今大きな転換の時期を迎えています。アセンション、5次元へあなたは入れるか。それは各自の意識の持ち方しだいです。私たちの宇宙は急速に変化を遂げているようです。

宇宙連合の計画
2008-07-25 Fri 20:02

私達は近い将来、みなさんに物理的にコンタクトする計画をたてています。物理的コンタクトが実現する
時期がいつになるかについては、実に多くの要素(主に皆さん側の準備に関係しますが、またネガティブ
なETたちの活動も関係します)が絡み合っていることから、私達にも分からないのが現状です。
皆さんの準備が早く整えばその分だけ、私たちは皆さんの前に姿を現すことができるわけです。

可能性として、ネガティブな者の活動より、みなさんの準備が整う前に、私たちがみなさんに物理的
コンタクトを行うことも考えられます。そうなった場合は不運としかいいようがありません。
皆さんの準備が整う前に私たちが姿を現すようのことになった場合、予想される結果は、私たちが望ん
でいるよりもずっと大きな混乱の発生です。

ですが、そのような混乱は、私たちが皆さんに物理的コンタクトを行う以前に、ネガティブなETたちがより
大きな混乱を地球に巻き起こすことに成功していた場合に限られるでしょう。
私たちがオープン.コンタクトを行う時期とその方法について、もっと詳しい内容を皆さんにお知らせでき
ない理由の重大さを理解して頂くことを、私たちは願っています。

みなさんに分かって頂きたいことは、私たちは任務のほとんどの部分を水面下で慎重に行っており、本当
に必要と判断された時だけ介入を行うだろうということです。

地球の安定にマイナスの効果をもたらすことがないかぎり、地球に関する皆さんのいかなる選択権も私
たちは尊重するつもりでいます。しかし、皆さんの選択が地球以外の星に住む生命体の幸福を左右する
可能性があります。私たちが地球を見守っている理由の一つもそのためです。

ですから地球を含めたあらゆる星に損害を及ぼす可能性のある選択を人類が下そうとした祭には、私
たちはその権利を奪うべく介入を行うつもりでいます。そのような意味から言うと、私たちはみなさんを愛
する両親のようなもので、子供が自分か他人を危険にさらさない限り子供の自由を認めているのです。

私たちはみなさんに、地球での私たちの任務と、人類の主権への深い敬意の念を理解して欲しいと願って
います。
前述の例のほかに私たちが地球に介入を行うケースは、皆さん側からの要請があった場合です。
要請があった際には宇宙のあらゆるものの至高善に貢献する形でみなさんからの声に応えます。
ネガティブなETたちもみなさんの声に応えるということをしっておいて下さい。彼らは手助けを求める声
を聞いてその要請に応じることは応じますが、彼らが手をさしのべる動機は、その人を含めた他者の幸福
を願ってのことではないのです。

私たちは、できるだけコンタクトの記憶を消し去るよう心がけているのです。皆さんは、私たちとコンタクト
したことを記憶していても何の支障もないと信じて疑わない方も大勢おられるようですが、実際に経験
してみると、それは予想されるよりずっと心を混乱させる経験となるはずです。コンタクトの結果生じる
そのような弊害の可能性を理解している私たちは、第三密度世界でコンタクトする対象者をごく少数に
しぼっています。

私たちの第四密度世界でも、コンタクト経験を記憶しているとさまざまな混乱が生じるのです。
第三密度世界(地球)の大多数の人々にコンタクトするまでは、もうしばらく待たなければならないでしょう。
そのさきがけとして、第三密度のより多くの人々にコンタクトし、その人々に伝道者となってもらい、私たち
が近い将来人類の前に姿を現すときのための準備を整えるつもりでいます。

実は、一人ひとりへのコンタクトはすでに開始されているのですが、今後数年間のうちにコンタクトの頻度
を更に増やそうというのが私たちの計画です。したがって21世紀には地球の大多数が、私たち(ET)の
存在を知るようになるはずです。

ミステリー・サークルは私たちが創ったものですが、今後はその数も増え、さらには模様の複雑さも増し
科学的興味を同じくする人々が興味を示して集まってくるようになるでしょう。

ETの存在を人類が受け入れるために重要なもう一つのステップは、米国政府がETに関する機密文書
の公開に踏みきることです。米国政府が情報の開示を行えば、私たちがみなさんの前に現れるのは
すぐでしょう。

別窓 | アセッション | トラックバック:0
この記事のトラックバック
トラックバックURL



| アセンションと次元移行 |
イミグラン錠