今大きな転換の時期を迎えています。アセンション、5次元へあなたは入れるか。それは各自の意識の持ち方しだいです。私たちの宇宙は急速に変化を遂げているようです。

神は絶対ではない
2008-07-25 Fri 19:59

地球の次元上昇はすでに定まった神の計画であり、誰であろうとこの事実を変えることはできません。
人間は神々により魂を創造され、指導されています。そして人間は魂を成長させ向上させるために
輪廻転生を繰り返しております。

今の私達の世界は、大変苦しい世界なのです。そのために、魂にとっては大変な修行になります。
修行を重ね、魂のレベルがある域まで達しますと、宇宙に飛び立ちます。そして地球星より高いレベルの
星で、肉体を持って生活するのです。

しかしながらこの過程で地上に苦しみを伴った大きな混乱を招くか、又はスムーズに未来の地球に移行
することができるかは、私達ひとりひとりの毎日の行動によって選ぶことができるのです。

いわば神々は、私達にとって母(親)であり、宇宙人は私達にとって兄であり、先輩であります。
そして魂の修行を重ねていきますと、神々の域を越えて行きます。

全宇宙の中でもっとも進化した人間(宇宙人)は、神々の域を越えているのです。皆さんはこのことを
聞かされると、大変驚かれると思いますが、これが真実です。
私達の社会でも親は、子供の成長を喜びます。そして子供が親を超えることを望みます。
神々も同じように、私達に越えられることを、一番の望みとしているのです。ですから最も進化した宇宙人
は、肉体を持ちながら神々を超えた魂を持っているのです。

私達を教育、指導したのは、今まではほとんどが神々でした。しかし今回の世紀末は銀河系の進化ですか
ら、神々だけではなく、宇宙からも教育、指導、救済が来るのです。
神々だけでは、魂の救済はできましても、肉体までは救済することはできません。そのため肉体は、宇宙
人に救っていただくのです。そして肉体を救済された人達が、新しく生まれ変わった地球で、ユートピアを
築いていくのです。

このユートピアの世界が一般に出回っている予言書の中に出てくる 「弥勒の世」 なのです。
先ほど神々を親、宇宙人を兄と表現しましたが、私達は赤ん坊にあたります。
そして今回の進化は、赤ちゃんの成長期にあたり、親と成人した兄が手を差し伸べているのです。
そして、その成長期には、一気に赤ちゃんから青年(超人類)へと成長するのです。
超人類となりますと、神々と、宇宙人と対等に話ができるようになるのです。

しかしながら、地球上の霊的進化に責任を持つ大師達がこのような恩寵を下すためには、地上に肉体を
持つ私達が十分な努力をしていることが不可欠で、向上しようという意欲もなく、行動もしない人達に
無駄な時間を与えることはないということを肝に命じる必要があります。

別窓 | アセッション | トラックバック:0
この記事のトラックバック
トラックバックURL



| アセンションと次元移行 |
イミグラン錠