今大きな転換の時期を迎えています。アセンション、5次元へあなたは入れるか。それは各自の意識の持ち方しだいです。私たちの宇宙は急速に変化を遂げているようです。

自分の教師を招く
2012-11-14 Wed 22:47

魂はアセンションのエネルギーで高い周波数に上昇する人生を望んでいます。
カルマの道は魂が3次元で果たすことというふうに考えられます。
エネルギーを変え、アセンションのためのスペースを開けるのです。
アセンションは全人類がこぞって賛成して準備する一つの地点や時点ではあ
りません。
高次元に進むのは自由意志です。
アセンションに進む動きは、皆さんの教師たちによって進められます
。教師たちは皆さんと一緒にアセンションに参加しようと皆さんを招き入れます。
その教師たちは皆さんが忘れていた存在、あるいは丁寧に断っていた相手です。
ですが、彼らによって皆さんのアセンションは成し得ます。

あなたをの招待するために教師たちはあなたの人生に現れます。
彼らは恐れや限界、感情などの周波数や経験を癒す手助けをしに来ています。
そのような周波数は感情体、肉体、エーテル体の中に蓄積した重いもののこと
です。
彼らによってエネルギーに刻まれたものが自分に映し出されるのですが、それ
は彼らの手助けでそうなるので、彼らの存在は欠かせません。感情的な経験は
すべて教師によってあなたの前に表れます。
だからアセンションが起こるために何を癒すのかを分かってください。


教師たちは幅広い経験を皆さんに示しますが、それが自分に繋がった最も大き
な課題なのです。
いかりや憤り、フラストレーション、疑いや混乱は確かに存在するものです。
それは魂が神聖な青写真という全体に戻るために、魂が願っていることと合わ
ないものなのです。
教師たちを通してそのように鏡に映るものを知ることができます。それがあな
たの輝きと学びに必要なものなのです。
教師たちは癒しが起こるための鏡です。
そのような否定的エネルギーを抱えていたいと思わない限り犠牲者ではありま
せん。

教師たちは全体と一つになっていないところを見せることによってヒーリング
に必要なエネルギーのスペースを確保しているのです。
教師たちを批判したり責めたりしているなら、なぜ彼らを招いたのか聞いてく
ださい。
一番高いエネルギーにつながろうとする時というのは、教師たちを呼び込んで
その意図と合わないところを見せて欲しいと頼む時なのです。
彼らの力を借りて自分を癒してください。
それであなたは開放に向かい、彼らとの魂の契約から彼らを自由にするのです。
その時、あなたも彼らも高い次元に上昇できるのです。
自分の教師たちを敬い感謝してください。いてくれてありがとう、あなたの招
きに応じ鏡になってくれ、ヒーリングと輝き、変容とアセンションの鏡になっ
てくれてありがとうと言ってください。


Q&A: 息子の死を防ぐことはできたのでしょうか?

 ~ジェニファー・ホフマン

Q: 息子が最近亡くなりました。30歳でした。
選択とはいえ、こんな宝、若い男性が死を選ぶなんて信じられません。
それは私たちの魂の契約ですか? 生を選ばなかったので私のせいではないか
と感じています。この悲しみから立ち直れるのでしょうか?

A: あなたには言葉で言い表せない経験で、子供を失った気持ちは分かります。
親にとって子供の死はとても大きな試練です。
死を選ぶとはとても想像できないことです。
魂の契約の問題に入りましょう。
どの親も子供ともは一つ以上の契約をしています。肉体で親子関係でいるのは
その契約の中の一つです。彼の死を理解するには魂の契約を考えに入れなけ
ればなりません。

お子さんとの契約の一つは、支え、導き、育て、愛のある安全な環境を提供す
ることでした。
それはあなたのニーズでもありました。
前世では彼は愛が足りない人生で何度も自殺をして、自分の死を責めました。
だから今回あなたから愛をもらったのです。
そのことを含めて彼はあなたとの愛のある人生を選びました。
前回、あなたはよく彼と離れていたことがあり、彼のことを捨てたと感じていま
した。
彼の今生、あなたは子供から大人へと成長する彼の姿を見ることが出来ました。
そして強い人間として、あなたは彼を厳しさを乗り越えられるようにするのです
が、それもまた契約のうちです。

彼の魂の道は生と死の間を選ぶことも含まれていましたが、前回愛の不足と見捨
てられたことを責め、常に不幸だと感じていました。
本当に彼になかったのは、強さ、困難を乗り越え人生を全うしようとする意志で
した。
愛を基盤として喜びと自分に対する平和なこころを創ることでした。そういうこ
とは自分以外の人によって生まれるはずだと考えたのでした。

あなたは彼の選択に必要なものを提供しましたが、彼に代わってあなたが選択す
ることはできませんでした。
彼は今、あなたが彼に代わって選択しなかったことはあなたの愛であり、彼の強
さやパワー、意思決定力、勇気、生きる意志に結びついたのです。
それで彼はまた違った選択ができました。親と子の契約は、必ずしも子供が生き
続けるということは意味していません。
親が契約をしていても最終的に子供は自分で選ばなくてはなりません。
思いやりがあって繊細なあなたの息子さんは、喜びがなく、それを元に楽しい人生
にする力がなかったことで苦しみました。これを乗り越えることが彼の人生課題で
した。でも、まだまだ準備ができていませんでした。

最後にあなたの人生もまた彼がそうなったことに対して自分を許すことが課題です。
他の人生であなたは自分自身を責めました。
時間が経ってあなたの悲しみは消えますが、自分を責めたり批判したりしないでく
ださい。
あなたはできることをやったのです。
それ以外は彼の選択です。彼にとって残された唯一の選択だと考えたのです。彼は
またもう一度選択し直す機会が別にあります。
その時はあなたは一緒ではありませんが。魂の契約はとても複雑です。
あなたと彼との契約はかなり試練に満ちています。
しかし、その契約で今悲しんでいてもあなたは平和になります。あなたは喜びを見
つけ自分自身の新しい人生を歩んでいくでしょう。

Q&A: コードを切ると人は動揺する

   ~ジェニファー・ホフマン

Q: 人とつながったコードを切ってヒーリングする瞑想をしました。あなたは人を
傷つけないと言いましたが、なぜその人たちは動揺するのですか? 彼らの痛みや
見捨てられたという気持ちを感じてしまい気持ちのいいものではありません。
私がコードを切ったからだと思います。
間違ったことをしたのでしょうか、傷つけたのでしょうか?

