻っていきます。

この旋回する「無条件の愛」は、高次元で共鳴する自己に守られどんな危険性もなく
なります。
「無条件の愛」に包まれて安心し、あなたの体はエンドルフィンを放出して意識は多
次元マインドにまで広がります。

更に、銀河の中心から地球に延びる光の帯が絶えずあなたの体に流れ込んでいます。
この光の振動は恐怖のエネルギーには大きな不快感をもたらしますが、意識表面に
ある恐怖のエネルギーを洗い流します。
感情も光が体に入った時に同じことが起こって流れ去りすっきりします。

その時に、「私には恐怖の感情はありません。私は手放しています」と自分に語りか
けるのを忘れないでください。
高次の光が記憶から恐怖のファイルを消去していることを知っていれば、かつての場
面を思い出す必要も、自分で消去する必要もありません。ただ「無条件の愛」の光を
呼び出して清め、消去してもらい、その高次の光に包まれてください。



熱気球

あなたの体は熱気球と同じです

先ず、飛べなくするような重いものはすべて捨ててください。

それから気球を地面から外して大空に飛ばしてください。

こうやって低い3次元の周波数を上げます。

暗い恐怖に重さがなくなったら、高い世界の空に舞い上がってください。あなたの
旅はどんどん進みます。



闇を光に変える

あなたには価値がないという怖れのエネルギーの言うことに耳を傾けてください。

このエネルギーを「無条件の愛」の「多次元の光」の中に送ってください。

「無条件の愛」の中でそのエネルギーが変わるのをじっと見てください。

その度に、体がどんどん軽くなり純粋になるのを感じてください。

あなたを3次元の幻想に縛りつけていた低い周波数の記憶を手放して高次の自己に進
んでください。
こうやって意識を縛っていたものを解放して、多次元マインドを3次元の脳に降ろし
て連結することができます。

多次元マインドが十分に体の脳と一体になると、絶えず高次の「多次元の自己」と繋
がった状態になります。その時には、あなたは3次元ホログラムの限界と分離に執着
することはなくなり、ホログラフィックなプログラムを抜け出て、プログラマーであ
る「あなた」というポータルになります。

私たちはあなたの「多次元的自己」のメンバーです。

私たちは「あなた」です。



アークトゥルス人及び光の銀河連盟

関連記事

別窓 | アセンション | コメント:0 | トラックバック:0
| アセンションと次元移行 |
イミグラン錠