今大きな転換の時期を迎えています。アセンション、5次元へあなたは入れるか。それは各自の意識の持ち方しだいです。私たちの宇宙は急速に変化を遂げているようです。

スポンサーサイト
-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
今、世界で何が起きているのでしょうか?
2015-01-01 Thu 19:02


幼少の頃から日本神話に登場するアシツヒメ=木花咲耶姫の声が聞こえたという占い師の田村珠芳氏。特殊能力と中国の運命学『淵海子平』(四柱推命の基)を使って、これまで幾多の有名政治家やタレントを鑑定し、信頼を得てきた女性だ。そんな彼女が今回、「あらゆるニュースを、易を使って真実かどうか確かめた内容」をまとめた書籍『神仕組みの号砲が響き渡ります』を徳間書店から出版した。

 実際に会うと、とても優しげでおっとりとした印象の田村氏だが、本を開くと「世界政府」「第三次世界大戦」「異常気象」…など、衝撃的な文字が躍る。一見すると「陰謀論」めいた内容ばかりが並んでいるが、ホンモノの情報をつかむ方法を知っている田村氏に迷いはない。

 14日に行われた衆議院選挙の2週間前に直接お会いしたのだが、「自民党が勝つわよ、決まってるでしょ。投票率は過去最低。12月はご祝儀相場で株価が上がるから、今のうちに選挙やろうってことよ」「でも、安倍さんはアメリカのゴキゲンを損ねてしまったから年内で終わり。次は麻生さんよ」と話していた。そしてさらに、今後日本を襲う可能性がある、恐ろしい話をしてくれたのだった…。


――今、世界で何が起きているのでしょうか?

田村先生(以下、田村) 私はもう何年も前から「第三次世界大戦が起こりますよ」と話してきましたが、当時、その言葉に耳を傾ける人は少なかった。でも今は「起こるか、起こらないか」ではなく「いつ起こるか?」というほど切迫した状況であることは明らかよね。だから、今になって「あの時、田村さんが言ってたことが本当になってる…」って言われるのよ。

 本にも書いたけど、2013~14年にかけて、たくさんの「奇怪」な事件が起きましたよね。北朝鮮・張成沢の粛清、外食チェーン大手の社長射殺事件、内閣府ゴムボート事件。中東ではシリア内戦がイラクに拡大してイスラム国が誕生。ヨーロッパではウクライナ騒乱。さらに、消えたマレーシア航空機と撃墜された航空機事件。韓国のセウォル号…。そしてエボラと自然災害。これらの事件が起きたのは偶然だと思えますか?

――本には「見えない糸で繋がっている」と書かれていました。

田村 まず、注目してほしいのがイスラエル情勢です。イスラエルがなぜ、パレスチナ自治区のガザに侵攻を始めたのかというと、イスラエルにとって最大の脅威であるイランと手を組んだ「アメリカ」に見放される焦りからです。つまり、わざと残虐な行為を繰り返して世界から非難されることで「アメリカが動かざるを得ない」という状況を作り出そうとしているんですね。

 では、イスラエルとはそもそもどんな国って話になるわよね? それは、アメリカの国家戦略によって、アラブ社会から聖地を隔離するために混乱を招き続けなければならないというミッションを背負った国だったのよ。これは、ニュースを見ていれば誰でもわかる話。で、アメリカはそんなイスラエルを見放し始めた。それは一体なぜか? これすなわち「世界政府」が樹立される日が近づいているということなの。

■世界統一政府 ワンワールドとは?

――「世界政府」は、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教に共通する聖地であるエルサレムに世界支配を確立するための「統一政府(ワンワールド)」を樹立する計画だと書いてありましたが?

田村 「統一政府」というと怪しげな印象があるかもしれないけど、実際に、世界を牛耳る「本当の支配者」が集まって世界の戦略を決定している会議もあるのよ。知ってるでしょ? ビルダーバーグ会議よ。この会議で話し合われている内容は、各国のマスメディア向けにも公表されているけど、まあ、それはあくまでも表面上の発表。でも一部を紹介しますね。

・景気回復は持続可能か?
・人口動態の代償を誰が払うのか?
・プライバシーは存在するか?
・特殊なインテリジェンスについての情報共有項目がどれくらいあるか?
・中国の政治的および経済的な展望
・中東の新しい構造

 ほかにもあるけど、本に詳しく書いてあるので、気になる人は読んでみてください。で、本当は何を話し合っているの? と気になりますよね。それで、たくさんの独立系ジャーナリストが裏を探って内容を暴いているんだけど、その中でも、私が正しそうだと思ったものはこれよ。

米ドルの切り下げの決定
切り下げ幅は80%になる

 つまり、ドルの暴落よ。彼ら「ワンワールド」はイスラエル、イラク、シリアで三つ巴の紛争を起こして、ウクライナを危機に陥れて、第三次世界大戦の口火を切る準備に入ってはいるんだけど、地域紛争だけじゃ世界大戦にならないでしょ? そこで起こすのが「世界恐慌」よ。


■2015年に世界大恐慌?

――さらに混乱に陥れようと…。世界恐慌はいつ頃起きるのでしょうか?

田村 2016年には世界大戦が起きるようなタイムスケジュールを組んでいるみたいだから、2015年には世界大恐慌が訪れるでしょう。もちろん、米・日・中の三極同時クラッシュです。時期は2015年の節分以降と私はみています。


――そんなに早くに?