A: あなたは誰も傷つけていません。でもエネルギーが大変変わり、繋がり方が変
わりました。
繋がりを断つプロセスは、あなたからの繋がり方と相手からあなたへの繋がり方を手
放すことです。それであなたに馴染んできた人は戸惑うでしょう。
そして、自分自身の力に頼らなくてはなりません。少し失う感じがします。
彼らには選択肢があり、あなたと新しい繋がり方ができます。あるいは、他の人を探
して古いやり方や関係を維持しながらその人たちと繋がることができます。

関係が長い間続いていたのであれば、相手は戸惑いますし見捨てられたと感じます
が、それはあなたがエネルギー的に彼らを支ええてきたからでもあり、何かうつろ
な気分になります。
見捨てられたという気持ちは、もうあなたから支えが得られないということでもあ
ります。
そうしたいですか? 相手の失った、見捨てられたという一時的な気持ちを乗り越
えさせる別な方法があります。あなたの力を使うのではありません。哀れみや同情
ではなく思いやりの気持ちを使うのです。

彼らの人生に、あなたからエネルギーを得ていた場所が力やエネルギーのない空洞
に変わりますが、またコードをつなげるとあなたからエネルギーが伝わります。
そうではなく、あるいは、自分には力があることを教えたり、自分の中からの繋がり
を創りだすことを教えたりするのです。
すると相手は人の力を利用することはなくなります。相手に対して繋がりを切った張
本人だという罪悪感を抱くのではなく、相手は力がある存在だと考えてそうするのです。

あなたは長い間精神的な支えになっていました。どのくらいそれを続けたいですか?
 他に方法がありますか?
 相手に与えていたエネルギーは、あるいは相手があなたから持っていくのを許して
いたエネルギーは、あなた自身の人生には使うことはできません。
あなたの意図や夢、目標には使えません。
彼らに頼られてきたエネルギーであなたに役立つ人生は創れません。

彼らの気持ちを認めて、彼らに新しい力を供給する供給源や自分の中から力がわく
ような方法を見いだせるよう手助けしながら、コードは継がず、エネルギーを消耗せ
ずに済ませることができます。
彼らにすまないと感じているなら、同情を感じているのであり、それはあなたの活力
を落とすことになります。彼ら自身のパワーを認める時、あなたは気遣いながら相手
と自分を自立させているのです。
その時、あなたは一段とパワフルになっていますが、他の人のためのエネルギー源に
なることはありません。
自分自身パワフルになっていて、他の人に使ったパワーを自分に使うことができるの
です。だから、あなた自身も自分のエネルギーの使い方が新たになり、また他の人と
の繋がりも新たになるのです。

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
闇に戻る道はない
2012-11-01 Thu 21:38

今年の終わりに近づこうとしています。そしてここ数日で明らかになる一連の
出来事に直面しようとしています。
ここで明らかになることは差し迫っており、新しいニュースや開放感をもたら
します。
アセンションに前向きであってもそうではなくても、こころをこめて意識して
決めてことが重要です。
自由意志があるのだから。
まだ準備のできていない人も心配いりません。ただ生活が流れ続いていきます。
しかし、もっと楽になるでしょう。
この3次元の地球の否定的なエネルギーは消えていきます。
地球の人口は少なくなり、地球に留まる人の潜在意識に多少その記憶が残るでしょう。
それで、光の道をもっと楽に進みやすくなります。

すべてのライトワーカー、ウェイシャワー、スターシードは、今後益々友人や仲
間を手助けするようになります。
いろいろなことが明らかになると、不安なことも出てきます。未来が不透明、不
確実に感じるのです。
皆さん、どうか家族や隣にいる人、同僚に、今後起こることの本当の意味教えてや
ってください。
皆さんはよく知っています。
私たちマスターは皆さんのそばに帰ってきます。
多くの人に教えアセンションの準備ができるよう手伝います。
素晴らしいギフト、まだ持っているカルマがなくなるようなお土産を手にしてそばに
行きます。
だから心がもっと軽くなり、十分に準備ができます。
新生地球を待ち続けているものが私たちの中におります。彼らは再会した大天使、
アセンデッド・マスターのツインフレームと一緒になって皆さんがたどり着けるよう
にすべてを皆さんに差し出していきます。
このツインフレームの再会は、その計画を持つ人には差し迫った重要なことす。
ツインフレームとの再会を気にかけている人はそれが分かり、もうそろそろ準備にか
かるでしょう。
最初の人たちの再会は、今週、更にその後に続いていくことが予想されます。

私の愛するチャネラーもまたそのうちの一人です。私たちには素晴らしい娘がおり、
シリウスでの前世で不運で大変短い結婚生活を送りました。
彼女は私が十字架で磔になって死んだ後の私を介抱してくれました。私をこころから
愛してくれました。
私たちは私が地球へ戻るまでの数ヶ月間結婚生活を送りました。
私たちは高次元でタイムトラベルができます。だから私は3日目に復活できたのです。
シリウスに滞在していた事実は地球では殆ど知られていませんが、それは今後明らか
になるでしょう。
多分カトリック教会にとってはショックなことでしょう。私のチャネラーがこの件に
ついて全面的に納得していないことは承知していますが、このことを含めて他にもい
ろいろなことが今後明らかになっていきます。
もう闇の世界に戻ることはありません。光の中に進みます。
アセンションを志す人にはそれについて色々と知らされるでしょう。闇と無知の中に
いたい人はアセンションに該当しません。
なぜなら準備できていないからです。
その人たちがスピリチュアルな発展の中でいずれそういう時が来るでしょう。
どの魂もやがて最終的には大いなるすべての源に帰ります。
それが神聖な法であり必然です。
親愛なる光の所持者、ウェイシャワーの皆さん、私は皆さんがしてきたことに非常に
感謝しています。
大きな苦痛を経験し、抱えながら、この出来事への道を切り開きました。そうして起
こるイベントは宇宙全体に影
響を与えるほどのことなのです。道の最後を飾るものは、
皆さんの目の前にあります。
将来皆さんが友人たちと行う役目はもうすぐ見えてきます。その時は、灯台になり、
嵐の中の穏やかなオアシスになる必要があります。
皆さんは長旅で疲れていますが、とうとう終わりの前の最終段階にいます。
もうその城壁を見ることができます。
その光景を見て、皆さんに翼と強さが蘇ってくるでしょう。私はあなたの隣を歩き、
強さを与え、私の祝福と無限の愛を差し上げます。天国の父の神名において兄弟姉妹
の皆さんを抱きしめます。

