今大きな転換の時期を迎えています。アセンション、5次元へあなたは入れるか。それは各自の意識の持ち方しだいです。私たちの宇宙は急速に変化を遂げているようです。

「SMI2LEメッセージ」の後日談
2008-02-24 Sun 23:19

■■PART-7: 「SMI2LEメッセージ」の後日談

 

■ティモシー・リアリー教授は狂っていたのか?


念のために言っておくが、「SMI2LEメッセージ」は実際にティモシー・リアリー教授本人が自分の機関紙『テラ2』などで公開したものであり、単なる思いつきで口にしたメッセージではない。

ティモシー・リアリー教授が「SMI2LEメッセージ」を公式に発表したとき、当時のアメリカの極端な右派と左派が、リアリー教授の正気に疑いを抱いたという。

しかし、毎日リアリー教授と会話を交わし、ときには彼に助言をあおいだりもしていた心理学者ウエズレー・ヒラー博士は、当時のリアリー教授の精神状態について次のように語ったという。

「ティモシー・リアリーは完全かつ素晴らしいまでに正気である!」

また、その数ヶ月前にも3人の政府の精神分析医がリアリー教授を診察しており、彼が完全に正気であり高い知能指数の持ち主であると証言していたのである。

リアリー教授は、その後、旺盛な著述・講演活動に入り、コンピュータソフト会社「フューテック」などを経営。晩年はヴァーチャル・リアリティ技術などにも興味を寄せた。

 


元ハーバード大学心理学教授の
ティモシー・リアリー

 

残念ながらリアリー教授は1996年5月に亡くなった。遺体の灰はスペースシャトルに乗せられて、無事、大気圏外にまかれた。それは2012年まで宇宙空間にとどまり、“スターシード”となって再び地上に落下するということだ。最期までロマンに溢れた男であった。

なお、彼は晩年に日本に来たことがあるが、日本に対して次のようなメッセージを残している。

「21世紀の世界は日本のキッズ(new breed)が変革していくだろう」

 

別窓 | アセッション
| アセンションと次元移行 |
イミグラン錠