今大きな転換の時期を迎えています。アセンション、5次元へあなたは入れるか。それは各自の意識の持ち方しだいです。私たちの宇宙は急速に変化を遂げているようです。

「歴史と銀河人類文明の根本原理 パ-ト1」
2008-04-11 Fri 20:28

この章は、ワシュタ、及び、彼のシリウス人会議
(テレトロン、シライと、ミキ)は、銀河人類の文明の歴史、及び、基本原理を共有するでしょう。この討論は、そのような文化の例として、シリウスの文化と、文明を使うでしょう。従って、歴史、及び、人類文明の起源について討議を始めましょう。

丁度その最初の人類文明は、約6百万年前に、リラ星座における最も明るい星、ベガの星団系において確立されました。この時代の間にベガ人類の居住者は、真の惑星間文化の初期原理を発展させました。この文化は、社会の4つの初期的法則として述べられた、2つの主要な原理に基づいていました。

これら最初の2つの原理は、個々の個人的成長の重要性にありました。文明の基礎信念は、個々の意識の成長が、同時に発生する与えられる理解と同様に、他の魂のフォース、及び、自分自身を更に良く理解する事の知識を働かせることで、十分に調査しているものの更に高い魂によってのみ発展することが出来るでしょう。

第2の原理は、各個人の魂の光が独特な方法で全ての人を照らすことを明示しました。各魂の光は、融合した人類の一族を構成する大きい難問の一片を含んでいます。この光を、その十分、且つ、完全な輝度の状態に至らせるのを助けることは、自分の友人、及び、一族の義務でした。簡潔に銀河文明を再調査し、そして、更に沢山の詳細における社会の法則、及びその内在する原理について論じましょう。

銀河文明の起源は、銀河の、そして、次元間の霊的階層と呼ばれるものから発展しました。これらの霊的な時間の支配者、及び、宇宙は、明白な一連の独特な物理的存在であるこれらの領域(銀河と星団系)において確立されました。これらの事業は、惑星、星、及び、他のエネルギー形態が、物理的宇宙の至る所で創造の白い光を確立する際に、それらを援助するのに補足的な物理的保護を必要としたので行われました。この終りまで、霊的階層は、特別な生命形態
(高い感情のある様々な人類、及び、非人類)
を創造しました。これらの生命形態は、創造のエネルギーが物理的創造によって、最大の効率で動く事を可能にするために霊的階層と共に働くであろう保護の一部として確立されました。

惑星の、そして、星団系の執事職のこの概念は、全人類文化の保護者の性質と呼ばれるものです。全ての人類は、それらの十分な意識的文明を形成した基礎です。地球人類が認識において成長し、そして、それらの意識を増加する事で助力を得て、そして、重要性において成長することは、環境運動、及び、地球の執事職としては当然です。従って、管理人のこれらのプロセス、及び、保護者が人類の意識の成長と、如何に関係があるかを学ぶことは必須的なものです。この保護プロセスについて学ぶことによって、地球人類は如何に貴方がたの惑星上のここで銀河文化を首尾よく創造するかを、更によく理解することが可能になるでしょう。と言うのは、リラ文化は、シリウスの一部であり、又、貴方がたの地球は、今増加しているシリウス人の影響下にあります。

霊的階層が、元々全ての人類に与えたこの保護者の性質は偉大な贈物です。と言うのは、それは4つの明白な様相による社会法則の民主主義のシステムに基づいていたからである。

別窓 | アセッション
| アセンションと次元移行 |
イミグラン錠