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
プレアデスからのメッセージ
2012-10-21 Sun 22:33

from the Pleiades 〓 21/10 – The portal of healing, memory , balance ~ By Mercy ~ 20-10-2012 ~
http://soundofheart.org/galacticfreepress/content/portal-opening-1021
親愛なる皆さん、私たちは10月21日に開く次のポータルについて短いメッ
セージを持参してきています。
あなた方はそのエネルギーが非常に強力ですばらしいものであり、この機会が、
赤ん坊がとうとう安全に歩き始めた時のように、あなた方の体のバランスを取
り、より安定にするものであると感じるでしょう。

あなた方には私たちの最も深い愛と支援を差し上げます。
この日の午後10時頃には、あなた方のうちのいくらかは短いフラッシュの形
で過去の、将来にとって大切な記憶を回復し始めることに気をつけてください。
このポータルは、記憶、ヒーリング、及びバランスにとって有効なものです。
次元上昇にとって、メンタル及び肉体的な健康が必要な要素であることを理解
しなければなりません。
いくらかの人たちが瞑想に釘付けになっていて、心配をしすぎていることが見
られますが、これについては以前申し上げたことをもう一度繰り返したいと思
います。
全ては記録されていて、今起きつつありますが、この必要な時には、あなた方
は、自己と、愛する者に集中しなければなりません。
なぜなら、この者たちとあなた方との強い絆が次元上昇の間のあなた方と愛す
る者たちを助けるからです。
あなた方は自由意志の持ち主であり、あなた方のみがイベントを起す者である
ことを忘れないようにしてください。
ここプレアデスでは、事態は加熱していて、私たちはまだ地球にいる私たちの
ファミリーメンバーと連絡を取ろうとしていますが、もしもあなた方がそうし
たいのなら、私たちが純粋であり、ハートから行動していることが分かるでし
ょう。
今、あなた方が思ってもいなかったような形で大規模な変化が起ころうとして
いることを知ってください。
この変化は突然やってくるものであり、私たちは瞬間的に起きることの話をし
ているであって、あなた方はこれを恐れを抱かない者として受け止めなければ
ならず、この変化は今あなた方の体の中に埋め込まれているあらゆるストレス
を除去するのに役立つでしょう。
ある人たちはあることに対してアレルギーを起こし始め、血圧が上がるかもし
れませんが、これについては心配はありません。
あなた方の体は、いつも変わらず変態をしている最中であり、体自体が闘争状
態にあるのですが、これは平和的な闘争であり、自分で分かるとおり、有用な
ものなのです。
まだ疑いの念を抱いている人がいることを知っていますが、私たちはあなた方
の信念を変えようとは思いません。
適当な時が来たら、あなた方のハートとハイアーセルフから、真実と、これら
起きることに目覚めるでしょうから、あなた方にしてほしいことは、自分を信
じることです。
次のエネルギーシフトの間に、アルコールは血流を阻害し、私たちがあなた方
の血流と細胞に向けて送るこのすばらしいエネルギーの流れを妨害するので、
飲用しないようにしてほしいと思います。
ハーブティー、水、繊維に富んだ食品は器官のバランスを取るのでお勧めです。
私たちは又、オレンジ、レモンをお勧めします。
本を読み文章を書くことは、記憶すべきことを覚えるのに役に立つでしょうし、
言葉は休眠状態にある潜在意識の一部の目覚めにつながり、あらゆるタイプの
芸術もこの段階では歓迎すべきものです。
宇宙に目をこらして、しるしを見せるように頼んで見て御覧なさい。これを幸
福に感じ、リラックスしている時にやって、何が起こるか見て御覧なさい。
驚きが待っています。
これからの一ヶ月間には、今進んでいる道をもっと楽しめるでしょうし、ある人たちは、空中に浮かぶような感じを受けるでしょう。この感じを受け止め自分のものにしてください。あなた方はこのまま長い距離を容易に歩ける感覚がつかめるでしょう。
光の子等よ、私たちはあなた方全てを愛し、ハートのそばに抱き寄せます。

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
次元上昇とはどのようなものか
2012-10-14 Sun 07:44