田村 そうよ。戦争が起きればお金がたくさん動いて、経済が潤うからね。あとは、ワクチンと予防注射で彼らはお金を動かすのよ。エボラだって、もう収束しているじゃない。アフリカで「注射注射」と言って歩き回っている赤十字を追い出す運動が始まったから収束したのよ。

 それと、2016年には朝鮮半島が統一されて、中国の瀋陽軍区(中国人民解放軍の七大軍区の1つ)の統治のもと、北朝鮮北部に作られた羅先経済特区に新たなニュー満州国ができることでしょう。イスラエルの人々も含めて、ここで暮らすことになるでしょうね。


――ワンワールドの計画にアメリカは賛成しているのでしょうか?

田村 賛成しているというよりも、そもそもオバマの役割は、アメリカを崩壊させる役割を担っているんですよ。つまり、アメリカ最後の大統領は黒人である必要があると同時に、FRB(米連邦準備理事会)最後の議長は女性でなければならなかったってことよ。ちなみに、私の占いによると2015年の11月にオバマは殺されるわね。犯人は女性だと言っている人もいるわよ。そして、2016年に起きる第三次世界大戦を率いるのは女性大統領よ。シオン賢者の議定書にも「アメリカで女性大統領が誕生したときに第三次世界大戦が始まる」と書かれていますからね。ちなみに、この女性は、ヒラリー・クリントンかもしれないし、もっと若くて美人で女優みたいな人が大統領になるかもしれないわ。


――危険な情報をお持ちの田村先生は、陰謀組織に命を狙われたりしたことはないのでしょうか? 

田村 私のところに入る情報もすべてが正しいわけではないし…そんなに怖い目に遭ったことはないわよ。『神仕組みの号砲が響き渡ります』に書いてあることも、基本的にはテレビやネットでも報じられている内容がほとんど。でも、いろんな情報を正しく収集すれば見えてくるのよ、真実が。でもウソの情報をつかまされてはダメでしょ。それを私は易を使って、探っているというワケ。立てた易の卦に「この情報は間違っていない」「これからこういう時代が来る」「こんな情報を信じていたらあなたは暗闇に突き落とされる」と出るから、私はそれに従って情報を選んでいるのです。

――最後に、日本では2020年に東京オリンピックが開催される予定ですが、田村先生はどうお考えでしょうか?

田村 開催されないわよ。御嶽山が噴火したってことは、いよいよ号砲が鳴ったってこと。

・2018年春に富士山が噴火して
・その100日前に白山(石川県)が噴火する
・そして、その前に白頭山(中国吉林省と北朝鮮両江道の国境地帯)が噴火する
・そしてその前に蔵王連峰、鳥海山(山形県)が噴火する

首都圏直下地震は、富士山噴火の半年後に起きるわよ。だから、東京オリンピックは開催されないわ。


――日本壊滅ですね。どうすればいいのでしょうか?

田村 これは、どうにもならないわよ。もう始まってしまったのだから。でも、世界情勢については少しでも気づいてほしいの。「ワンワールド」の企みを壊すのが、タイトルにもある「神仕組み」なのよ。これは世界を牛耳る人たちだけじゃなくて、全員に言えることだけど、1人で生きているつもりになっている人が多すぎるのよ。違うでしょ! 神様に生かされているんだって! それに気づきなさいということよ。人間じゃなく、神が仕組んでいるということに、気づきなさいってこと。つまり、神様がよしとする生き方が人間にとってもいいってことなの。それはいい人になれとか、そういう話ではなくて、神様が魂をこの肉体に授けてくれたのだから、自分の天命を全うしろってことなのよ。それを自分で何でもかんでもやっている気になっている人たちがいるからダメなの。だから、この「神仕組み」に気づかせるために、タイトルにつけたの。このことを皆が理解すれば、今よりも、もう少しいい世界にはなるはずよ。

 ちなみに本書では、「STAP細胞」「インフルエンザワクチン」「消えたマレーシア航空機」「トランスヒューマン」「銀河連邦に対する皇族の話し合い」など、85項目について、“真実の情報”が掲載されている。そして、来る2039年、人類を驚かす衝撃の事件が起きるというのだが――。

■田村珠芳(たむらしゅほう)
幼少より神秘体験を重ねるも、霊気に満ちた鎌倉の母の実家で祀る「子の神」に見守られて育つ。後にこの神が木花咲耶姫と判明。己れの人生との深い関わりを悟る。OL生活、結婚、子育て、闘病、離婚などの体験を経て独立。精神世界での修行を続ける。米国催眠療法協会公認カウンセラー.中国易理文化研究会主幹.「コスモスの会」主宰。著書に『カード易占い・イーチン』(四海書房)、『運命を変える法則』(同)、『基本・四柱推命』(池田書店)、『宇宙人の伝言』(TO文庫)、『いよいよ「超霊的パワー」が世界を解放します』(徳間出版)、『宇宙連合からの啓示』(同)、『神仕組みの号砲が響き渡ります』(同)など多数

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<ブログ移転しました | アセンションと次元移行 | 大脳分子の周波数変化>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| アセンションと次元移行 |
イミグラン錠
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。