今大きな転換の時期を迎えています。アセンション、5次元へあなたは入れるか。それは各自の意識の持ち方しだいです。私たちの宇宙は急速に変化を遂げているようです。

ジャンクDNA
2011-05-19 Thu 23:51

研究者によると、ジャンクDNAは異星人が地球上の生命にプログラムを施した形跡を示しているという


人類だけでなく他の生命体も、地球外の生命による遺伝子操作の結果であると多くの人々が推測している。

地球上の生命は地球外生命体の手によって操作された事が事実であると考えている、ある研究者の一団が現れた。

人のDNAの97%は屑であると、科学者は長い間主張してきた。このいわゆる「ジャンクDNA」が持つ情報の意味は、これまで全く解かれないままになっていた。

しかし、ジャンクDNAは屑ではなく、地球外生命体の遺伝子コードであると考える科学者の一団が存在する。

ヒトゲノム・プロジェクトに従事する研究者の一団が、彼らの驚くべき科学的発見を間もなく公表するという。彼らは、人間のDNAの97%を占めるいわゆる非コード配列は、未知の地球外生命体の遺伝子コードと同様であると考えている。

非コード配列は、カビや魚、そして人に至るまでの地球上の全ての有機生命体に共通している。人のDNAでは、それらは全ゲノム中で最大部分を構成していると、グループのリーダーであるサム・チャン(San Chang)教授は話している。

地球上に存在する全ての生命の遺伝子コードは、地球外のプログラマーによって書かれ、その後どう言った訳からか、実行に備えここに保管されたのだとでも言うのだろうか?この考えは狂気じみているばかりか、乱暴でもあっため、Adnanは何日もこれに抗っていた。その後、彼は先に進むことを決断した。非コード配列が、作者によって廃棄、或いは遺棄されたプログラムの一部だとしたら、それらを機能させる方法があるはずだ。たった一つ必要な作業は、コメント記号を取り除くことであり、仮にコメントブロックがこのように/*......*/意味のあるルーチンであったなら、それはコンパイル可能であり、同様に実行も可能なのだ!この考えに沿って、Adnanは全く同じ記号の度数分布を有する非コード配列のみを、活性遺伝子として集めた。

「高度な地球外生命体が、新たな生命の創造、と様々な惑星へそれらを入植させる作業に従事していたというのが我々の仮説だ。地球は、そららの一つに過ぎない。恐らく、プログラム後に我々の創造者達は、ペトリ皿でバクテリアを成長させるのと同じ方法で、我々を成長させたのだろう。それが科学実験の類なのか、新たな惑星への入植準備なのか、それとも生命の種まきという宇宙で継続される長期ビジネスの類なのか、我々には彼らの動機は分からない。それを我々人間の言葉で考えるとしたら、地球外のプログラマー達は、幾つかのプロジェクトを構成する大きなコードの一つに最も携わっていたと考えられ、プロジェクトは様々な惑星に多種の生命体を創造する事が目的であったのだろう。同様に彼らは多種の解決策を試みている。彼らは大きなコードを書き、それを実行した結果、ある機能が気にくわなければ、それらを変更、或いは新たにコードを追加した後に再度実行し、さらなる改良を施すという事を何度も何度も繰り返している....ソース:esoteric online

ジャンクDNAと言われている言葉は、その正体と機能への無知から生じた語に他ならないと思われる。

我々が異星人の手によりプログラムされたと考えている研究者は、同じくジャンクDNAが創造を改善し、性能を高めるために用いられたと考えている。彼らによると、進化それ自体がDNAを説明できていないという。恐らく異星人の創造者達は、さらなる我々の開発を計画していたのだろう。とどのつまり、如何なる創造者であっても、その創造物のデザインを改善したいという誘惑には抗えなかったと、彼らは推測している。

これが事実なら、ジャンクDNAは生き残りを賭けてもがいている創造にとっては、朗報なのかもしれない。神々は恐らく、良識に沿って干渉し、プログラムを埋め込んだのだろう。

別窓 | ET | コメント:0 | トラックバック:0
<<エネルギー上昇 | アセンションと次元移行 | 思いは帰ってくる>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| アセンションと次元移行 |
イミグラン錠