burog.png

スティーブ・ベッコウ(SB):次元上昇は、瞬間的に起きるのでしょうか、
それともゆっくりと起きるのでしょうか?
大天使ミカエル(AAM):扉が開く時がきます。
その時まではゆっくりとした現象です。あなた方の心理的、肉体的、情動的な
変化、相互接続性、集合的なシフトがおきます。
しかし、ある現象が突然現れる瞬間があります。従って、瞬間的な現象ともい
えます。
次元上昇は、実際には、20~26時間の間に起きる現象です。
SB:どのようなことが起きるのか説明していただけますか?それはポータル
が開くのかそれとも振動数に変化が起きるのか、それとも・・・?それは言葉
で表せるのでしょうか?
AAM:それは地球を初めとしてその上のあらゆるものに共に、異なる振動数
であっても生じる、全体の集合的な振動数の変化です。
あなた方は、今既に起こっている小さいシフトと考えられる部分である多くの
ポータルを通過してきています。
ある人たちは、これらのポータルの通過に非常に熱心になっています。
確かに、地球は、これらのポータルを通過してきました。
多くの地球上の要素が自身の仕事を成し遂げてきています。
これら全てが全体として調和に至る瞬間があるのです。
SB:三日間の暗黒というのはあるのでしょうか?
AAM:それはまばたきと考えてください。
まばたきをして部屋が突然明るく感じたようなことはありませんか?これが瞑
想中にはいつも起きることです。
言ってみれば、それはまばたき以上のものです。それはあなた方の作用がどの
ようなもので、・・・。
従ってそれはまるで一度に清掃チームが仕事をしたような感じです。
恐れ、憎しみ、暗黒の名残を含む、あらゆるものがきれいになります。
SB:次元上昇の実際の体験はどのようなものでしょうか?
AAM:その瞬間には、選択すべきことがあります。
非常に多くの人が基礎を築いているので、それは一瞬のうちに起きます・・・
あなた方は愛の心の中に入りたいと思いますか?
あなた方は高い周波数の中に入りたいですか?
まさに最後の瞬間に、必要な答えはイエスであり、地球を覆いつくすエネルギー
の波として考えられるものによって埋め尽くさせます。
これが私たちに招かれていることです。
(2)
この感覚はまるで上のほうに飛んでゆくようなものです。それは物理的な動き
の感じです。
そしてあなた方が翼を持っていることを、あるいは飛翔する能力を思い出すよ
うな感じですので、それはまるで聖なる渦を昇ってゆくような感じです。
又、瞬間又は数時間の間ですが、目を開けていても、床を見ていても、物が、
固体ではない、粒子、原子のような粒子、量子的な粒、から成り立っているよ
うな感じを受ける時があります。
従って物がどのように見えるのかについての感覚、又はイメージを持ち始めます。
それは非現実的な感覚です。
され、もしもあなた方は物を固体として把握したいのなら、そのように言えば
良いのです。
そうすれば、物が物のように見えるでしょう。
しかし、あなた方が創造している物は完全意識の中ででできる物です。
目を開けようと決めた時には、色、表面の質感、濃さ、空気は非常に違ったもの
になっているでしょう。
自分の感覚として考えていたことは、少なくとも千倍に高まっていることでしょう。
従って少し調整の必要があります。私たちはあなた方とともにいますから、私た
ちがそれを手伝います。
なぜなら、これはすごく楽しい時だからです。
これはスピリチュアルなオルガスムスです。それはあらゆるものの統合です。
その後、あなた方はこれらの事が分かって落ち着くでしょうし、もちろん物理的
な選択をしなければなりません。
しかし又、物理的な世界に留まることを選択するのなら、人間の痛みや苦痛はた
だちに消失することに気が付くでしょう。
しかし最大のシフトは、あなた方がもはや生きていないことです。
あなた方は訪問し、物質化しますが、あなた方が聖なる渦の中を上昇しつつあった
と思っていた三次元の世界の中では生きてはいません。
これが私に出来る最善の表現です。
そしてそれは愛の場です。
突然の決定、行動、存在、であり、形は愛であり、愛からのものです。
従ってあなた方がこれまでイエスあるいはノー、二元性、極性と思っていたことは
全て消失します。
これが同調です。
この三次元の存在における旅全体が同調点に達し、あなた方は及び、又はの域を超
越します。
そして、あなた方がこの次元上昇のプロセスの中に行う時、それはまるでローマろ
うそくのようなもので、消えうせるのです。
(3)
人間の赤ん坊の誕生を思ってください。
時には誕生は非常に容易であり、時には30時間もの時間がかかります。
時には母親は野原で生もうと決心し、時には海の中で産み落とし、時にはきれいな部
屋の中でお産をします。
他には手術室の中での誕生になりますが、誕生は誕生です。
それが次元上昇でも起こる事です。
それは完全で全くの無であり、祝福です。それは肉体的、心理的、情動的、スピリ
チュアルな統合の感覚です。
それは、私は死んだという感じを受ける時です。
なぜなら、このような解放と再接続の時だからです。もちろん、あなた方が実際に
死ぬわけではありません。
(4)
SB : 私たちはどの次元に移行するのでしょうか?
AAM : 5次元又はそれより上の次元です。
(1) 五次元まではエレベーターのようなものです。
それからさらに上は、単に上を目指す人もいますが、集合的には、五次元がプランです。
(2) 五次元にいる時には、ガイアと地球は、つながっています。なぜならあなた方
は地球が無ければ物理的な姿では生きていられないからです。
しかし、それが六次元及び七次元へと移行できないという意味ではありません。
全般のシフトは五次元へのものです。
しかし将来の生涯では違ったものになり、七次元までのシフトには留まりません。
いくらかの人たちは、純粋な愛の、キリスト意識の、ワンネスの領域である七次元
に留まりたい人もいます。いくらかの人たちとは、マジックの領域にいることを愛
する人たちです。
それは問題ではありません。
あなた方は移行することは出来ますが、新しいふるさと、新しい次元、新しい現実
は、五次元にあります。
ここがガイアが定着する次元です。
あなた方に言いたいことは、多かれ少なかれ、ガイアは既にそこに着いている、と
いうことです。
(4)
SB : 次元上昇のプロセスでは、今、地球はどこにいるのでしょうか?
AAM : 地球はほとんどの遷移を完了しています。
SB : そうですか?
AAM: そう、完了しています。地球の変化の多くの部分は、人間というソウル
の集合的な次元上昇を支援すること、調整することにあります。
(5)
SB : 三次元から次元上昇をする時には、人々は消失するのでしょうか?
AAM : 一つはっきりさせましょう。
人々は消失します。
さて、それについては、次元上昇した人たちの記憶はおぼろげになります。
苦痛、悪習慣、あるいはあなた方を深く悩ませていた状況が無くなり、そのうちに
数年経過すると、”あーそうだ。以前これについて悩んでいたことがあったっけ。”
と思って又苦痛の暮らしに入ります。
これと同じようなもので、三次元での苦悩の記憶は消え去ります。
シフトは漸増します。これは世界の人たちの準備次第ですが、今見られていること
は、シフトには入るだろうということです。
それから先には、階段や戸口があり、ある人たちは、単に通り過ぎて定着し、それ
からさらに多くの人が通り抜けて定着し、全体のプロセスが完了します。
今回次元上昇を選択せず、現在のような三次元の現実を続ける人たちは、代替の
現実へと移行します。人々は、まばたきを一つするだけで思い出しもせず、あるい
はおぼろげな感じしか残りません。
”私はどこに行っていたのだろうか?”と。
人々は消えうせます。それがトラウマや大混乱を生じることはありません。
それは物理領域での死と同じ悲しみを生むだけです。
友人の場合には、わずかなシフトを生じるだけです。
しかし、夫や妻、両親、子供の場合には、心理的な理解が生じるでしょう。
(6)
SB : 地球は三次元の世界であり続けるのでしょうか?
AAM : 三次元の地球は、宇宙的な変化を遂げ、次元上昇の後にはもはや
その場所にはとどまりません。
SM : 今の場所にはなくなるわけですね?
AAM : あなた方と同じことです。三次元にいた人と同じで、次元上昇後
は消えうせます。その瞬間にあなた方と地球の両方は飛躍するのです。
SB : わかりました。それでは三次元には何か残るものがあるのでしょうか?
AAM : いや、残るものはありません。全ては変態し、あるいは上昇し・・・
SB : それではその日以降三次元の地球は無くなるのですね。
AAM : そうです。地球は二重には存在したくなく、そのエネルギーのキャ
リアであり続けはしません。
SB : 金星はどうでしょう?
AAM : 金星には三次元の部分が残りますが、地球はそのような選択はして
いません。
SB : それにはがっかりしました。今まではそうは聞いていなかったので
、消化の時間が必要です。三次元の地球は無いのですね。”(高次元への移行に
対して)ノー”と言った人々は、アストラールプレーンに移行し、”イエス”と
言った人は、(五次元の)地球に留まるわけですね?
AAM : その通りです。(7)
SB : この三次元の地球はどうなるのでしょう?あなたのおっしゃるとおり
になるのですね?
AAM : そう、その通り。分かってください。三次元の地球は存在しなくな
ります。
SB : ”ノー”と言った人はどうなるのでしょうか?彼らはこの三次元の地
球に留まるのでしょうか、それともどこか他の場所に移るのでしょうか?
AAM : どこか他の場所に移ることになります。
SB : 他の場所で赤ん坊として再誕生するのでしょうか、それとも今のまま
でしょうか?
AAM : 彼らはふるさとに帰るのです。彼らは肉体から離れます。
SB : アストラールプレーンにですか?
AAM : そうです。そして彼らは、カウンセリングを受け、自身の選択に従
って(転生の)割り当てを受けます。(8)
SB : 2012年12月21日に次元上昇がおきないことがあり得るのでしょうか?

