今大きな転換の時期を迎えています。アセンション、5次元へあなたは入れるか。それは各自の意識の持ち方しだいです。私たちの宇宙は急速に変化を遂げているようです。

スポンサーサイト
-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
スピリチュアルな進化の進歩を遂げた
2013-11-13 Wed 18:53

2013年11月10日 ジョン・スモールマン経由
自分達が願い、祈ってきたこと ー 平和、調和、自由、そして全てのため
の豊穣;全人類を抱きしめる「愛」の状態 ー は、狂ってしまった世界で
のただの妄想(叶いようもない希望)に過ぎないようであるので、「地球」
上の多くの人達が、非常に不安定に感じています。

まぁまぁ、永劫の昔からもともと世界は狂っているのです、そしてゆっく
りと、それだけの永い時間をかけて、多くの聖人達の祈りと意図が一つの
驚くべき変化をもたらしてきているのです。
それは、「愛」(「神」に与えられた、あなた方の永遠の状態)に対して
逆ギレするという、愚かにも恐ろしい破壊的な状態からの、一つの引っ越
しです。

それこそは、それをもたらすためにあなた方全員が「地球」上にいること
、すなわち「愛」への帰還です。
そしてあなた方は、自分の疑いや不安にもかかわらず、それに成功しつつ
あります。
あなた方のかなりの大人数が、馴染みのない文化、宗教、政治的見解、個
人のライフスタイルなどに対する審判(裁き)を手放して、受け入れる方
向かったというような、人類のスピリチュアル(精神的)な進化における
この数十年の間でなされてきた驚異的な前進に、どうか集中してください。

あなた方がこれだけの短期間でこれほどのスピリチュアルな進化の進歩を
遂げたとは、全くど偉いことです。
それは、経済学者達がしばしば称する「J曲線」というものに少し似てい
ます。
あなた方がある特定のレベルの到達(この場合スピリチュアルな進化の
ことです)に達したところで、そこからもう一度、それより低いレベルま
で押し下げられるように思われます。
しかしながら、その「J曲線」の底に達するのはほんの短い下り坂を落ち
るだけで、そこからは一歩通行しかなく、ただ上昇するのみです!あなた
方は、寸分違わず「J」の曲線を曲がり終えたのです。
なんならその証拠を探してください、そうすればそれを見つけることでし
ょう。
何故ならばそれはあなた方の認知を待って、至る所あなた方の周りにあり
ますから。これが当に起こっていることだとあなた方が認めるとき、あな
た方の意気は上がり、同じくしてあなた方の「愛」のパワーと意図も上が
ります。

そしてあなた方の「J」の縦棒上りが加速し、自分達の覚醒にあなた方を
連れて行きます。
「神」の約束があなた方に対してなされており、そしてそれらはあらゆ
る瞬間に果たされています。
これをあなた方が見る(認める)ことが出来ないのは、そもそもその意
図が分離の状態を経験することであった以上、その発端で幻想に組み込ま
れた、混乱と狂気に因ります。

その感覚の一部は、直線時間の概念に因ります ー 過去、現在という風に
始まって、果てしなく、そして多分随分恐ろしげに自分の前に延びている
未来という、一つの期間という概念です。
が、それも、その未来の思いがけない予想外のある瞬間に、自分の個人的
な死が、多分間もなく本当に起こりそうであるという事実を別にすればで
す!
それは、幻想 ー 自分の肉体感覚によって、そしてそれらの諸感覚を強化
するために開発される器具によって感覚され測られ得るもの ー が唯一の
現実であると信じる方を選んだ人を、誰でも不安にするに十分です。

誰もが、例外なく、「地球」で人間として人生を生きるための確たる根拠
と希望のある理由を、欲し求めています。
しかし、受肉化した人間が物理的に見て、感じて、嗅いで、味わって、聞
くことが出来ないもの、即ち科学的に測定出来ないものは何でもはじく文
化を、多くの人々が受け入れてしまいました。
科学というものは、以前の「疑う余地がなく否定出来ない知識」が危なっ
かしく構築されたその基盤を新しい情報と知識がノックアウトして、絶え
ずそれ自体を作り直していなければならないという事実にもかかわらず、
です。
人生を目隠しを着けて生きること(それは、そうした態度で一目瞭然です
)は、「地球」上での人生の間起こり続ける果てしない不確実性に対処す
る、至って安全な生き方であるようでした。
そして、人生(生命)は永遠である、つまりこの世の乗り物(肉体)が埋
葬されてもそれは止まないのだ、と信じるのを選ぶことによって希望の拠
り所とするのは、愚かで無知であるとされます。
にもかかわらず、それを知ることなしには、その信条(恐怖)は風土性に
なり、強烈に否定されなくてはならなくなります。恐怖は、それが受け入
れられて調べられさえすれば覚醒に繋がることが出来る、幻想の一側面で
す。
何故ならば、恐怖というのは一つの目覚ましコールだからです。「私は何
を怖れているんだろう、何で?わからない。私は知的な大人だし、何も怖
れるものなどあるものか。さぁ気を取り直して、元気に行こう」。
でもそれはただの否定に過ぎません。
恐怖は埋まっており、そしてそれは、確認出来る原因の所在がないように
思われる色々な問題を引き起こしながら疼きます。
それが誰か他の人の行動か振る舞いに対して投影されて、それが理由でし
ばしば表明される怒りに至ります。

