今大きな転換の時期を迎えています。アセンション、5次元へあなたは入れるか。それは各自の意識の持ち方しだいです。私たちの宇宙は急速に変化を遂げているようです。

5次元とは何か?
2012-02-05 Sun 20:31

アセンションのときには、5次元にアセンション後の地球と現在のままの地球に分かれるでしょう。
アセンションを終えた地球は新しい時間周期に移動します。
人々が新しい周期に移行するには、その前にアセンションを果たしている必要があります。


 新しい地球とはどんなものか説明したいと思います。
 物質は波動です。人間の霊、魂、エーテル体、肉体は光子体に変化します。これも周波帯で、コード化された情報を保持しています。それでいて多次元存在を保持します。知覚意識が発達し、あなたはこれまでにない展望から現実をみて解釈するようになります。
 これは霊的アプローチでしか理解するのは不可能です。



1.  物体、生物が放つエネルギーが目にみえます。


2.  想念がその人の姿を変えますので、一見してその人がどんな人間かわかってしまいます。


3.  人が想ったことは現象として形を成すことができます。


4.  何といってもすごいのは、粗い粒子に体のバイブレーションをさげれば、どの 時間-空間 にも自由に行き来できることです。
多数の宇宙に同時に存在することができるので、地球での過去、未来の時間-空間は、そのひとつに過ぎません。


5.  光によって物事の本質がわかるので虚偽、欺瞞に騙されることはありません。
闇は、情報を拒絶か隠しているところなので、その存在がすぐにわかります。

 かれらも家を持っていて、子供を産みます。しかし貨幣がなく、必要なときに必要なものが手に入ります。
したがって労働して給料をもらうということがありません。貨幣そのものが存在しないからです。
イメージすることで家を建て、模様替えもまわりの景色さえも自由に変えられます。
 自分の姿を好きなものに変化させることができます。たとえばマリリン・モンローや腹に20本も触手を持つモンスターまで。
それは、5次元の人間は想念で創造することができるからです。
 人々は協力してヒーリング能力をふるい、汚染された水や空気や大地を清浄な状態に戻します。
 音楽を奏でるときは、空気ではなく音そのものを奏で、絵画は光を使って自由な色、タッチで描くことができます。


 人間は、同時に複数の現実を生き、それを記憶することになります。(いままでもそうだったのですが、1つの現実しか記憶していませんでした) 1つの現実に焦点を合わせることもできます。
 そして過去世 (= 前世やその前の一生) の自分を概観して、あなたの霊体 (= メンタル体) が体験したさまざまな様相、輝きをみて、そのときの自分の存在を感じ取るでしょう。
 人々は自分が情熱を傾けること (本来の自分がやりたいこと) をやって 1日の大半を費やすのですが、それはあくまで奉仕で、超宇宙や他の人に貢献することでその価値がはかられます。


 それは個々人の世界ではなく、スピリットの世界です。
 そこに、死はありません。

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
<<自我の波動を昇華 | アセンションと次元移行 | アセンションへの準備>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| アセンションと次元移行 |
イミグラン錠