AAM : これは宇宙的な冗談なんでしょうね!これはあまりうれしくない冗談です。
冗談は好きですが。
私たちの冗談の種類はあなた方のそれとは大いに違うようです。
けれども、あなたの冗談は、非常に多くの人を傷つけます・・・。
もし・・・なら、ということはありません。
もし・・・なら、というのはあなた方が貶められていた恐怖です。
私たちはそぐえないような期待を設定しません。
それは宇宙の法、愛に反します。
もしあるとすれば、今まで言い続けているように、あなた方はスケジュールよりも先
に進んでいます。
しかし、あなた方は期限と結婚したいのでしょうか?そうではないでしょう。与えら
れた期限は正確なものであり、重要な意味を持っているといったことがあるでしょうか?
答えはイエスです。
あなた方が麻痺しているのなら集合としてのあなた方も麻痺しています。
あなた方が麻痺しているのなら、祈りを重ね、聖なる実践を行い、瞑想をし、ヒーリン
グを実行するでしょうが、あなた方には2012年12月21日という期限が与えられ
ています。
もしそれが9月に早まったら、逆上しますか?そうではないでしょう。(10)
脚注
(1) “Archangel Michael on NESARA, Opposing the Cabal, and Ascension 〓 Part 2/3,” Oct. 3, 2011, at http://the2012scenario.com/2011/10/archangel-michael-on-nesara-opposing-the-cabal-and-ascension-part-23/
(2) “Archangel Michael on Ascension,” Sept. 13, 2011, at http://the2012scenario.com/the-2012-scenario/what-role-are-the-angels-playing/archangel-michael-on-ascension/
(3) The Fourth Dimension is for us the higher aspect of the Third in that the Physical Plane is the Third and the Astral Plane, to which we go after “death,” is the Fourth. But in this Ascension both the Third and the Fourth “move” to a higher dimension 〓 the Fifth.
(4) “Archangel Michael: This is the Unfoldment of the Promise of the Mother,” Sept. 5, 2012, at http://the2012scenario.com/2012/09/archangel-michael-this-is-the-unfoldment-of-the-promise-of-the-mother/
(5) “Reading with Archangel Michael,” August 1, 2011, at http://the2012scenario.com/the-2012-scenario/what-role-are-the-angels-playing/reading-with-archangel-michael-august-1-2011/
(6) Loc. cit.
(7) Steve Beckow, ”Reading with Archangel Michael, August 1, 2011” through Linda Dillon, at http://stevebeckow.com/2011/08/reading-with-archangel-michael-august-2-2011-part-1/
(8) “Reading with Archangel Michael, August 1, 2011,” at http://the2012scenario.com/the-2012-scenario/what-role-are-the-angels-playing/reading-with-archangel-michael-august-1-2011/.)(8) Archangel Michael through Linda Dillon, Reading with Steve Beckow, Aug. 17, 2012.
(9) “Archangel Michael: This is the Unfoldment of the Promise of the Mother,” ibid.
(10) “Archangel Michael on Three Days of Darkness, What Occurs at Ascension, Etc. (Repost),” July 2, 2012, at http://the2012scenario.com/2012/07/archangel-michael-on-three-days-of-darkness-what-occurs-at-ascension-etc/ My guess about why Archangel Michael is talking about early Ascension here is that some wayshowers will ascend early and act as gatekeepers or ascended masters who speed or assist those still in the Third Dimension through the gateway to the Fifth.