あなた方全員には智慧があります。そして、「自分は神聖に創造された
『愛』の存在であること、そしてその幸福、充足、満足は全て、優しく生
きることからやって来ること」を認めることに、あなた方の人生のその神
聖な目的があることを、智慧があなたに伝えます。誰もが愛されたがって
います。誰もが「愛」を切望しています。
何故ならば、「愛」があなた方の本性であり、「それ(愛)」なしには、
あなた方はすっかり奪われた状態だからです。
そして、「それ」はあらゆる瞬間にあなた方を囲み包んでいるので、あな
た方はその優しい抱擁を免れません。

しかし、何でも愛情のないことは、「それ」が大嫌いです。そして、思考
、言葉、行いで愛情なくあることを選ぶ時、あなたは自分のハートを閉じ
て、「愛」を閉め出します。そうして、否定されるか克服されなければな
らない恐怖がやって来ますが、それを克服するといっても、それは否定の
別形態であるに過ぎません。

恐怖から逃れるか解放されるのは、唯一「愛」によってです。内側に入り
、あなたを囲む「愛」にハートを開くとき、あなたの恐怖は軽くなり、ま
たあなたがそれ」に対して開けば開くほど、より大きく軽くなります。が、
それほどにも多くの人達が幻想の現実で確信していることに、「愛」を抱
きしめて、「それ」をどんな形であれ触れ合う人々全員に無条件で提供す
ることは、正気の沙汰でないように思われます。
とは言うものの、まさにそれを行う誰かを一生知ることのない者など、あ
なた方の中にほとんどいません。
そしてあなた方は、人生が自分にどんな形で呈されようがおかまいなしの
彼らの平和的で満足そうな受け入れと、彼らの結果として生じる嬉しさに、
気付かずにいることなど出来ません。
あなた方の間で、誰もが優しく生きれば世界平和があることを認めない者
は至って小数しかいません。
また今やあなた方の多くが、まさしくそれ(優しく生きること)を行うこ
とに従事しつつあり、その状態(世界平和)を実現に持ち込みつつありま
す。
常に優しくあることは皆の意図なのですが、あなた方が認めたいかも知れ
ないよりもしばしば、幻想の雑念がその理想からあなた方を連れ出してし
まいます。

あなた方はその意図を忘れて、自分を脅かすようであるあらゆる状況に愛
情なく反応してしまいます。
はい、あなた方は時々それが難しいと分ります。そしてあなた方は、後に
後悔することをしたり言ったりしてしまいます。
それで、どうか、常に優しくあるための自分の意図と願望を強化すること
を、思い出してくださいますように。
そして、自分の失敗で自分自身を裁く代わりに、自分の成功を祝ってくだ
さい。

スピリチュアル領域(あなた方がその事実に多少なりとも無意識であるに
留まっている一方で、現に私達とともにあるところ)のここでは、あなた
方が優しくありたいと意図することによって、そしてその意図を実践する
ことによって幻想を粉々に分解している際に為しつつある、注目すべき進
展を、私達は楽しみ続けます。あなた方の成功は神々しく保証されていま
すから、これまでも常にそうであったように、実行し続けて人類を目覚め
させてください。

とてもとてもたくさんの愛を込めて、サウル。
http://johnsmallman.wordpress.com/2013/11/10/the-spiritual-evolutionary-progress-that-you-have-made-in-such-a-short-time-span-is-truly-enormous/
翻訳 ソウルカメラ

別窓 | アセンション | コメント:0 | トラックバック:0
<<地球への通信 | アセンションと次元移行 | 活路の見付け方 パート368>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| アセンションと次元移行 |
イミグラン錠
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。