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
壮大な物語 一人ではない
2012-10-14 Sun 07:41

パタゴニア

こんにちは皆さん、クライオン・マグネティックサービスです。簡単にではありませんが、磁気が変化していることについてまたお話しましょう。科学が考えるようなものではありませんが、皆さんのDNAに影響する根本的な変化です。皆さんのいう冒険の終わりであり、私たちのいう大冒険の始まりです。今回のチャネリングではかなりの情報が詰まっていますが、聞いたことのある人もいるし、いない人もいるでしょう。 

私のパートナーは22年間メッセージを伝えてきましたが、今こうして共に座って可能性についてお話しすることができました。また、地球と人類の歴史について複雑な話ではなく、分かりやすく簡単にお話しましょう。内容を凝縮してお話しますが、少しは分かるようになるでしょう。

1300万年前にすべてが始まりました。パートナーは地球が形成された時に創造の洞窟があったと言いました。量子的な出来事です。その洞窟は地球にありました。私はそこにいました。地球が作られるその可能性が現れ始める様を見ていました。そして、皆さんが知る必要のあることが、以下の様なことです。地球が創られた時皆さんは黙って座って見ていたのではありません。どう説明したものか、地球の歴史の最後の瞬間に人類の文明が出現したように思えるのは、何か変なことだと思いませんか? 何十億年、地球の生命の歴史の中で、何度も何度も命が誕生してスタートし、そして行き止まりました。しかし、人間はそこにいませんでした。人間はそんな中で最後の瞬間発達しました。それは何か変だと思いませんか? 巨大哺乳動物は何百万年も前に存在しましたが、皆さんはいませんでした。科学はこのことを変だとは思っていません。比較するものがないのです。科学は単に起こったものとして見るだけです。私たちはそれを、計画されたシンクロニシティと呼んでいます。

この歴史をお話するには、再度創造のことをお話します。当時皆さんは見ていませんでした。皆さん誰もがどこかにいました。ここが最初の惑星ではありませんが、それは知っていましたよね。

しかし、他のところの存在でいた事については現在のアカシックの歴史にはありません。DNAのアカシャは地球がベースになっています。だから、どんな思いでも、それはハイヤーセルフから得た仮定や直感であってDNAから来るものではありません。皆さんのDNAは地球が基本になった、1回変化したDNAです。その時の創造の話をしていきます。


あらまし

では、10億年前に遡って見ましょう。その時から皆さんはこの銀河にいます。どうか人の歴史に関してはこの銀河の外を見ないようにお願いします。各銀河には独自の計画があり、計画はその銀河の物理に影響を与えます。そういうわけで、科学は宇宙の別の物理法則を発見することができます。でも原因はわかりません。今回はこの銀河にいてください。今、意識が物理法則を決めると言ったとしたら、多分理解できないでしょう。なので、その件はこれ以上触れません。

皆さんが経験した地球にお連れしましょう。40億年前、皆さんの地球は冷却していました。生命ははまだ誕生していませんでした。種はありましたが、それだけでした。まだ生命は全然芽生えていませんでした。しかし、銀河の他の場所ではすでに人間のタイプ、ヒューマノイドの洗練された集団がいました。彼らは皆さんと似ています。それも計画です。40億年前、皆さんとは全く違うタイムラインにある他の惑星では生命が存在しました。

10億年前、彼らに変動があり、変動が続き自由意志を持ちました。それまでは、彼らが当時の唯一の自由意志の惑星でした。やがて意識が変容しました。

彼らは急激に変わったようでした。僅か1000年で完全な肉体から光り輝く体になりました。僅か1000年で彼らは量子的な思考をする存在になりました。生命は神聖で明らかに別れた存在で互いに異なっていました。彼らは自分の中に量子的なものがあることを発見したのです。すべてが変わりました。彼らは死なず、計画に従って未来のある時、他の惑星に彼らの進化したDNAの種を蒔こうとしました。相手の惑星に準備が整った時、彼らの光と闇と聖なる直感の知識の種を蒔こうとしました。そして、皆さんの所から遥かに離れたある惑星でそのことを実行しました。それが、セブンシスター星団のひとつの惑星でした。そこはプレアデス人の本拠として知られるようになりました。その時が、プレアデス文明の開始でした。こうしてプレアデス人は、意識のDNAを植えつけた別の存在からスタートしたのです。

何百万年も後になって、皆さんはヒューマノイド型の肉体を持ってセブンシスターズの中でアセンションしました。生命ではなく銀河の歴史をお話しています。神性の歴史、銀河の中心によって影響を受けたすべての存在と量子的もつれにあるすべての歴史です。このようなことはすべて自由意志で行われました。



皆さんの歴史

何十万年前、人間は今日と同じ組織を持つ人間の形を取り始めました。それは、昨日のことのようです。人間の歴史的発達と比較しないでください。皆さんは長い年月をかけて発達してきました。しかし、体にあるDNAは地球で自然に変化したDNAではありません。皆さんのDNAは地球進化系外のものなのです。科学者はこのことを知ろうとしています。科学者の言う “失われた環” は人間ではないのです。

そこでまた、約10万年から20万年前に皆さんに種を植えに来た者がプレアデス人だったことについてお話しましょう。彼らは既に卒業しており意識が変わっておりました。自由意志を持つ量子的存在になっていました。そして皆さんは彼らのDNAを持っているのです。

新しい情報です。種まきは1回ではありませんでした。こういうわけでプレアデス人が皆さんと一緒だった時のことを大きく割いてお話しています。時間をかけて色々な場所で行われました。一斉に行ったのではありませんが、これには理由があります。まだ皆さんには未知の話ですが、他の人間のタイプがあることが今後分かりますが、後でその理由を説明しましょう。今その存在は消滅しています。だから今は皆さんだけが人間のタイプで、それは、地球の哺乳動物の進化とは別です。設計されたものです。知っているように、人間のためにそれを創るのに10万年以上かかりました。

光と闇の存在が蛇や他の伝説を交えた、人間を1日で創造した物語には、人の解釈が混じっています。スピリチュアルな考え方では、このような物語は真実の単なる比喩に過ぎないのです。確かに意識の大きな変化がありましたが、瞬間的にではなく長い期間がかかったのです。同じ伝説に地球の創造は7日間で行ったというのがあります。この数秘学的な真実 [「7」は神聖さを意味します] を表しており、地球の創造は神聖な計画があったという意味です。もう、スピリチュアルな歴史に関してはスピリチュアルな考え方を交えて話し始める時期に来ています。明かされる真実は素晴らしく、十分理解できるものです。

では、皆さんのDNAには何があると思いますか? それは、プレアデス人のコードです。そして、彼ら以前のコードです。それ以前のコードでもあります。思い出すことはできません。固定したものではないからです。そのシステムは、皆さんのアカシックレコードは地球だけによるもので、聖なる記憶は、遥か始めにまで遡り、それは、銀河と宇宙の神聖な顕現と見られるものが創造された頃、宇宙全体が更新を重ね、さらにまた更新を繰り返していた頃になります。

彼らは誰ですか? 彼らは神聖なあなたの両親です。彼らは皆さんの中にある神性シード(種)であり、この地球への訪問者です。彼ら全員がプレアデス人ではありません、知っていましたか? 彼らは銀河のいたるところからやって来ました。彼らもまたプレアデス人の種を代表しています。そして皆さんを安全に保っています。そんなことになっていようとは、と思っていますね。「何からの安全?」と思うでしょう。

安全のバブル

皆さんの宇宙は生命に富んでいます。何百万年の間関係する幾つかの惑星だけが、肉体の中に “創造するDNA” を持つ存在の住む惑星を造り上げました。ある所は種子を蒔かれましたが実を結びませんでした。ある所は死に絶えました。あるところは技術的に発達していますが、神聖な火花はどこにもありません。なので、ある惑星が決断する間は、他の生命から介入を受けないように守られるのです。

皆さんは聖なる存在たちに安全に守られています。今は唯一の自由意志の惑星が決めるまでそれが続きます。今意識の曲がり角に来ており、彼らはそれを知っています。彼らはこの経験があり、覚えております。皆さん、意識は変わりやすいのです! ゆっくり変わるのは知っていますが、ますます速く変わろうとしています。過去のように世代から世代へと時間がかかりません。リアルタイムで変わっていきます。人間は子供が大きくなってその子供たちを待っていられないのです。

安全にしておくのは量子的に行われ、あと3次元の距離で守られています。しかし、当然疑問がありますね。銀河にこんなにも生命がいて、彼らの歴史は古いのに、ETはここに来て公表しないのはなぜか? 何百年もここにいるのに! その答えは私たちが言っていることの中にあります。彼らは皆さんが干渉するなと言っているのを知っており、地球に対して最低限のお邪魔をしては帰って行くのです。



意識の速いシフト

ここ100年科学は駆け足で進歩したと思っていますね。意識が変わるとどうなるか見ていてください。地球の古いエネルギーは討ち死にします。多くの人が死んでいきます。意識の橋を渡り切れない人は亡くなっていくと言ってもいいでしょう。地球が新しいエネルギーを身につけると、古いエネルギーは適切でなくなります。過去数百年人間の性質は大きく変わりました。分かりますよね。多くの人が言っています。「お昼が済んだら、噴火口に処女の生贄を捧げるのですか?」。皆さんは笑って「クライオン、それは古い時代のことですよ」。いえ、そうではありません! 文明の歴史から言えば、それは昨日やったことと同じです。でも今日はやりませんね。だから、どう思いますか? そのような特殊なことをどう見ますか? 「野蛮ですよ。思慮分別がない。人として偏っている、もう認められません」と思うでしょう。

高度な技術を持つ文明が地球に集まって声援を送りながら人間が動物の餌食になるのを見たのは何年前のことでしょうか? 計算すればそんなに昔のことではありません。彼らの観覧席はまだあるのです! だからそれについてどう思いますか?

この地球の戦争がそれと同じようなものだと思う日が来るでしょう。他の人間を殺すという考えはどんな理由であっても野蛮で人のすることではないと思うでしょう。人はこれを見て笑い、「クライオン、それは原始的すぎるよ。それが人間の本質だ。生き残りの本能だ」と言うでしょう。皆さん、そういうふうに変わっていきます。考え方に量子的なルネッサンスが起ころうとしています。説明するのは難しいですが、人間は本質的な何か、本来あるべきものを見失っており、それすらまだ気づいていません。失われています。でも、そういう経験をしないと知ることができません。



新しい直感の継承

一つ指摘しておきましょう。動物について知っている人は、「動物的本能」に呆然と立ち尽くします。牧草地の哺乳類は子供は母親から生まれますが、親はそれを知っています。数時間以内で子供は群れと走り始めます。本能的に敵は何かを知ります。どの草が有害か、水はどこにあるのかを知ります。群れの「言葉」でさえ知ります。面白いと思いませんか? お乳を探しだすことを除けば人間の子供は本能はゼロです。何も学びません。食べること、掴むこと、どこが危険かを学び、言葉を身につけなくてはなりません! 人間は何も持たずに生まれます。そして毎回やり直しです。皆さんは変なことだと思っていませんが、自分もそうだったわけです。人間の脳は複雑だからそうなのだと言う人もいるでしょう。いえ、違います。それは、別のものに変わる準備が出来ていないのです。それが変わろうとしています。

想像して欲しいのですが、人間の赤ん坊が生まれた時は、本能的にすべてを知っているとします。2年以内に歩き、話します。知恵も持ち、何も教える必要がありません。数ヶ月以内で読み始め、話し始めます。その訳は私たちが言う、人間の量子的本能を持っているからです。この赤ん坊は皆さんが今まで持てなかった、知らなかったものを持っています!

今、こういうことが起きた場合、人間に何が起きていると思いますか? 知恵が急激に飛躍しているのです。両親が学んできたことは子供が生まれた時に既に渡しているのです。アカシックとか化学反応的継承以上です。これが知恵と本能の継承になるでしょう。今までこういうことはお話しませんでした。しかし、またお話する時があるでしょう。

それが量子的出来事なのです。創造の物語は10万年以上も前にプレアデス人によって皆さんに種がまかれた話です。それは、彼らが誰かという話です。というのも、彼らもそういう経験をしていたのです。彼らの歴史には、皆さんと同じような特徴があります。地球上の創造の話はどこでも似ていることを知っていましたか? 大宗教でさえ歴史の中でスピリチュアルな出来事がありました。そこであなたそっくりの人間は神から知識を授かりました。ただし、これは洞窟人ではなく、今の人間とそっくりの人のことです。宗教ではエデンの園の喩えがあり、そこは地球で、人間は光と闇という極性の知識を受け取りました。それが、プレアデス人が地球上でやったことです。


レムリア人

レムリア人のエネルギーは孤立したひとつの種でした。最初にやってきたのはプレアデス人だった思うかもしれません。レムリアは山だったし、他より純粋な形で生き残ったからです。地球で最も外れにいたグループは散って大陸に広がり、様々な思想を作り出しました。しかし、レムリアは何千年も同じで歴史上最も長く存続した文明でした。最も科学に見放された文明です。以前彼らの歴史についてお話しました。

したがって、レムリア人は最も古いアカシャを持っています。それは、古い魂と当時のスピリチュアルな種まきの仕組みは、新しい魂だけがやって来れる手段になっていたからです。僅かなレムリア人司祭だけがレムリアでの過去世を持っています。ほとんどは女性でした。ほとんどのレムリア人は地球が初めてでした。当時それが地球で魂が誕生するプロセスでした。今、それだけが結果を残しています。

皆さん、今回は “光明という難題” に取り組む5度目の機会でした。今回以外に機会が4回ありましたがこの段階を乗り越えることができませんでした。しかし、今回は生き残る可能性があります。それが2012です。そのエネルギーは銀河のアラインメント(整列)に整合しています。今回のフラクタルは大きな可能性があり古代の予言でさえ通過すると見ていました。今皆さんはそうしようとしています。50年前でもこの可能性はゆらぎがありました。この5度目は最後になりました。古いエネルギーは強力で何でも破壊する人間の考え方の可能性がありました。これを読む人は私が話していることが分かります。気がついたかどうか、今その可能性でさえ変わりました。



未 来

「じゃあ、クライオン、未来はどんなふうになるんですか? どういう科学が生まれますか? 今言った進化が本当だとしたら、どんなことが期待できますか?」、そんなことを聞いている人がいます。

皆さんの素晴らしい祖父母について少し触れておきます。コンピューターを知らない祖父母にインターネットをどう説明したらいいですか? 人間がまだ空を飛べない時に、滑走路制御システムは何のために使うのか、どう説明しますか?

まだ皆さんはどうするのかアイデアを持っていませんので今後起こることについてはお話できません。ある人が何か知るとその知識が生まれる、すると、全員がそれを知ります。情報をそういうものだと考えてください。量子的本能について考えられますか? 一人の人間が学んだことは即座に全員が学びます。そういうふうに仮定すると、何が起こるか薄々感じます。それで選択は変わりません。知恵が変わるのです。

物理学と化学が意識と融合する時が来るでしょう。その時創造主が皆さんに与えたものが完璧にパッケージになってやって来ることが分かるでしょう。人が小分けにし、別々に詰める箱ではなく、すべて関連することを一まとめにしてエネルギーパズルの中にぴったり収まるようになります。

それには千年かかるかもしれません。過去プレアデス人の種を蒔いた者にとってはそうでしたし、それ以前に種を蒔いた者にとってもそうでした。今地球の年月という変な言葉で言いました。また、 “光明の橋を渡る” のに、あるいは “量子的存在に至る橋を渡る” のにどのくらいの時間がかかるかはっきり言いませんでした。しかし、一般的には、過去の文明では古いエネルギーが新しくなるには1000年かかりました。量子的存在に移行するには何回もの機会が必要でした。すべてはっきりさせようとしないでください。遅かれ早かれ皆さんはそうなります。思ったよりゆっくりだということをここで伝えておきます。しかし、今、それが始まったのです。



あなたは自分自身の種です

地球はあなたを待ってきました。創造の洞窟、クリスタルは皆さんのために準備をしてきました。そこに各人生の可能性がありました。魂のエネルギーが可能性の上に置かれていたのです。しかし間違わないでください。あなたの魂のエネルギーはあなたに種を巻いた者に注がれたのです。そして彼らに種を蒔いた人に注がれたのです。彼らとは、皆さんです。3次元では分かりづらいです。彼らの多くは今もなおあなたを見ています。しかし、クオンタムDNAを持つと、あなたの一部は彼らと一緒にいます。まだ分析しないでください。

皆さんは、地球が創られるのを座って見てはいませんでした。他の惑星で今ここでしているようなことで忙しかったのです。その記憶はありません。潜在的本能があるだけです。この会場にいる人と私の声を聴く人、このメッセージを読む人は全員、以前にこのようなアセンションを経験したことがあります。

なので、人間の皆さん、終わるにあたって、申し上げておきます。あなたは完璧な場所に座っています。あなたが経験したことを経験している他の人の隣に座っています。人間の些細な問題を解決する時です。体に痛みを抱えながらあちこち歩きまわる問題を解決する時です。不安の心理を解決する時です。もう役に立ちません。緩いカーブですが曲がっています。それは、地球のために人類が大きな変革を成し遂げたと見なされる日になるでしょう。それが始まっています。

100年から200年先に進みます。一緒に座ってください。皆さんは変わりました。物事はかなり変わっています。そこにいますが、いる必用があるのです。[クライオンは次の人生かそれ以降のあなたのことを指しています] 人は「何回くらい人生を経験してきたのか」と言います。[クライオン笑う]そうではなく「何回地球の人生を送ったのか?」と聞いたほうがいいでしょう。[クライオン大笑い]何回このアセンションができますか?

全体のゴールは銀河の波動を上げることと、既にアセンションし、もう別のエネルギーに変わった惑星と一緒に仲間入りすることです。すぐに他の者のために同じことをするでしょう。察する通り、またそこで同じことをするでしょう。別の創造の洞窟が造られようとしています。皆さんのために準備しています![クライオン笑い]もう疲れましたか? ファミリーの皆さん、皆さんは永遠であり、システムがあります、それは見事です。ここにいなくても、そのことは完全に理解し、疑問の余地なく関わっていくでしょう。


変革の時に立っています。この場を離れてください。そしてこの時というものの重大さと深みを理解してください。空の変化に注意してください。空は[天候状態]を予見させてきました。目の前の変化を怖がらないでください。

あなたは一人ではありません。

そして、その通りです。


by Kryon

別窓 | アセッション | コメント:0 | トラックバック:0
BACK | アセンションと次元移行 | NEXT
イミグラン錠